P板.com×RS! 無料CAD「DesignSpark PCB」の無料講習会を開催

株式会社ピーバンドットコム

投稿日:2013年7月18日

サービス分野: [ ものづくり ] [ IT技術 ]

P板.com×RS! 無料CAD「DesignSpark PCB」の無料講習会を開催

初期費用なし・オンライン自動見積もりで発注できるプリント基板のネット通販サイト「P板.com(ピーバンドットコム)」を運営する株式会社ピーバンドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役:田坂正樹)は、アールエスコンポーネンツ株式会社との共同企画により、無料CADソフト「DesignSpark PCB」の無料講習会を7月26日に開催いたします。

 アールエスコンポーネンツ株式会社は電子部品や半導体などの産業・工業用部品を70年以上に渡り販売している企業で、現在では世界160以上の国や地域でビジネスを展開しています。「DesignSpark PCB」は“フリーな環境こそが真のイノベーションを築く”という同社の信念から誕生した基板設計CADで、商用・非商用に関わらず完全に無料でお使い頂けます。

 同ソフトは最大で1m角、レイヤー数無制限の基板が設計可能なCADソフト(Windows用)で、回路図・基板レイアウトを作成し、それらを3D表示して基板発注用のファイルを生成することが可能です。8万点以上の部品ライブラリを搭載したデータベース「ModelSource」を利用できるほか、オンラインによる部品一括見積もり機能や、基板製造の見積もり機能(日本では「P板.com」への見積もり依頼が可能)も搭載しています。安価な基板設計CADの導入を検討されている法人様から、基板設計を勉強されている学生の方、これから電子工作を始められる個人の方まで幅広くカバーいたします。

 一方、ピーバンドットコムは、“開発環境をイノベーションする”という経営方針のもと、2003年に国内初のプリント基板専門ネット通販サイト「P板.com」を提供開始し、取引実績12,917社(2013年7月3日現在)と国内シェアNo.1を誇ります。ともに“イノベーション”をキーワードに掲げる両社のコラボレーションにより、この無料講習会は実現いたしました。

 今回の講習会は、基板やCADの専門知識から、「DesignSpark PCB」を使った簡単な設計方法までを習得できるビギナー向けの無料講習会です。「P板.com」において基板設計を担当しているプロの設計者が、「DesignSpark PCB」の操作方法はもちろん、プリント基板と電子部品の発注方法までも丁寧にレクチャーいたします。当講習会により、プリント基板の設計方法および低コストでプリント基板と部品を調達するためのノウハウを覚えることができます。


■開催概要
日時:2013年7月26日(金)14:00~16:40
定員:30名
場所:横浜ビジネスパークウエストタワー7階中会議室(http://www.nomura-re.co.jp/ybp/access/)

■プログラム
①1限目【14:00~15:10】(70分)
・主催紹介 (アールエスコンポーネンツ株式会社/株式会社ピーバンドットコム)
・「Design Spark PCB」紹介 ・プリント基板の基礎とCADの基礎知識紹介
・「Design Spark PCB」デモンストレーション[1](デモ/部品ライブラリー作成など)

【休憩10分】【15:10~15:20】

②2限目【15:20~16:40】(80分)
・「Design Spark PCB」デモンストレーション[2]
(デモ/部品ライブラリー作成/基板と電子部品の発注など)
・Q&A
・アールエスコンポーネンツ株式会社の無料サービス紹介
・「P板.com」のサービス紹介 
・Q&A

■関連リンク
◆「DesignSpark PCB」無料講習会 参加申込用サイト
http://www.p-ban.com/dspcb/seminar.html


【会社概要】
会社名          :株式会社ピーバンドットコム
代表者          :代表取締役 田坂正樹
本社所在地      :東京都千代田区五番町14 国際中正会館10F
設立日          :2002年4月
 

お問い合わせ先

<一般のお客様からのお問い合わせ先>
電話番号:0120-439-296 メールアドレス:info@p-ban.com
お問い合わせフォーム https://www.p-ban.com/form/contact_form.html
 
<報道関係者の皆様からのお問い合わせ先>
電話番号:03-3261-3431 メールアドレス:info@p-ban.com 担当:後藤/崔

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する