株式会社エーディーディー

2台の PC の USB ポートに接続するだけで、安全なファイル共有を利用できるファイル共有アダプタ

#IT技術 #教育・人材 #海外・グローバル

2台の PC の USB ポートに接続するだけで、安全なファイル共有を利用できるファイル共有アダプタ
【商品名】
iTwin(アイツイン)

【概要】
「iTwin」は、 2 台の PC 間で安全にファイル共有を行う USB 接続型のファイル共有アダプタ。
ファイルの復号化には、USB 接続によるデバイス認証が必要となり、iTwin が接続されていない端末から、ファイルを確認することができないため、第三者にファイルを覗き見られる心配がない。
Dropbox 連携させてクラウド上のデータを暗号化できる機能も備えている。

【内容】
iTwin とは、2 台の PC 間で、安全にファイル共有を行う USB 接続型ファイル共有アダプタであり、ファイル共有を可能とする 「FileAccess」 と Dropbox と連携する 「SecureBox」 という 2 つの機能を備えている。
USB フラッシュメモリなどで大切なファイルを持ち運ぶ場合、紛失による情報漏えいが非常に高いリスクとして存在する。
しかし、iTwin ならデータは会社や自宅の PC 内に保管された状態なので、紛失するリスクはない。
万が一、iTwin の片方を紛失しても、もう片方を PC から取り出すだけで、ファイルの取り出しが行えず情報漏えいが防げる。

USB フラッシュメモリによく似た形状をした、ポケットサイズのハードウェアであるため、気軽に持ち運びが可能。
外出先の PC から、社内の PC とのファイル共有などにも安全かつ簡単に実現できる。

■簡単に利用できるため、高度な PC スキルは不要

iTwin があれば、複雑な設定をしなくても、2 台の PC に iTwin を挿入するだけで、約 60 秒後には 2 台の PC でファイル共有を利用できる。

必要な操作は、iTwin を PC の USB ポート に挿入し、インストールウィザードに従って操作するだけ。
NAS や サーバー と違い、ルーターの設定などは必要がなく、iTwin 同士の接続には、ポート解放や DDNS の設定といった複雑な操作は不要。

■追加費用一切不要の安心価格でご提供

iTwin は追加費用は一切不要で、安全かつ簡単にファイル共有を利用できる。

■安全なファイル共有を世界中で利用可能/FileAccess

ペアリング完了後は、インターネットに接続された PC の USB ポートへ iTwin の片側を接続するだけで、世界中どこからでもつがいとなる iTwin へ接続して、ファイルの編集、コピー、アップロードが安全に実行できる。
つがいとなる iTwin が接続された PC 同士でしか接続することはできないため、外部ユーザーから不正アクセスされる心配がなく高い安全性が注目だ。
また、片側の PC に接続された iTwin を取り外すだけで接続ができなくなるため、乗っ取りによる不正アクセス対策も簡単に防止できる。

■Dropbox に保存したファイルを暗号化/SecureBox

これまでのオンラインストレージサービスは便利な反面、セキュリティ面で不安があった。
iTwin SecureBox があれば、利用中の Dropbox と連携して、大切なデータを暗号化してオンラインストレージに移してくれる。
ファイル/フォルダ名も自動で置き換えられ、データの複合化には iTwin の挿入が必要となるため、乗っ取り被害などの不正アクセスにあっても、データを見られる心配はない。
例えば、パスワードをまとめた Excelファイルなどを、オンラインストレージに保存して、外出先からも閲覧できるようにしたい時、通常ならば、乗っ取り被害や通信内容の盗聴により閲覧されるリスクはある。
だが、iTwin を利用して Dropbox へ保存すれば、万が一 Dropbox へ不正アクセスされても、ファイルの中身を覗き見られる心配はない。

■Windows と Mac でもファイル共有

Windows 8 はもちろん、Mac OS X (Mavericks)にも対応しており、Mac と Mac 間での共有はもちろん、Mac と Windows 間でもファイル共有が実現できる。

詳しくは、http://itwin.add-soft.jp/


【お問い合わせ先】

販売元:株式会社エーディーディー
WEB:http://itwin.add-soft.jp/

株式会社エーディーディーのプレスリリース

おすすめコンテンツ

商品・サービスのビジネスデータベース

bizDB

あなたのビジネスを「円滑にする・強化する・飛躍させる」商品・サービスが見つかるコンテンツ

新聞社が教える

プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。