株式会社エディプラス

事業概要

羽根の無い撹拌体特許「エムレボ」のパテントホルダー企業です。
弊社は遠心撹拌体「エムレボ」の特許の「通常実施権」を商品と考えその特許のライセンスを行っております。
この革新的撹拌技術「遠心撹拌体・エムレボ」を使い自社で製品を製造販売なさいませんか?
弊社には契約で決めたライセンスフィーをお支払いいただくだけで、弊社から購入する必要はございません。
ライセンス企業様で製販いただくのが基本スタイルです。
ご購入をお考えの場合はライセンス企業をご紹介いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

取り組み姿勢

撹拌の新たな選択肢「羽根の無い遠心撹拌体 エムレボ」の特許権者企業(パテントホールディングカンパニー)です。
弊社は「安全、省エネ、高品位」を実現する革新的撹拌技術を広い分野でお使いいただくために、あえて自社製造販売は行わず「特許ライセンス(通常実施権のライセンス)の形でビジネスを行っております。
ライセンスのため、それぞれの企業様のアドバンテージを生かしたビジネス展開が可能です。
また、ご購入をお考えの企業様には、それぞれのご要望に合ったライセンス企業様をご紹介もいたします。
お気軽にご相談ください。

企業概要

名称 株式会社エディプラス
住所 〒330-0075
埼玉県 さいたま市浦和区針ケ谷1-16-17
設立 2010年3月30日
資本金 200万円
従業員数 2人
URL

http://eddyplus.co.jp/

商品・サービス

羽根の無い撹拌体特許通常実施権ライセンス

羽根の無い撹拌体特許通常実施権ライセンス

羽根の無い撹拌体「エムレボ」特許のパテントホールディング企業です。
弊社はこの「特許の通常実施権そのものを商品」と考え、ライセンスをご希望なさる企業様とライセンス契約を結びます。
弊社から製品を購入する必要はなく、自社にて設計、製造、販売をしていただけます。
購入をご希望になる企業様にはライセンス企業をご紹介いたします。
お気軽にお問い合わせください。

新聞掲載情報
フジサンケイビジネスアイ掲載

▼ この企業を見た方は、下記のような企業も見ているようです。

  • 【代表取締役社長】 飯沼 秀一 【ミッション】 コミュニケーションイノベーションで明るい未来を拓く - コミュニケーションギャップを埋める - 【ビジョン】 IPパートナーズは、...

  • 株式会社エー・クラン

    ホームページのことならどんなことでもご相談ください。 他と比較して「同価格ではクオリティは上」「デザイン力×価格」に相当、自信があります。 「クオリティ×価格」自信あり。...

  • 起業支援のコンサルティング事業を中心に行っております。 主にインターネットを使った物販ビジネス、マーケティング、セールス、コピーライティングなどのノウハウやスキルをお伝...

  • クリナップ株式会社

    システムキッチンなどの住宅設備機器の製造/販売

  • [各国政府及び300社以上の主要民間企業の実績があります。] 1)会議通訳業務(国際会議、セミナー、シンポジウム、ワークショップ、企業経営、国際折衝等の同時通訳業務、逐次通訳業...

  • 大野農場では「小江戸黒豚」という黒豚を飼育しています。 小江戸川越で繁殖から飼育まで一貫生産された「100%純粋黒豚(イギリス系バークシャー種)」のブランド豚です。 ・ハム...

  • 一般社団法人Happy-Casket

    小学生が様々な事を自ら学び成長できる場所。 もちろん、ご両親が安心して子どもを預けられる場所。 それが日本人チューターと外国人チューターで運営する民間学童保育Happy -CasketのAf...

  • 行政書士法人Climb

    あなたのビザの問題を解決します。 申請手続きも新設・丁寧・スピーディー ◆ビザ申請 ◆会社設立 ◆経営管理ビザ ◆帰化申請 事務所は「新宿」「池袋」から近い『高田馬場』で...

  • 株式会社Liquid

    ◯LIQUID Key ・主にオフィス・ホテル向けで、指紋認証・顔認証によりドアを解錠します。 ・カードを紛失する心配がなく、入退室および出退勤(タイムカード)管理も自動化でき、カー...

  • 一般社団法人フィンテックガーデン

    国内プログラマ、SEの中でトップクラスのコンピュータ技術者だけを集め、システム開発者の教育や支援をするために設立された社団法人です。税理士の会との提携によりフィンテック...

キーワードから企業を探す
地域から企業を探す
注目企業ランキング< 週間 >
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。