地盤ネットホールディングス株式会社

事業概要

地盤ネット・グループは、住宅地盤補償業界においてトップクラスのシェアを誇る企業グループです。不透明で分かりづらい住宅地盤業界の「見える化」を推進し、住生活エージェントとして専門的な知識やノウハウをもとに公正中立な立場で、生活者と供給者との情報格差を埋めるビジネスモデルを構築してきました。
グループのスローガン「幸せは、JIBANの上に築かれる。」の下、総合住生活産業を展開する企業体として、グループ企業間におけるシナジーを最大限追求しています。

取り組み姿勢

当社は、「住生活エージェント」として専門的な知見をもとに公正中立な立場でサービスを提供し、住宅地盤業界において生活者と供給者との情報格差を埋めるビジネスモデルを展開して参りました。情報格差を埋めることにより、生活者が不利益を被ることなく、且つ業界の健全な発展に寄与するものと考えております。
情報格差が生じている業界は、住宅地盤に限りません。住生活全般に亘り、未だ様々な情報格差が生じています。それらは、地盤ネットが取組むべき課題であり、ビジネスチャンスでもあります。
地盤ネットグループは、地盤業界での足固めを皮切りに、BtoBからBtoC、地盤業界から住生活全般へと、その事業領域を拡大して参ります。その結果生まれるサービス及びシステムを国内にとどまらず、グローバルスタンダードとして海外へと展開していく所存でございます。

企業概要

名称 地盤ネットホールディングス株式会社
住所 〒103-0027
東京都 中央区日本橋1-7-9 ダ・ヴィンチ日本橋179ビル 2F
設立 2008年6月25日
資本金 4億9040万円
URL

http://jiban-holdings.jp/

プレスリリース
地盤ネットホールディングス株式会社からの発信情報

▼ この企業を見た方は、下記のような企業も見ているようです。

  • ◆リスクコンサルティング 現在、企業や個人を取り巻くリスクは多種多様化を極めており、加えてリスクは変化をしています。状況に合わせた対策をコンサルティングいたします。 ◆...

  • [各国政府及び300社以上の主要民間企業の実績があります。] 1)会議通訳業務(国際会議、セミナー、シンポジウム、ワークショップ、企業経営、国際折衝等の同時通訳業務、逐次通訳業...

  • 起業支援のコンサルティング事業を中心に行っております。 主にインターネットを使った物販ビジネス、マーケティング、セールス、コピーライティングなどのノウハウやスキルをお伝...

  • 株式会社エーディーディー

    【システム】 ◆ 画像処理 外観検査システム - iVision https://ivision.add-soft.jp 【製品詳細】 ◆ SFTPサーバーソフト - Titan FTP サーバー https://titanftp.add-soft.jp/ ◆ WebDAV/SFTP クライアントソ...

  • ・ブルースカイランドリー本部事業 ・ブルースカイランドリー店舗誘致 ・ブルースカイランドリー店舗運営サポート ・コインランドリー機器販売 ・ブルースカイランドリー直営店運...

  • シーズンソリューション株式会社

    生活雑貨や文房具など、約7,500品のノベルティグッズ用素材商品をお取扱いする卸販売サイトです。2008年のサービス開始より、企業や団体、行政機関を中心に3万社を超えるユーザーにご...

  • 越野建設株式会社

    2012年に創業100周年を迎えた、東京都23区を主な営業エリアとする総合建設会社。 自社開発の建築総合ブランド『ヴェージュ』を展開。 土地活用のコンサルティングを得...

  • 一般社団法人フィンテックガーデン

    国内プログラマ、SEの中でトップクラスのコンピュータ技術者だけを集め、システム開発者の教育や支援をするために設立された社団法人です。税理士の会との提携によりフィンテック...

  • 株式会社SP-Logic

    <はいってルンバ> 個室トイレの使用状況を正しく伝えるシステムです。 <トイレ使用状況遠隔お知らせシステム> トイレ内で起こる異常事態を遠くに離れている人に 電話でダイレ...

  • 株式会社労務研究所

     「旬刊福利厚生」は福利厚生に関する日本唯一の専門誌です。企業調査,事例紹介を中心に企業の人事・総務部門で福利厚生の企画・運営に携わるご担当者様への情報提供を行っていま...

キーワードから企業を探す
地域から企業を探す
注目企業ランキング< 週間 >
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。