オーティコン、「親子の日」に今年も特別協賛。「みみとも親子ツアー」に抽選でご招待

オーティコン補聴器

投稿日:2012年5月1日

サービス分野: [ 医療 ]

オーティコン、「親子の日」に今年も特別協賛。「みみとも親子ツアー」に抽選でご招待

報道関係者各位
プレスリリース

2012年5月1日
オーティコン株式会社 (www.oticon.co.jp)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━オーティコン、「親子の日」に今年も特別協賛。
オーティコン補聴器を買って、「みみとも親子ツアー」に抽選でご招待
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
100余年の歴史を持つ補聴器メーカー、オーティコン株式会社(本社:神奈川県川崎市、
代表取締役社長:木下 聡、以下オーティコン)は、写真家ブルース・オズボーン氏
の提唱によって創設された記念日「親子の日」の普及活動を2011年に続き、2012年も
特別協賛企業として応援するとともに、オーティコン「みみとも親子ツアーキャンペーン」
を2012年5月7日(月)より実施いたします。

オーティコンは昨年より、補聴器をより身近に感じていただくために「補聴器」とい
う言葉の代名詞として「みみとも」を提唱し、補聴器は“難聴者と家族が、共に楽しい
毎日を過ごすための良きパートナー”であることを訴求して補聴器の普及活動に取り組
んでまいりました。

この概念とオズボーン氏が提唱する“親と子が共に向き合い、語らいながら親子の絆を
深めよう”という「親子の日」のテーマが合致し共鳴したため、2011年より特別協賛企業
として応援しています。

オーティコンでは「みみとも親子ツアーキャンペーン」を開催し、先進のデジタルチップ
「RISE2」搭載補聴器を購入されたお客様の中から抽選で5組の親子を、親子の日に開催
される親子の撮影会「スーパーフォトセッション」への参加をはじめ、東京名所観光、
ディナーをお楽しみいただきながらの家族交流会など楽しいひと時をお過ごしいただきます。

「スーパーフォトセッション」は、写真家オズボーン氏が1日に100組の親子をスタジ
オでエネルギッシュに撮影する毎年恒例のイベントです。昨年に続き、今年もオーティコン
補聴器ユーザーとご家族の思い出となるポートレート写真を額装にしてプレゼントいたします。

この日をきっかけに、日頃の補聴器にまつわる話しを共有したり、親子の絆をさらに深めて
いただけるような内容を企画しております。

また、弊社は親子の日普及推進委員会が中心となって開催する「写真コンテスト」、
「エッセイコンテスト」において「オーティコン賞」を設け、親子の日のさらなる広がりを
目指した活動を応援いたします。

オーティコンの企業理念である“ピープル・ファースト”は、「聞こえに悩む人々の立場にたち、
その人々を第一に考え、力づける」ことです。「親子の日」に込められたオズボーン氏の想い
とともに、オーティコンは今後も“ピープル・ファースト”を実践してまいります。


■「オーティコン みみとも親子ツアー」キャンペーンの概要
キャンペーン名:「オーティコン みみとも親子ツアー」キャンペーン
キャンペーン期間: 2012 年5月7日(月)~2012年6 月 22 日(金)
特典: 抽選で5組の親子を、親子の日撮影会「スーパーフォトセッション」と
東京名所観光1泊2日のツアーへご招待
◎ツアー日程:2012年7月21日(土)~22日(日) 1泊2日
応募資格:期間中、以下オーティコンのRISE2チップ搭載補聴器を購入されたお客様
対象製品:
・Intigaシリーズ (インティガ 10/8/6)
・Agilシリーズ (アジャイルプロ/アジャイル)
・Actoシリーズ (アクトプロ/アクト)
・Inoシリーズ (イノプロ/イノ)
・Chiliシリーズ (チリ SP9/SP7/SP5)
・Safari SPシリーズ (サファリ900SP/600SP/300SP )
  ※ツアーに伴う交通・宿泊費は事務局が手配し、オーティコンが負担。撮影した写真は
   額に入れて後日贈呈。

