武田中小企業診断士・社会保険労務士事務所

事業概要

新潟県新潟市で事業再生支援(企業再生支援)を中心にしてWebマーケティングに強い「武田中小企業診断士・社会保険労務士事務所」は、資金繰りの悪化、債務超過、赤字等でお困りの中小企業の皆様へ事業再生(企業再生)の経営改善コンサルティングを行なっており、また、売上向上や組織力向上のために人事・賃金制度の構築や社員のモチベーション向上のコンサルティングも行っていますので、お気軽にご相談ください(初回相談料は無料です)。

取り組み姿勢

 私は、資金繰りが厳しいな中小企業者に対して「身近な中小企業の町医者」として事業再生、経営改善、資金繰り対策の支援を本格的に行っていこうという想いからこのホームページを立ち上げましたので、よろしくお願いします。 保有資格は、中小企業診断士、認定事業再生士(CTP)、特定社会保険労務士、ITコーディネータ、ファイナンシャルプランナー(AFP)、日本経営品質協議会セルフアセッサーですので、幅広い相談が可能です。 また、当事務所だけでは解決できない案件は、公認会計士、税理士、弁護士等との連携により、解決していますので、ご安心ください。

企業概要

名称 武田中小企業診断士・社会保険労務士事務所
住所 〒950-0116
新潟県 新潟市江南区北山721-2
設立 1997年4月1日
従業員数 1人
URL

http://www.n-takeda.com/

商品・サービス

事業再生

事業再生

厳しい経営環境を乗り切るために、金融機関対策を中心とした経営改善計画作成に取り組みたいが、自力での作成が困難な中小企業を対象に経営改善計画を策定するお手伝いをや的確なアドバイスを実施します。具体的には、現状分析により具体的な改善策を立案し、財務計画により借入金返済計画、資金繰り計画まで作成支援します。また、資金繰り改善、業績回復に向けた改善提案を行います。また、当事務所は、弁護士、公認会計士、税理士、社会保険労務士、その他の専門機関など、各分野の優秀な専門家と強力なネットワークを構築しており、経営全般のご相談を対応が可能です。

▼ この企業を見た方は、下記のような企業も見ているようです。

  • 株式会社トップゲート

    弊社は日本で唯一のGoogleのクラウドサービスであるGoogle Cloud Platformトレーニングパートナーです。 また同時に、Google Cloud Platformの再販可能なサービスパートナーでもあります。 Google Clo...

  • 株式会社ティル

    当社は営業のいないデザイン会社です。デザイナーが直接ヒアリングし制作いたします。なぜ、営業がいないか?それは、間に人を挟まないことで情報がぶれることなく、スピーディーに...

  • ◆リスクコンサルティング 現在、企業や個人を取り巻くリスクは多種多様化を極めており、加えてリスクは変化をしています。状況に合わせた対策をコンサルティングいたします。 ◆...

  • 株式会社Liquid

    ◯LIQUID Key ・主にオフィス・ホテル向けで、指紋認証・顔認証によりドアを解錠します。 ・カードを紛失する心配がなく、入退室および出退勤(タイムカード)管理も自動化でき、カー...

  • 太陽光発電システム販売 オール電化システム販売 環境装置販売 増改築リフォーム工事 水道設備工事 プロパンガス販売

  • Hair Salon ヘアサロン事業 Munku・HERBIEブランドを中心に15店舗展開しています。 多様化するお客様のニーズに合った、様々な形態の美容室を展開しております。 Bridal Makeup ブライダル...

  • 企業理念 『 お肌と心にうるおいを。そして、うるおいに満ちたセカイへ』を基に、人々の心身の支えとなる商品を開発し、商品を通じて、人・動物・自然がより良い姿で共生できる社会...

  • 株式会社労務研究所

     「旬刊福利厚生」は福利厚生に関する日本唯一の専門誌です。企業調査,事例紹介を中心に企業の人事・総務部門で福利厚生の企画・運営に携わるご担当者様への情報提供を行っていま...

  • 堀江車輌電装株式会社

    鉄道車両の整備・改造・点検 特定労働者派遣事業 有料職業紹介事業 ビルメンテナンス事業

  • 弊社は、ipad、iphone、アンドロイドアプリ、制御系、web系、業務系システムの開発を行っています。 また、花卉業界向けシステムも多数開発しております。 自社製品の生花店向けPOSレジ...

キーワードから企業を探す
地域から企業を探す
注目企業ランキング< 週間 >
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。