ビューティステーションが糖尿病患者・糖尿病予備軍の生活習慣改善サポートを6月から開始

サービス分野: [ 医療 ]

高濃度水素水サーバーを販売するビューティステーション株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役 小松祐魂、www.bea-sta.com)は、糖尿病患者及び糖尿病予備軍に対して、糖尿病の重症化及び糖尿病の発症を予防するための生活習慣改善サポートを実施する「糖尿病サポート倶楽部」を6月より開始いたします。

厚生労働省が平成19年に行った調査によると、「糖尿病が強く疑われる人」は890万人、「糖尿病の可能性を否定できない人」は1,320万人いると推定されています。しかし、痛みなどの自覚症状がないため、検査で血糖値が高かったり、治療が必要と言われても、糖尿病が疑われる人の約4割はほとんど治療を受けていません。また、糖尿病による死亡者数は年間で1万4千人にも上るため、重症化または発症する前から生活習慣を見直し、いかに予防するかが重要となっています。

そこで今回、ビューティステーションが始める「糖尿病サポート倶楽部」では、糖尿病の重症化または発症を予防するためには、日々の生活習慣を身近にサポートする存在が必要だと考え、生活習慣におけるさまざまな悩みや疑問を解決するための電話相談窓口を設け、相談内容に対する助言、食事・運動療法や水素水の効果的な飲用法、生活習慣に関する簡易的な指導を実施いたします。
さらには、血液検査の結果等の情報に基づき、管理栄養士が目標値を設定して、それを達成するための1ヶ月間分の食事・運動療法、水素水の飲用に関する指導プログラムを作成し、生活習慣の改善をサポートしていきます。

水素水は、様々な研究機関により、エネルギー代謝を促進することによって、糖尿病や肥満の改善に寄与することが確認されています。
また、ビューティステーションでは、医療機関との連携により、糖尿病をはじめ高脂血症やメタボリック症候群等の生活習慣病におけるさまざまな症例に対して水素水を使用していただき、水素水の効果的な飲用法等に関するデータ収集を行っています。
今回、新たに当サービスを開始することで、国が推進する「健康日本21」にも寄与すると共に、糖尿病患者の重症化及び糖尿病予備軍の発症を予防することで、少しでも多くの方々の健康を支援してまいります。

----------------------------------------------------------------------------------
◆「糖尿病サポート倶楽部」概要
----------------------------------------------------------------------------------
既に糖尿病の方へは重症化を予防するためのサポート、まだ糖尿病とは診断されていないものの、検査で血糖が高いなどの兆候が見られたり、生活習慣の改善が必要と指摘された方へは、糖尿病を予防するためのサポートを実施する。

(1)「糖尿病・生活習慣病ホットライン」
生活習慣におけるさまざまな悩みや疑問を解決するための電話相談窓口を設け、相談内容に対する助言、食事・運動療法や水素水の効果的な飲用法、生活習慣に関する簡易的な指導
(2)「重症化予防・糖尿病予防プログラムの作成」
血液検査の結果等の情報に基づき、管理栄養士が目標値を設定して、それを達成するための1ヶ月間分の食事・運動プランや水素水の飲用等に関する指導プログラムを作成

料金:入会金3,150円(税込)、年会費3,780円(税込)
サービス情報URL:http://www.bea-sta.com/diabetes.html

----------------------------------------------------------------------------------
◆お問合わせ先
----------------------------------------------------------------------------------
ビューティステーション株式会社
担当:足立
TEL :052-269-8774
E-mail:info@bea-sta.com
URL :http://www.bea-sta.com/

お問い合わせ先

ビューティステーション株式会社
担当:足立
TEL :052-269-8774
E-mail:info@bea-sta.com
URL :http://www.bea-sta.com/

 

ビューティステーション株式会社によるその他のプレスリリース

キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する