2019年ラグビーワールドカップ釜石スタジアムにて当社木守り専科(きまもりせんか)が採用

株式会社シオン

投稿日:2018年6月11日

サービス分野: [ ものづくり ] [ 環境・エネルギー・エコ ] [ 特殊技術・特許 ]

2019年ラグビーワールドカップ釜石スタジアムにて当社木守り専科(きまもりせんか)が採用

報道関係者各位
プレスリリース
                                  2018年6月吉日
                                  株式会社シオン
地域木材を活用し、復興ラグビーワールドカップを実現!
2019年ラグビーワールドカップ会場の“釜石鵜住居復興スタジアム”において
「岩手県釜石の杉材」 さらに、岩手県矢巾町にある当社高耐候木部塗料
『木守り専科(きまもりせんか)』が採用!
~ さらに、『木守り専科』は、東京オリンピック会場での採用を目指します!! ~
株式会社シオン(所在地:岩手県矢巾町、代表取締役:石川 公一郎)はこの度、当社製品である、国産●高機能木部塗料『木守り専科(きまもりせんか)ウェザープロテクト 耐候』が、2019年ラグビーワールドカップ会場予定の“釜石鵜住居復興スタジアム”の本設観客席(全6,000席中4,990席)の塗料に採用されたことを発表しました。

同スタジアムの観客席は、2017年に発生した岩手県釜石市の林野火災で表皮が焼けた木材を地元の釜石地方森林組合(代表理事組合長:久保知久)が伐採し近隣の大槌町と遠野市で加工したものです。
同組合は、2011年の東日本大震災において事務所が全壊するという、組合存立が危ぶまれるほどの被害をこうむりましたが、職員の方の奮闘尽力もあり、奇跡的な再建を果たされました。
この間に2019年ラグビーワールドカップにおいて、釜石でも試合が行われることが決まり、大会に向けて新スタジアムの建設が決定しました。
そして、この新スタジアムには同組合が取り扱う、釜石地域の木材を活用することになり、特に観客が座る椅子においては長時間座っても疲れにくい杉材を活用することになりました。
さらに、販売先の開拓が急がれている林野火災被害木を活用することで、被害を受けた山林所有者の支援にもつながります。

実は、屋外の施設に地域木材を活用する場合、施工後の雨、紫外線にどれだけ持つかということが実は重要な課題であり、この点、これまで木材保護塗料と言われたものの多くは塗装後1~2年で塗装が剥がれるなど、その耐候性に大きな課題がありました。この点、同スタジアムの建設においても大きな課題となりました。
そんな中、当社は2017年10月に国産●高機能木部塗料『木守り専科 ウェザープロテクト 耐候』をリリース。
同じ岩手県の矢巾町で開発された「屋外で最長約8年色落ちしにくい高耐候効果をもたらす木部塗料」を同スタジアム建設の課題解決として提案させて頂きました。
今後、今回のような地域木材を活用する場合、そこに当社の高機能木部塗料を使うことにより、屋外での木材の活用の幅が広がる等、地域木材を活かす場面が増えると考えております。


実は、『木守り専科 ウェザープロテクト 耐候』は、東京オリンピックの新国立競技場の木部用途料として提案した際に、最長約8年という高耐候性能を求められたことをきっかけとして開発、製品化されました。
そして、今回2019年ラグビーワールドカップ会場の“釜石鵜住居復興スタジアム”において、岩手県釜石の杉材と共に採用することが決定されました。
さらに、新国立競技場をはじめとする東京オリンピック会場へは現在も提案中です。


当社は、植物油、天然顔料等の自然素材を活用した、人と環境に優しい木部用塗料(当業界ではこれを「自然塗料」と呼ぶ)の製造、販売を行っております。主力製品は2012年に発売を開始した国産●自然塗料U-OIL。
その後発売された『木守り専科』は、植物油をベースに防炎あるいは高耐候成分を配合。
木材を利用する際に生じる「木材は燃えるという不安」、「木材は雨とか紫外線に弱いという不満」、これら2つの大きな不安不満を解決します。☞ 「防炎」と「高耐候」の2つの製品となります。

 


【 製品特長 】
■ 建築業界において木の利用の促進を妨げる2つ要因「燃える」、「持ちが悪い」を一気に解決
近年、安心、安全なライフスタイル趣向を背景に新築、リフォームの際に木を使うケースが増えております。
また、学校、保育園等を地域材でつくる木造校舎化も進んでおります。
そんな中、建築業界においては「木は燃えるという不安」があり、建築基準法においても不燃木材等の利用が法律で厳格に定められております。
しかし、床、腰板等身近な部分での対策はこれまでとられておらず、そんな中昨年2016年秋に神宮外苑前で木製ジャングルジムが燃え、小さいお子様が亡くなるという痛ましい事故が起こりました。
さらに「木は雨とか紫外線に弱いという不満」もあり、こちらはJASSにて木材保護塗料の有様を定めております。
しかし、現在ある製品を使っても持ってせいぜい3年、ほとんどの製品は1~2年で色が落ち、木肌が露出するという状況で、木部塗料を使うユーザーの顧客満足度は著しく低いのが実状です。
そんな中、たまたま東京オリンピックの新国立競技場に塗料を提案する機会を頂き、その過程においてこの2つの課題を解決する『木守り専科』を開発、販売するに至りました。
『ファイアプロテクト』は、塗るだけで木に防炎効果(※1)をもたらし、『ウェザープロテクト』は最長8年色落ちしにくい高耐候効果をもたらします。
※1 防炎効果とは、(公財)日本防炎協会にて防炎製品性能試験を行い認められた防炎性能。

