深江化成株式会社

事業概要

国内のプラスチック理化学用品で高いシェアを誇るWATSONブランドを提供する、ライフサイエンス、バイオテクノロジーに特化したプラスチック射出成形品メーカーです。当社はOEMでもライフサイエンス用品専門メーカーとしてクリーンルーム※での成形をはじめとした独自のノウハウを生かし、DNase/RNase/HumanDNA Free、低パイロジェン、電子線照射滅菌などを保証した製品を提供しております。また、マイクロスケールなどマイクロ単位の微細加工を施した製品の開発、既存プラスチック成形品のコストダウン、非樹脂製品のプラスチック化、成形品へのフィルター挿入やラックボックス、交換パッケージなど、設計から量産までトータルでご提供可能です。新製品開発時の技術協力も惜しみませんので是非お気軽にご相談ください。※標準でクラス10万の環境です。クラス1万のクリーンルームもございます。

取り組み姿勢

企業理念で謳っている「ものづくりからひろがる夢、そして希望。」その実現に向けて、若々しい情熱をもって取り組みを続けています。各部署が、相互にシナジーを発揮しながら、それぞれの事業分野において、研究者の皆様から最も支持される企業になる。そして、志を同じくする国内外の企業と一緒に、新しい価値の創造に挑戦していく。ライフサイエンス、バイオテクノロジーに特化したNo.1プラスチックメーカーを目指し、私たちはさらなる努力を続けてまいります。近年ではいち早くナノ・テクノロジー分野にも進出し、ナノ単位の微細加工を施したプラスチック射出成形品の量産技術の研究により新たなビジネス展開にも力を注いでいます。私たち深江化成は「ものづくり」の志を胸に、これからも研究者の皆様に品質で貢献する企業として、全力で取り組んでまいります。

企業概要

名称 深江化成株式会社
住所 〒651-2241
兵庫県 神戸市西区室谷2-2-7
設立 1966年
資本金 8812万5000円
従業員数 100人
URL

http://www.watson.co.jp

商品・サービス

プラスチック射出成形製品の設計から量産まで

▼ この企業を見た方は、下記のような企業も見ているようです。

  • 株式会社アパレルウェブ

    株式会社アパレルウェブは、“日本のファッションを世界へ”をミッションとし、主にウェブを活用し、アパレル業界を活性化させる事業を行う会社です。 具体的には、●ポータルサイ...

  • お客様のご要望を具体化する企画、デザイン、キャラクタ制作などをご提案させていただきます。 必要に応じて、グッズ製作の他、POP、チラシ等も含めたご提案もさせていただいており...

  • アートマネジメント研究所(心に届く手書き毛筆)

    一、書道 毛筆文字デザイン    観賞用書作品揮毫ならびに、商用ロゴなどの毛筆文字デザイン   (企業ロゴ、商品ロゴ、社是の額、書籍・映画の題字、挨拶状、名刺、他) 二、...

  • 社会インフラである家庭用エネルギーを創業以来80年にわたり生業としてきた老舗としての安定感を土台に持ちつつ、躍動感溢れる集団として新たな価値を創造し続け、成長を遂げている...

  • 株式会社ハート引越センター

    お近くのお引越しから長距離のお引越し、事務所の移転にいたるまで、安心・納得の価格とサービスでオンリーワンのお引越しをご提案いたします。

  • 株式会社SP-Logic

    <はいってルンバ> 個室トイレの使用状況を正しく伝えるシステムです。 <トイレ使用状況遠隔お知らせシステム> トイレ内で起こる異常事態を遠くに離れている人に 電話でダイレ...

  • 株式会社労務研究所

     「旬刊福利厚生」は福利厚生に関する日本唯一の専門誌です。企業調査,事例紹介を中心に企業の人事・総務部門で福利厚生の企画・運営に携わるご担当者様への情報提供を行っていま...

  • ◆CTIサービス提供 ◆自社開発のオンデマンドコンタクトセンターCTIサービス「CT-e1/SaaS」の提供、SaaS事業を展開 ◆パッケージ化 ◆CTIソリューション・パッケージの企画及び販売 ◆受託...

  • 株式会社神奈川こすもす

    葬儀サービスの提供 会館運営 保険代理店事業 セミナー・講演活動 霊柩事業

  • エスエイティーティー株式会社

    日本国内におけるeラーニングの導入初期からシステム及び教材コンテンツの受託開発を手掛けており、現在は汎用的なeラーニングの製品及びサービスを提供しています。 ・クラウド型学...

キーワードから企業を探す
地域から企業を探す
注目企業ランキング< 週間 >
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。