株式会社デネットより『パソコン画面保存 発売

株式会社デネット

投稿日:2012年4月6日

サービス分野: [ IT技術 ]

株式会社デネットより『パソコン画面保存 発売

『パソコン画面保存』でパソコンの画面をキャプチャして活用!

■ソフトウェア概要

「パソコン画面保存」は、パソコン画面をかんたんにキャプチャして画像保存ができるソフトです。

パソコン上の画面をキャプチャできるので、インターネットのWEBページ画面の保存や、
ブログに載せる画像、資料・マニュアル用の画像作成等にご利用できます。

キャプチャ範囲はデスクトップ、ワークエリア(スタートメニュー以外全ての範囲)、
アクティブ(最前面に表示されている画面)から選択できる他、
フリーハンドやタイマー機能で指定した時間間隔で画面をキャプチャすることも可能です。

キャプチャした画像は画像形式(JPEG / BMP / PNG)を選択、
サイズを変更して保存ができます。

付属の画像管理ツールでは、メールに添付して送信、
選択した画像をA4・ハガキ・L版サイズの用紙に印刷ができ、
スライドショーで再生することもできるので、画像の管理もかんたん。
また、ソフト上で選択した画像をコピー・移動・削除をすることができます。

ホットキーを使えば、マウスだけでなくキーボードでかんたんにキャプチャができます。


■こんな方にこんな時におすすめ!便利!

・パソコンの画面をキャプチャして資料、マニュアルを作成したい方
・デスクトップなどの壁紙を作成したい方
・パソコン内の画像を管理したい方
・プルダウンメニューもキャプチャしたい方


■主な機能

・パソコンの画面をキャプチャする
  パソコンに表示している画面をキャプチャします。
  キャプチャする範囲はデスクトップ・ワークエリア・アクティブ、
  好きな範囲を指定する際は範囲[四角]・範囲[丸型]から選択できます。

  また、キャプチャした画面をフリーハンドで
  好きな部分だけ切り抜きができます。

  保存する際は画像サイズ(○%、ピクセルで指定)、
  画像形式(JPEG / BMP / PNG)を指定して保存できます。

  保存場所は任意の場所に保存するか、
  本ソフトの専用フォルダーに保存するか選択できます。

・タイマー機能
  指定した時間間隔で画面をキャプチャします。
  ○分○秒ごとにキャプチャするなど秒単位での設定もできます。

  ソフトの操作手順などマニュアル作成や
  操作記録をする時に便利です。

・画像管理ツールで画像を管理する
  パソコン上の画像やキャプチャした画像を管理します。

  選択した画像をA4・ハガキ・L版サイズの用紙に印刷が可能です。
  複数の画像を1枚の用紙に印刷したい場合は、
  4枚・8枚・16枚サムネイルから選択することができます。
  また、ソフト上で選択した画像をコピー・移動・削除をすることができます。

  他にもスライドショーで再生したり
  メールに添付して送信する等の利用方法があります。

・ホットキーでかんたんキャプチャ
  ホットキー(キーボードのキー)だけでキャプチャできます。
  マウスを使わずにキーボードだけでキャプチャできるので便利です。

  ホットキーは「Ctrl+Shift」+「任意のキー」で設定可能です。
 
  
■発売概要

タイトル  :『パソコン画面保存』
発売日   :2012年4月6日(金)
価格    :1,900円(税別) ※税込1,995円
商品コード :DE-281
JANコード :4560243922812

パソコンソフト直販ショップ【デネットSHOP】
http://de-net.shop-pro.jp/

■株式会社デネット概要 http://www.de-net.com/
1996年2月設立。資本金1000万円。従業員数26名
・パソコンソフトシリーズ
「やくだTOOL」「かんたん商人(あきんど)」「でか楽」の企画・制作・販売
・インターネットの企画・運営
・ホームページ企画・制作・運営
・モバイルサイト企画・制作・運営 他

お問い合わせ先

株式会社デネット 広報担当:森/稲福
TEL:048-648-0900 FAX:048-640-1011 eMail:morikana@de-net.com
※記事掲載用のパッケージ写真、画像写真を提供可能です。
また、読者プレゼント等へ の製品提供も可能ですのでお気軽にお問合せ下さい。
※本広報資料の転送/引用は、ご自由にご利用頂いて構いません。

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する