株式会社シナリオテクノロジーミカガミ、基幹業務システムに「ZAC Enterprise」を採用

株式会社オロ

投稿日:2019年6月12日

サービス分野: [ IT技術 ] [ その他(ERP) ]

株式会社シナリオテクノロジーミカガミ、基幹業務システムに「ZAC Enterprise」を採用

株式会社オロ(東京都目黒区 代表取締役社長 川田篤、以下オロ)は、株式会社シナリオテクノロジーミカガミ(東京都豊島区 代表取締役 須藤 貴之、以下シナリオテクノロジーミカガミ)がオロのクラウドERP「ZAC Enterprise」を基幹業務システムとして採用したことを本日発表いたします。

シナリオテクノロジーミカガミは、ゲーム等のシナリオ制作を中心として、IP開発やローカライズ(翻訳)事業、企画制作など、ライティングに関わるあらゆる業務を担っています。500人を超える専属ライターによる、徹底した納期管理と高品質のサービス提供が強みです。「人が、人に
届ける、人の物語」の社是のもと、日本の、そして世界の
シナリオ制作会社として、業務拡大と成長を目指します。

同社では、プロジェクトの管理を複数のシステムで行っており、これによって証憑管理や請求・支払業務にミスやモレが生じるなど、システム間の連携や内部統制に課題がありました。また、これらを補うための作業に膨大な工数がかかっていました。加えて、プロジェクトごとの進捗を管理できず、個別原価計算の精度が低いことも課題としてあげられていました。

ZACの導入により、プロジェクトに関わる情報を一元化し、引合・受注・請求と発注・仕入といった一連の情報を1つのシステムで管理することで、業務のヌケモレを削減します。また見積・発注・請求のタイミングでワークフロー機能を活用し、内部統制の強化を図ります。さらに、プロジェクトごとの売上に対する外注費・労務費の紐づけと、販管費の自動配賦により、個別原価計算の精度を高めます。

■「ZAC Enterprise」の導入にあたり、下記の点が評価されました。
1.システムの一元化によるワークフローの標準化と内部統制の強化
2.プロジェクト情報の一元管理によるマネジメント体制の強化
3.様々な原価の紐づけによる個別原価計算の精度向上

-------------------------------------------------------
【ZAC Enterpriseについて】
https://www.oro.com/zac/

【ZAC導入事例インタビュー】
https://www.oro.com/zac/casestudy/index.html
-------------------------------------------------------

オロは今後も映像制作・コンテンツ制作業での実績拡大を推進し、より多くの企業の生産性向上に貢献してまいります。

お問い合わせ先

<本リリースに関するお問い合わせ>
株式会社オロ マーケティンググループ 担当:藤澤
TEL:03-5843-0653/Mail:zac@jp.oro.com

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する