株式会社共達

事業概要

【事業内容・特長】
当社は、「人材・信頼・共生・効率・創造」を礎に、未来に向けて優れたソリューションを持ち、コンサルティングから運用・アウトソーシングまで、一流のサービスを提供する国際的情報サービスグループ企業を目指して参ります。
お客様のご要望に応じた「OS、DB、言語、ツール、フレームワーク」によるソフトウエア開発・保守サービスや、日本のお客様のご要望に基づくオフショア開発などを展開しております。
また、自社開発のソリューションでは、AI顔認証システムの販売も注力しております。

企業概要

名称 株式会社共達
住所 〒105-0014
東京都 港区芝1-9-3 芝マツラビル3F
設立 1998年1月6日
資本金 1億円
従業員数 290人
URL

https://www.cncsys.co.jp/

商品・サービス

AI顔認証&検温 ・ 入退管理システム SR-FACE

AI顔認証&検温 ・ 入退管理システム SR-FACE

当社は、都内のSI企業となります。
弊社自社開発のAI顔認証システムソリューションを開発しております。           顔認証システムの導入を検討している企業様、もしくは、販売代理店に興味がある企業様からの
ご連絡をお待ちしております。

※自社開発の「AI顔認証端末SR-Face」による社員の方々の入室管理、検温等
 URL:https://www.cncsys.co.jp/lp/sr-face/

■オフィス・工場への導入効果
・自動ドアや電子錠の開錠作業時間の短縮(手ぶらで開錠)
・顔認証者が発熱していた場合は、ドア開閉しない様にする設定可能(感染リスク対策)
・勤怠登録作業時間の短縮(ペーパーレス化)
・検温作業の時間短縮(従業員の生産性向上)
・セキュリティー対策として、ICカード紛失、なりすまし防止
・紛失カードの再発行業務、追加コスト発生防止(管理コスト削減)
・検温作業の非対面&非接触化(検温自動記録・コロナ感染症対策)
・ログの検索からエビデンス確認が可能
・プラスチックの削減(SDGs対策)

コロナ感染症対策製品としての助成金活用で、初期コストを大幅に削減して導入が可能です。

▼ この企業を見た方は、下記のような企業も見ているようです。

  • 株式会社フロンティアコンサルティング

    PR セールス コンサルティング

  • 会社代表電話として、お客様対応を致します。 御用件を伺い、折り返し対応の為の報告を致します。 簡単な受け答え(営業電話のお断り等)は同一料金内で対応致します。 料金には...

  • [各国政府及び300社以上の主要民間企業の実績があります。] 1)会議通訳業務(国際会議、セミナー、シンポジウム、ワークショップ、企業経営、国際折衝等の同時通訳業務、逐次通訳業...

  • 一般社団法人フィンテックガーデン

    国内プログラマ、SEの中でトップクラスのコンピュータ技術者だけを集め、システム開発者の教育や支援をするために設立された社団法人です。税理士の会との提携によりフィンテック...

  • 株式会社フルノシステムズ

    ■無線ハンディターミナル事業 物流から自動認識システムまで、産業とモノの情報化に貢献 モノの商品データをリアルタイムに無線でやりとりし、モノの情報化や業務支援を実現す...

  • 株式会社VOIX

    ニュースメディア「VOIX」を運営します。VOIXではビジネス・エデュケーション・ライフに関する最新情報を届けます。 特にVOIX Bizはメディアβ版ローンチの2020年以降、経営者を中心に多く...

  • 株式会社神奈川こすもす

    葬儀サービスの提供 会館運営 保険代理店事業 セミナー・講演活動 霊柩事業

  • マーケティングアソシエーション株式会社

    サービスや商品に関するお問い合わせ対応、顧客対応を代行します。 電話・メール・チャットなどのマルチチャネルを活用した各種コールセンター・コンタクトセンターの構築・運用・BP...

  • QY Research株式会社

    QYResearch(QYR)の発行する市場調査レポートでは全世界レベルの売上を各地域別に落とし込んで、消費額、収益、市場シェア、成長率などを提供します。また市場セグメント別の情報も同じ...

  • 弊社は、ipad、iphone、アンドロイドアプリ、制御系、web系、業務系システムの開発を行っています。 また、花卉業界向けシステムも多数開発しております。 自社製品の生花店向けPOSレジ...

キーワードから企業を探す
地域から企業を探す
注目企業ランキング< 週間 >
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。