プレスリリース

成城大学大学祭2013、4年目のカーボン・オフセットは 環境省J-VERクレジットで

グリーンプラス株式会社

投稿日:2013年12月14日

サービス分野: [ 環境・エネルギー・エコ ] [ 農林漁業 ]

この度、日本の森林管理プロジェクトによるCO2排出権のトッププロバイダー、グリーンプラス株式会社(東京都文京区 代表取締役 飯田泰介)は、平成25年11月1~3日に成城大学で開催された「成城大学大学祭2013」にて、イベント内で使用したエネルギー・上下水道・廃棄物、また来場者の交通などに由来して排出されたCO2の25.89トンをカーボン・オフセットいたしました。

カーボン・オフセットに用いたのは、国内の森林整備より創出された環境省オフセット・クレジット(J-VER)26トンです。
成城大学大学祭はイベント運営に伴い削減努力をしても排出してしまうCO2を、これまでグリーンプラス株式会社と協働して、海外植林でカーボン・オフセットしていましたが、カーボン・オフセット4年目となる今年は、エコプロジェクトの新たな取り組みとして、国内森林由来のJ-VERクレジットでオフセットすること決定しました。
環境省J-VERクレジット制度における森林吸収プロジェクトの活用は、グローバルな課題である地球温暖化防止と共に、ローカルには地域の森林保全に貢献できる「コベネフィット性」がございます。
グリーンプラス株式会社では、これからも環境省J-VERクレジット制度、および平成25年4月より施行となったJ-クレジット制度を通じて、地域の森林整備によりCO2吸収量拡大を推進し、低炭素化社会の実現に貢献していく所存です。


本件に関する企業概要

商 号:グリーンプラス株式会社
本 店:東京都文京区後楽1-7-12林友ビル6階
出張所:秋田県北秋田市鷹の巣字西屋敷2
資本金:2000万円
創 業:平成21年12月17日
代表取締役:飯田泰介
営業内容: 環境コンサルティング、CSRコンサルティング、J-VERクレジット開発・販売、環境コミュニケーション
URL: http://green-plus.co.jp/

お問い合わせ先

本件に関するお問い合わせは
グリーンプラス株式会社
電話:03-5720-5599
Eメール:info@green-plus.co.jp
担当:飯田 宛までお願いします。

 
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

プレスリリース検索