クリナップ財団  2021年度奨学生50名を決定!

クリナップ株式会社

投稿日:2021年7月7日

サービス分野: [ ものづくり ] [ 教育・人材 ]

公益財団法人クリナップ財団(代表理事:井上強一 クリナップ株式会社 代表取締役会長)は、今年度の奨学生50名を決定しました。昨年に引き続き、対象者50名に奨学金を支援いたします。(月25,000円、年間30万円/一人)

クリナップ財団は、東日本大震災の翌年(2012年12月)に設立し、福島県の復興支援を目的として活動しております。
2013年度より開始した奨学支援事業は、震災復興支援に有用な人材育成を目指したもので、今年で9回目。対象者は、昨年同様50名(内、継続受給者13名)とし、これにより9年間で累計奨学生は360名となりました。
尚、今年も新型コロナウイルス感染予防を鑑み、例年行われている集合形式の授与式は開催を見合わせました。その他、クリナップ財団の活動は、ホームページよりご確認いただけます。
◆クリナップ財団:http://cleanup-zaidan.or.jp/index.html

福島県いわき市に生産拠点を構えるクリナップ(本社:東京都荒川区 代表取締役 社長執行役員:竹内宏)は、今年3月11日の震災から10年の節目に、震災当時、早期復旧に向けご支援いただいた地域の皆様に感謝の気持ちを伝えるため、ブランドキャンペーン「伝えよう、キッチンのありがとう」を発信しており、特設サイトでは当財団の取り組みも紹介されております。
◆特設サイト『伝えよう、キッチンのありがとう』:https://cleanup.jp/arigatou/

クリナップ財団は、これからも事業活動を通じ、福島県の復興支援の一環として将来にわたり地域社会の発展に貢献できる人材育成を支援して参ります。

お問い合わせ先

クリナップ(株) 総務部 広報課  遠藤・小泉
TEL:03-3810-8241 
携帯:080-5913-4213

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する