株式会社ワイ・ディ・シー

中堅企業向け予算管理パッケージ「サキヨミmini」を提供開始

#IT技術

株式会社ワイ・ディ・シー(本社:東京都府中市、代表取締役社長 三奈木 輝良、以下 YDC)は、オラクルの予算計画管理アプリケーション「Oracle Hyperion Planning」を活用した、中堅企業向け予算管理パッケージ「サキヨミmini」の提供を本日より開始することを発表します。

企業の予算管理業務は、市販の表計算ソフトに依存しているのが現状です。このため、予算編成の効率化や計画、見通し精度の向上が大きな課題となっております。「Oracle Hyperion Planning」は、予算編成の効率化を支援し、予実管理、予測管理まで一貫性のある仕組みを提供するもので、世界中で豊富な導入実績があります。

これまで予算管理システムは大手企業を中心に導入が進んでいますが、中堅企業においてもグローバル経営が加速するなかで、急速にそのニーズが高まっています。今回YDCが提供を開始した「サキヨミmini」は、企業の予算管理業務を支援するシステムをスピーディかつ低コストで導入することが可能です。「Oracle Hyperion Planning」のソフトウェアライセンス、導入支援サービスなどをオールインワンパッケージにし、最短3カ月での導入を実現します。

「サキヨミmini」には、事業別損益管理の機能や、予算審議のための各種レポートが事前に定義されています。本パッケージを利用することにより、予算編成のリードタイムを大幅に短縮でき、意思決定に必要な情報の入手が適時適切に行えるようになります。

●「サキヨミmini」概要
提供開始日:2012年3月12日
参考価格:1,980万円~
お客様問い合わせ先電話番号:042-352-6113
YDCは、本パッケージを2012年4月4日~6日の3日間、東京・六本木にて開催するオラクル主催のカンファレンス「Oracle OpenWorld Tokyo 2012」に出展します。
「サキヨミmini」の詳細はこちらをご覧ください。http://www.ydc.co.jp/common/data/pdf/news/Sakiyomi_mini_brochure1.0.pdf

■ 株式会社ワイ・ディ・シーについて
YDC は1972 年創立のシステムインテグレータです。横河電機グループのIT専門企業として、会計や生産管理などの基幹系業務システム、SOA基盤構築のための企業間、企業内データ・業務連携サービス、製造業に特化した品質解析などのシステムサービス事業で豊富な実績があります。YDCに関するより詳しい情報は、http://www.ydc.co.jp/をご覧ください。

* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です

【お問い合わせ先】

株式会社ワイ・ディ・シー エンタープライズソリューション営業部
TEL. 042-352-6113

株式会社ワイ・ディ・シーのプレスリリース

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。