応募方法:オーティコン補聴器を購入した販売店設置の「応募用紙」および「返信用封筒に
     必要事項を記入の上、「みみとも親子ツアー」事務局宛に郵送。
当選者数 : 5組の親子 (参加人数は1 組 5 名まで)
当選発表 : 厳選な抽選の上、当選者にはお電話でご連絡いたします。
問い合わせ先 :「みみとも親子ツアー」事務局 電話:0120-006-669
   受付期間:2012年5月7日(月)~6月22日(金) 9:30~17:30※土・日・祝日除く

●オーティコンホームページ  http://www.oticon.co.jp/
●本キャンペーンサイト  http://www.oticon.co.jp/aboutus/oyakonohi/2012.html
●プレスリリースサイト http://www.oticon.co.jp/aboutus/news/2012/news20120501.php

■親子の日について
親子の日は、約30年間親子の写真を撮り続けている写真家ブルース・オズボーン氏
の呼びかけにより、2003年に始まった社会的な活動です。5月第2日曜日は「母の日」、
6月第3日曜日は「父の日」。そして7月第4日曜日は「親子の日」。“年に一度親と
子が共に向き合い、語らいながら親子の絆を深める日”という理念のもと「親子の日」
が生まれました。今ではあらゆる地域、世代の方から共感を得ており、その活動は年々
広まっています。「親子の日」は2005年に日本記念日協会によって公式に認定されました。 
  ◆「親子の日」公式ホームページhttp://www.oyako.org

■「みみとも」は補聴器の代名詞!
“みみとも”は、オーティコンが提唱する新しい「補聴器」の代名詞。“みみとも”
は、「補聴器」=「生活を楽しくするツール」として、今までの「補聴器」という名
前から見えてこなかった価値を消費者に伝えます。従来の「補聴器」のイメージを払
しょくし、もっと身近に感じていただくために、そして何より、「補聴器」は聞こえ
にお困りの方々が楽しい毎日を送るための良きパートナーであることを伝えるために
、オーティコンは“みみとも”を提唱しています。

■オーティコン社およびオーティコン株式会社について
補聴器におけるパイオニアであるオーティコン社(Oticon A/S)は、ハンス・
デマントにより1904 年にデンマークに創設されました。オーティコン社は世界
で唯一の慈善財団が所有する補聴器会社であり、ウィリアム・デマント・ホール
ディング社の傘下にあります。その日本支社がオーティコン株式会社
(www.oticon.co.jp)です。オーティコンの企業理念「ピープル・ファースト」
とは、「聞こえに悩む人々を第一に考え、彼らが自由に伝えあい、自然にふるま
い、そして活動的に生活できるように力づける」という信念に基づきます。オー
ティコン社は先進のノンリニア補聴器、フルデジタル補聴器および人工知能補聴器
を開発し、業界のパイオニアとして革新的な技術を難聴者と共に開拓してきました。
またオーティコン社は1977年に先進技術とオージオロジー(聴覚学)を研究する
エリクスホルム研究所を設立し、世界中から参集した様々な分野の科学者と1,000人
以上のテストユーザーとともに将来の補聴器開発に取り組んでいます。オーティコン
は世界各国で補聴器をはじめ、聴覚関連機器、医療機器の製造・販売を行っています。

※文中に記載の名称は、各社の商標または登録商標です。

【本件に関するお問い合わせ先】
オーティコン株式会社 マーケティング部 (担当:山口・渋谷)
TEL:044-543-0615 FAX:044-543-0616 E-mail:info@oticon.co.jp

お問い合わせ先

【本件に関するお問い合わせ先】
オーティコン株式会社 マーケティング部 (担当:山口・渋谷)
TEL:044-543-0615 FAX:044-543-0616 E-mail:info@oticon.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する