アレクザンダー&ハミルトン インク

事業概要

売掛金回収サービス
リーガルサービス
クレジットレポート
グローバルサービス

企業概要

名称 アレクザンダー&ハミルトン インク
住所 〒700-02
海外 : 2721 Division St, Metairie, LA USA
設立 1992年11月03日
URL

http://www.alhamco.com/japanese/

商品・サービス

売掛金回収代行サービス、信用調査(クレジットレポート)、債権回収不能証明

 売掛金回収代行サービス、信用調査(クレジットレポート)、債権回収不能証明

・売掛金回収代行サービス

Alexander & Hamiltonは世界82カ国以上に拠点があるため、貴社の未回収の売掛金が世界のどこにあろうとも弊社の回収代行サービスをご利用いただくことが可能です。売掛金の回収作業は段階的なプロセスによって行われます。支払いの遅延している顧客を、今後も貴社の重要顧客として維持することができるよう、各段階において友好的な交渉を進めながら、売掛金の完全回収を目指します。

・リーガルサービス (法務部門による回収)

通常の督促方法では支払が実現されない場合、膨大な経費をかけてでも法的手段を選び、その未回収金を追求する価値があるのかを見極めるのは容易なことではありません。Alexander & Hamiltonの法務部門では、米国の商法及び破産法に精通した弁護士スタッフが、法的手段が真に有効な手段であるか否かを債務企業の資産状況も鑑みた上で、総合的に判断いたします。また、実際に訴訟に進まれる場合には、一切の煩雑な諸手続をお受けいたします。

通常の回収方法では解決できないケースがございましたら、是非一度ご相談ください。

Image not found

・信用調査(クレジットレポート)

なかなか解決に至らない債務企業の資産状況や、新規取引を開始する際の顧客の信用状況などを判断するのは容易なことではありません。安易に判断してしまえば、結果的に多大な損失を生じることにもなりかねません。是非ともAlexander & Hamiltonの信用調査をお役立て下さい。貴社にとって最善の判断を選択して頂けるよう、可能な限りの判断材料をご提供させて頂きます。

Alexander & Hamiltonでは下記等のレポートをお求め安い価格でご提供いたしております。

スタンダード・クレジットレポート(Experianレポート)
クレジットレポートは、必要だと判断されたら一刻も早く入手することが大切です。このレポートには、米国内の企業の財政概況を審査するために必要な、過去の支払記録を中心とした多くの情報が掲載されています。また、Alexander & Hamiltonでは回収作業をより効率的に行うために、Experian社(信用調査提供企業)との協力関係を築いています。Experianレポートとの業務提携により、お客様はAlexander & Hamiltonを通じてExperianデータベースに債務企業の情報を提供し、支払いの遅延や未払いの履歴を記録することも可能となりました。勿論、お客様の情報は一切公開されません。信用調査業界での先駆け的プロバイダーであるExperian社に新たな情報を提供することにより、将来起こり得る係争や支払い遅延を未然に防ぐことが可能となります。 Alexander & Hamiltonではグローバル・ネットワークを利用し、世界約200カ国から同様の調査内容をご利用いただくことも可能です。

各国のクレジットレポートの料金についてはteam1@alhamco.netまでお問い合わせください。

Image not found
・債権回収不能証明書(Bad Debt Write-Off Certificate)

アレクサンダー&ハミルトンでは海外債権回収代行及び信用調査の他に、「債権回収不能証明」の発行も行っております。これは海外に所在する債務企業に対して、支払期限の超過後も債権回収に努めてきたが回収の見込みがなくなった場合に、弊社が第三者としてその債権の回収が不可能であることを調査し証明いたします。

債権回収不能証明」の発行目的
●無税償却を申請する際の、第三者による回収不能について調査された参考資料として
●貿易保険の回収義務終了認定のための資料として

下記のような状況になったら「債権回収不能証明」の申請をご検討ください。
●債務企業が業務を停止し、電話が繋がらなくなったりウェブサイトが閉鎖された場合
●債務企業が倒産した場合
●債務企業が移転し、移転先が判明しない場合
●債権回収会社に回収代行を依頼していたが、債権回収会社の尽力にもかかわらず回収が不可能であると判断された場合

対象国(債務企業の所在地)
●米国
●欧州連合加盟国及びトルコ
●その他の対象国についてはお問い合わせください。

作成期間及び費用
「債権回収不能証明」の調査及び作成には約2~3ヶ月を要します。 費用については案件の詳細によってお見積もりいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

