株式会社アイ・エム・シー

事業概要

① 高周波部品、RF/マイクロウェーブ部品、電子部品等の輸入及び販売
② EDA/CAD設計ツール等の輸入及び販売
③ デバイス、測定装置、測定サービス等の輸入及び販売 他

取り組み姿勢

時代の変化に対応したRF/マイクロ波、ミリ波からテラヘルツ波までの各種先端技術製品を世界中(国内外)から輸入・販売しております。
防衛分野、工業分野向けを中心としたハイエンドで高品質な材料、デバイス、部品、サブシステム、システム及びCAD/EDAを、お客様の研究開発・製品開発などをサポートするために、迅速、正確かつ適切な価格でご提供いたします。
また、高周波市場においては、従来からの蓄積された技術、最先端技術ともに重要であり、あらゆるシーンで常にきめ細やかで正確な対応が求められます。
宇宙(スペース)、防衛、工業、民生全ての分野において、株式会社アイ・エム・シーが最高品質のサービスをお届けいたします。

企業概要

名称 株式会社アイ・エム・シー
住所 〒160-0023
東京都 東京都新宿区西新宿7-22-37
設立 2013年4月1日
URL

http://www.im-c.co.jp

商品・サービス

小型軽量ネットワークタイムサーバー

小型軽量ネットワークタイムサーバー

防衛、衛星、無線基地局向け、小型軽量ネットワークタイムサーバーのご紹介を致します。

特長は、
1. モデル8461ストラタム1ネットワークタイムサーバは、超軽量1ポンド未満の重さと1マイクロ秒未満の時間同期。
2. 光学IRIG-B DCレベルシフトリンクまたは有線変調IRIG Bのリンクから同期。
3. システムの構成状態は、Webブラウザを使用して、イーサネットインターフェイスを介して行うか、コマンドラインからTelnet、SSHを使用。 RS-232 I/ Oも利用可能。

製品名:小型軽量ネットワークタイムサーバー
型番:8461
価格:お問い合わせ下さい。

詳細ページ:http://www.im-c.co.jp/news/newproducts.html#trak_ntpserver
メーカ:TRAK社 http://www.im-c.co.jp/maker/trak.html

プレスリリース
株式会社アイ・エム・シーからの発信情報

▼ この企業を見た方は、下記のような企業も見ているようです。

  • 日本システム企画株式会社

    〜給水管・空調管などの配管延命なら「NMRパイプテクター」〜 ★販売25年以上、導入実績数は4,200棟突破!(2020年3月時点) ★ランニングコストゼロ・メンテナンス不要 ★配管切らな...

  • 世界各地の調査会社が発行したグローバル市場の調査レポート・産業資料・マーケットデータを販売しております。日本国内は勿論、アジア、中国、アメリカ、ヨーロッパ、中東、アフリ...

  • 株式会社テクニコ

    ホテル宴会場、ホールでの結婚披露宴、企業イベント、会議、セミナーなどの空間演出、設備設計施工、ホテルオペレーション、ソフトウエア開発

  • 株式会社 田中電気研究所

    ■「ダスト濃度計」は、ボイラーや焼却炉などから排出される排ガス中の煤塵を連続的に測定する為の環境モニタリング計測器です。 ■ 石炭火力発電所、バイオマスボイラなどの排煙...

  • 株式会社神奈川こすもす

    葬儀サービスの提供 会館運営 保険代理店事業 セミナー・講演活動 霊柩事業

  • 株式会社ANGEWORK

    Runtime STL Loader は、スマホ向け3D開発ツールであるUnity(別名:Unity3D)で、3Dプリンターや3Dスキャナーの独自フォーマット「STL」を表示可能にするプラグインです。 Unityは、スマートフォ...

  • 株式会社フルノシステムズ

    ■無線ハンディターミナル事業 物流から自動認識システムまで、産業とモノの情報化に貢献 モノの商品データをリアルタイムに無線でやりとりし、モノの情報化や業務支援を実現す...

  • 数席の小規模電話窓口から100席以上の大規模コールセンターまで、あらゆるコールセンターのニーズを満たしてきたクラウドCTI『CT-e1/SaaS』。 これまでのコールセンターで親しまれたき...

  • 株式会社フロンティアコンサルティング

    PR セールス コンサルティング

  • 株式会社スタックアンドスタック

    あなたの価値はもっと高い。コーチ、コンサルタント、カウンセラーなどの個人起業家や中小企業の経営者向けに、ブランド高単価化のコーチングをしております。詳細は下記をご照覧く...

キーワードから企業を探す
地域から企業を探す
注目企業ランキング< 週間 >
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。