■ 「防炎」「高耐候」という2つの効果をケミカル塗料ではなく、ナチュラル趣向の自然塗料で実現
当社は元々自然塗料の製造・販売を行っていたこともあり、その延長で植物油、天然顔料等の自然素材を活用し、これに防炎成分、高耐候成分を配合することで製品化。
ケミカル成分主体ではなく、自然素材成分主体となっており、人と環境に優しい製品となっております。
学校、保育園等の木部の塗装にはぴったりな製品です。

■ 安全性はもちろん、他の性能も充実
『木守り専科』は、自然素材成分主体であり安全性はもちろん、速乾性、着色性等施工性に優れています。
※自然塗料とは
植物油、天然樹脂、無機顔料等主に自然由来の成分を活用してつくられた塗料。流通している「自然塗料」のほぼ100%が木部用であり、それ以外の用途のものはごく少数。同市場にはドイツ製品が多い中、当社のU-OILは国産であり、比較点とされる「安全性」、「作業性」、「耐候性」、「デザイン性」すべてにおいて優位性を有します。
さらに今回、自然塗料開発のノウハウをさらに向上させ、「防炎」「高耐候」という2つの高機能を付加した木部塗料『木守り専科』の開発に成功しました。

【 試験結果 】
1 『ファイアプロテクト』は、燃焼試験のデータがございます。(後述を参照)
(a)が無塗装の無垢材(木の板)、(b)が『ファイアプロテクト』のホワイトを塗装。
これを市販のバーナーで燃焼させ、その燃え方について比較した資料となります。

2 『ウェザープロテクト』は、競合4社製品の耐候性比較試験のデータがございます。(後述を参照)
最上部が当社『木守り専科』、以下が競合4社製品、ウェザーメーター試験を1000時間(約4年)実施。
塗料の色落ち具合がはっきりとわかります。

【 用途と展望 】
『木守り専科』において、『ファイアプロテクト』は、塗るだけで木に防炎効果をもたらし、『ウェザープロテクト』は最長8年色落ちしにくい高耐候効果をもたらします。
しかも、「防炎」「高耐候」という2つの効果をケミカル塗料ではなく、ナチュラル趣向の自然塗料で実現しております。
当製品はリリース前より学校、保育園等、子供の安心、安全が望まれるところ、それと東京オリンピックの新国立競技場をはじめとする屋外木部を有するところ、での活用が大いに期待されております。
東京オリンピックを契機に国産材の利用促進を進めようとの動きがある中、そこで利用される国産材が期待通りの役割を担えるように当社としても尽力して参りたいと考えております。

【 製品概要 】
製品名 :シオン国産●高機能木部塗料『木守り専科 ファイアプロテクト 防炎』
用 途 :屋内・屋外共用
     屋内外無垢材、集成材、合板等木部用
対 象 :天井、床、腰板、ウッドデッキ、外壁等
内容量 :1L、4L、8L、16L
塗布面積:約20平方メートル/L(樹種によって変わる場合有)
価 格 :通常価格 1L 7,000円~
※お得な業務用価格もあります。お問い合わせください。

製品名 :シオン国産●高機能木部塗料『木守り専科 ウェザープロテクト 耐候』
用 途 :屋外用
     屋外無垢材、集成材、合板等木部用
対 象 :ウッドデッキ、外壁等
内容量 :1L、4L、8L、16L
塗布面積:約20平方メートル/L(樹種によって変わる場合有)
価 格 :通常価格 1L 8,800円~
※お得な業務用価格もあります。お問い合わせください。

発売時期・販売方法:
2017年10月より発売開始
当社からの直接販売、または建材店、塗料店を経由しての卸販売

建築基準法への対応:
シオン国産●高機能木部塗料『木守り専科』は、国土交通省建築指導課による「告示対象外製品」に相当します。

【 試験結果 】
1『ファイアプロテクト』は、燃焼試験     2『ウェザープロテクト』は、競合4社製品の耐候性比較試験














[ 会社概要 ]
北東北岩手県において、自然素材を活かしたものづくりを展開。木を生かす国産●自然塗料『U-OIL』、国産●高機能木部塗料『木守り専科』、自然素材でつくられた天然接着剤『匠(たくみ)』の製造・販売を行っています。

所在地: 〒020-0891 岩手県紫波郡矢巾町流通センター南3-8-1
代表者: 代表取締役 石川 公一郎
設立 : 2003年9月1日
URL http://kimamoli.jp/

[ お問い合わせ先 ]
株式会社シオン
担当: 石川 公一郎、藤田 悠
TEL : 019-677-7060 FAX : 019-637-3190
MAIL: info@xion.co.jp

お問い合わせ先

[ お問い合わせ先 ]
株式会社シオン
担当: 石川 公一郎、藤田 悠
TEL : 019-677-7060 FAX : 019-637-3190
MAIL: info@xion.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する