返金保証
上記1の用途において弊社の発行した「債権回収不能証明」が資料として不十分と判断された場合には、再度証明書を見直し場合によっては再発行いたします。また、証明書を参考資料として提出した上で保険金や無税償却の適用が受けられなかった場合には、それを証明する書類を提出していただいた上で費用の50%を返金いたします。
また、債務企業の所在国によっては「債権回収不能証明」の発行が困難なケースもあります。ご依頼後、弊社で調査した上で証明書の発行が不可となった場合には、費用の100%を返金いたします。

Image not found
・グローバルサービス

世界82ヶ国以上でアレクサンダー・アンド・ハミルトンのサービスが提供されています。

サービス提供国一覧
(以下に含まれていない国でも債権回収が可能です。お問い合わせください。)
■北米
アメリカ合衆国、カナダ、メキシコ

■中南米
アルゼンチン、アルバ、ベリーズ、ボリビア、ブラジル、チリ、コロンビア、コスタリカ、ドミニカ共和国、エクアドル、エルサルバドル、グアテマラ、ホンジュラス、ニカラグア、ペルー、プエルトリコ、ベネズエラ、パナマ

■ヨーロッパ
オーストリア、ベルギー、キプロス、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、イギリス、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、スイス

■アジア・オセアニア
中国、(香港)、インド、日本、韓国、マレーシア、タイ、シンガポール、台湾、オーストラリア、ニュージーランド

■アフリカ
アルジェリア、ベニン、ボツワナ、カメルーン、エジプト、エチオピア、ガボン、コートジボアール、ケニア、マラウィ、モーリシャス、モロッコ、モザンビーグ、ナイジェリア、セネガル、シエラレオネ、南アフリカ共和国、スーダン、タンザニア、トーゴ、チュニジア、ウガンダ、シンバブエ

■中近東
バーレーン、イスラエル、ヨルダン、クウェート、レバノン、パキスタン、シリア、トルコ、サウジアラビア、アラブ首長国連邦

詳しい資料請求やご質問はteam1@alhamco.netまで日本語でお気軽にお問い合わせください。

プレスリリース
アレクザンダー&ハミルトン インクからの発信情報

▼ この企業を見た方は、下記のような企業も見ているようです。

  • GPCジャパンは、2010年にシンガポールで「ASEAN地域への進出専門」コンサルティングファーム として創業した、Global Partners Consulting Pte Ltdの日本法人です。 東南アジアほぼ全域をカバーエ...

  • 越野建設株式会社

    2012年に創業100周年を迎えた、東京都23区を主な営業エリアとする総合建設会社。 自社開発の建築総合ブランド『ヴェージュ』を展開。 土地活用のコンサルティングを得...

  • Hair Salon ヘアサロン事業 Munku・HERBIEブランドを中心に15店舗展開しています。 多様化するお客様のニーズに合った、様々な形態の美容室を展開しております。 Bridal Makeup ブライダル...

  • 株式会社携帯市場

    ●中古携帯電話買取販売事業 <買取サイト> ガラケー買取:http://ガラケー買取.jp/ スマートフォン買取:https://スマートフォン買取.jp/ 携帯電話買取:https://携帯電話買取.com/ 対象商品...

  • 超テロメア企画株式会社

    下記2つの事業を「社内プロジェクト」の形で運営、上記構想に賛同頂ける法人団体については 「社外プロジェクト」として連携、その運営に参画していくこととする。 ①2020ア...

  • 日本システム企画(株)

    当社は水処理装置製造販売会社です。 現在の主力製品は、配管内を流れる水中の自由電子(水和電子)を使った画期的な電気防食装置(特許技術)。 外部電源を必要とせず、老朽化した...

  • 株式会社横引シャッター

    ・上から下へ上げ下げするシャッターではなく、駅の売店の様に横に引く【横引きシャッター】(電動・手動共) ・天井や由香が開閉出来る【水平引きシャッター】(電動・手動共) ・...

  • 株式会社アダムスコミュニケーション

    1979年の設立以来、電話を活用した様々なビジネスに挑戦し続け、スキルの蓄積と調査精度向上のための取り組みを行ってまいりました。 その品質・実績・規模から、日本における最大...

  • 株式会社SP-Logic

    <はいってルンバ> 個室トイレの使用状況を正しく伝えるシステムです。 <トイレ使用状況遠隔お知らせシステム> トイレ内で起こる異常事態を遠くに離れている人に 電話でダイレ...

  • ◆CTIサービス提供 ◆自社開発のオンデマンドコンタクトセンターCTIサービス「CT-e1/SaaS」の提供、SaaS事業を展開 ◆パッケージ化 ◆CTIソリューション・パッケージの企画及び販売 ◆受託...

キーワードから企業を探す
地域から企業を探す
注目企業ランキング< 週間 >
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。