日本にいながらベトナムソフトウェア開発環境を確認バーチャル視察体験の試験実施について

株式会社バイタリフィ

投稿日:2017年7月24日

サービス分野: [ IT技術 ] [ 海外・グローバル ] [ アジア・新興国 ]

日本にいながらベトナムソフトウェア開発環境を確認バーチャル視察体験の試験実施について

ベトナムオフショア開発やスマートフォンアプリの企画開発を行うバイタリフィ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:川勝潤治)と子会社Vitalify Asia(本社:ベトナム国ホーチミン市、代表:櫻井岳幸)はこの度、発展著しいベトナムのソフトウェア開発環境を日本にいながら確認できるバーチャル視察体験について2017年8月4日(金)に試験実施致します。

<背景・経緯>
近年、日本でのソフトウェア開発者採用難に伴いベトナムでのソフトウェア開発・オフショア開発について興味・関心を持つ企業は、年々増えてきておりますが実際に視察となると出張人員の確保、航空券やホテルの手配、現地でのアポイントなどの手間や費用が掛かることから、中々実施ができないのが実情です。

そこでバイタリフィでは、日本にいながらインターネット経由にてベトナムの現地事情をリアルタイムで確認できるバーチャル視察体験を実施することに致しました。

また2017年に入り急拡大しているベトナムの4Gを活用し中心部や、郊外の新興開発地区などからもストリーミング動画にて実況致します。今回実施後の反応を見て、好評であれば定期的にイベントを継続していく予定です。

<バーチャル視察体験の試験実施>
■開催日時:8月4日(金)日本時間13:00~14:00(ベトナム時間11:00~12:00)
■バーチャル視察の内容
・ベトナムのビジネス環境紹介、ベトナムにおけるITビジネスの状況
・ホーチミンの街並みリアルタイム中継(※2ヶ所)
・ベトナムにおけるオフショア開発手法
・質疑応答
※リアルタイム中継は、当日の天候や通信状況により変更となる場合があります。
■参加費:無料
■参加対象者:
・ベトナムでのソフトウェア開発に興味がある方
・ベトナムマーケット向けのITサービス展開に興味がある方
■お申込み方法
今回は試験実施の為、3企業/個人様限定となります。
バイタリフィ内のお問い合わせページよりお申し込みください。別途、バーチャル視察体験方法をご案内いたします。
http://vitalify.jp/vietnam_offshore/contact/

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■会社概要

商号  :株式会社バイタリフィ(http://vitalify.jp/)
代表者 :代表取締役 川勝潤治
所在地 :東京都渋谷区恵比寿西1-9-6 アストゥルビル8F
設立年月:2005年9月21日
事業内容: ベトナムオフショア開発、スマートフォンアプリ企画開発

商号  :Vitalify Asia Co.,Ltd. (http://vitalify.asia/)
代表者 :Managing Director 櫻井岳幸
所在地 :224A-224B Dien Bien Phu Street, Ward 7,District 3, Ho Chi Minh City
設立年月:2008年5月
事業内容:オフショア開発、スマートフォンアプリ開発、Webサービス開発、ベトナム進出・マーケティング支援

■本件に関する問い合わせ・バーチャル視察体験申し込み先
バイタリフィ/Vitalify Asia 板羽(いたば)、佐々木、市村、石黒、渡久地
http://vitalify.jp/vietnam_offshore/contact/
TEL:03-5428-6346

お問い合わせ先

■本件に関する問い合わせ・バーチャル視察体験申し込み先
バイタリフィ/Vitalify Asia 板羽(いたば)、佐々木、市村、石黒、渡久地
http://vitalify.jp/vietnam_offshore/contact/
TEL:03-5428-6346

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する