臨床医学連結知識データベース(LiLak)の発表

サービス分野: [ IT技術 ] [ 医療 ]

臨床医学連結知識データベース LiLak(Linked Clinical Knowledge Data base)

臨床医学連結知識データベースLilak(ライラック)は、病名、臨床症状や検査所見用語、体の部位等を関係付けて収載したデータベースで、東京大学と当社・(株)ストレージ・ビジョンの共同研究の一環として構築したもので、この度、東大TLOとの間でライセンス契約を締結し、一般に販売 することになりました。


概要:
LiLakは、病名用語のテーブルを中心に、疾病のある部位を表す人体部位用語テーブル、自覚・他覚などの症状や検査・所見が記述された症状所見 用語テーブル等に加えて、それらテーブル間の相互関係を記述した関連テーブルで構成された臨床医学の知識データベースです。それぞれのテーブル は、臨床的に意味のある複数の視点で分類されたツリーの様な階層に整理されています。
・ 登録病名用語数:内科系を中心にして主要な病名5,500を網羅( 厚生労働省の定める標準病名マスターに収載されている病名)
・ 上記病名疾患で見られる代表的な症状所見5,000と、 これらの症状や所見が見られる人体の部位の用語2,000をカバー
・ それらを関連付けた臨床医学の知見20,000以上を有するデータベース

LiLakの活用分野:
当データベースでは、病名、部位、症状所見などの臨床の現場で必要な用語が相互に関連付けられています。 電子カルテシステム、レセプト入力シス テム、データベース検索システムをはじめとする各種医療情報システムに組み込むことによって、種々の臨床情報の入力支援ツールとしての活用が可能 で、入力作業の効率化や正確さが図れます。
又、疾病の部位や症状所見などから検索して、考え得る病名を絞り込んで行く診断補助的なソフトウェアにも応用可能です。 これらのソフトウェア開 発を可能にする為、データベース仕様書及び、API仕様書、ライブラリー等を、提供いたします。

 応用例1:カルテ等の臨床情報入力支援
 ・ 診断病名を階層ツリーから検索して入力したい病名をより的確に、迅速に選択
 ・ 症状所見をいくつか入力することで関連のある病名を絞り込んで選択
 ・ 症状所見の入力時に、関連する部位をツリーで表示して適切な部位情報の入力

 応用例2:医学百科などの検索、診断補助
 ・ 疾病の部位や症状所見などから検索して、考え得る病名を絞り込み

 応用例3:問診表の入力補助
 ・ 初診時に患者自身が記入する問診表の入力効率が上がるとともに、より正確で具体
的な記述により、医師・患者間のコミュニケーションの円滑化

想定されるお客様
・ 電子カルテシステム、レセプトシステム、その他医療情報システム開発会社
・ 電子版医学百科事典、病名診断ソフト等の開発会社
・ 大学医学部、看護学部、医師国家試験向け教育機関
・ 医学教材開発会社
・ 検索エンジン開発会社
・ 医薬品メーカー、卸、小売り、など

(株)ストレージ・ビジョンの提供するもの
・ 臨床医学連結知識データベース(一式)
・ データベース仕様書
・ API仕様書, ライブラリー(Windows)
・ サンプルプログラムーソースコード付き

お問い合わせ先

(株)ストレージ・ビジョン 国内営業本部
Tel: 03-5427-6502   Fax: 03-5427-6501
email: info2@str-v.com

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する