「リブライズ 〜すべての本棚を図書館に〜」が「2013年度 グッドデザイン賞」を受賞

リブライズ合同会社

投稿日:2013年10月1日

サービス分野: [ IT技術 ]

「リブライズ 〜すべての本棚を図書館に〜」が「2013年度 グッドデザイン賞」を受賞

2013年10月1日
リブライズ合同会社

「リブライズ 〜すべての本棚を図書館に〜」が「2013年度 グッドデザイン賞」を受賞

 リブライズ合同会社(代表社員 地藏真作、河村奨)は、Webサービス「リブライズ 〜すべての本棚を図書館に〜」が、2013年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞したことを発表いたします。
 リブライズは、ユーザーの年齢層や男女差を問わず、誰にでも簡単に、図書館を始められるサービスとして、2012年9月のリリース以来、310ヵ所を超えるスペースが参加し、蔵書総数は63,000冊を超えるなど、利用者の支持を得て広がり続けています。
 今回、グッドデザイン賞では「セミパブリックな蔵書を貸し借りする関係をつなげて本によるコミュニティを形成している点が秀逸である」と、プロダクトデザインだけでなくコミュニティーを生み出す仕組みが評価されました。
 当社では今回の受賞を契機に、リブライズのいっそうの認知・拡大をめざすとともに、デザインを重視した製品開発を推進することで、市場におけるブランドイメージの向上に務めてまいります。

□ 製品名称 : リブライズ 〜すべての本棚を図書館に〜
□ 製品URL : http://librize.com/ja
□ グッドデザイン賞審査委員による評価コメント
「セミパブリックな蔵書を貸し借りする関係をつなげて本によるコミュニティを形成している点が秀逸である。すべてを取り揃えた図書館をつくるのではなく、皆が持っている書籍群をソーシャル化して開かれた図書館をつくる試みである。図書館の新しい仕組みのデザインとして評価できる」

グッドデザイン賞受賞展「グッドデザインエキシビション2013」にリブライズが出展します。
10月30日(水)から東京ミッドタウンで開催される受賞展「グッドデザインエキシビション2013」会場で、リブライズが本年度受賞作として紹介されます。また、会期中、会場内で製品の展示を行います。

グッドデザインエキシビション2013
□ 会期:10月30日(水)〜11月4日(月/振休)
□ 会場:東京ミッドタウン(東京都港区六本木)
□ 主催:公益財団法人日本デザイン振興会

グッドデザイン賞とは
グッドデザイン賞は、1957年に創設されたグッドデザイン商品選定制度を発端とする、日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動です。これまで55年以上にわたって、デザインを通じて日本の産業や生活文化を向上させる運動として展開され、のべ受賞件数は39,000件以上にのぼります。今日では国内外の多くの企業や団体などが参加する世界的なデザイン賞です。グッドデザイン賞受賞のシンボルである「Gマーク」は、すぐれたデザインを示すシンボルマークとして広く親しまれています。

お問い合わせ先

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:リブライズ合同会社
担当者名:河村 奨(かわむら つとむ)
TEL:090-6113-5196
Email:welcome@librize.com
URL:http://librize.com/pages/201310-good-design-award-2013

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する