CMBトレード(株式会社CMB)

事業概要

1.株式投資に関するコンサルティング及び投資教育業務
2.有価証券等に関する投資顧問業務
3.インターネットを利用した証券市場等に関する情報提供業務
4.前各号に掲げる業務の他、有価証券に係る投資顧問業の規制等に関する法律により営むことが出来る業務
5.前各号に付帯する一切の業務

取り組み姿勢

【経営理念】
CMBは、賢い投資家、賢い投機家の育成を通じて、
日本が、投資王国として発展していくことに貢献する。

【経営方針】
・CMBは、株式投資で資産を増やしたいという、個人投資家の切実なる願いが実現するように応援する。
・CMBは、顧客に対して常に誠実である事を約束する。
・CMBは、尊敬に値する方、相互に信頼関係が構築できると認められる場合にのみ契約する。

企業概要

名称 CMBトレード(株式会社CMB)
住所 〒183-0006
東京都 府中市緑町1丁目16番地1
設立 2005年9月9日
URL

https://www.cmb-fund.co.jp/

商品・サービス

CMBトレード塾講師紹介

・窪田剛
生まれ:1981年
出身:長野県
投資、トレード歴:15年以上
略歴:オンライン株式スクールの「株の学校ドットコム」、株式会社CMBの「CMBトレード塾」にて講師を務め、宇宙・医療関連のベンチャー企業に投資を行っている。
窪田剛の著者:株の学校CD-ROM付(高橋書店 2015年)
株の学校 超入門(高橋書店 2017年)
株の学校 改訂新版(高橋書店 2019年)

・岡田博史
出身:千葉県
投資、トレード歴:15年以上
略歴:消費者金融事業を経て株式投機を開始、その後トレーダーとして活動

・山岸熱男
出身:大阪府
投資、トレード歴:15年以上
略歴:メーカを経て自動車販売会社を設立その後トレーダーとして活動

・武森順一
生まれ:1974年
出身:千葉県
投資、トレード:10年以上
略歴:トレードをしながら各種コンテンツの企画、制作やセミナー企画運営、講師しとて活動

▼ この企業を見た方は、下記のような企業も見ているようです。

  • 株式会社コンシェルジュ

    コンシェルジュは、LINE、Facebook Messengerなどのチャットシステムに自動応答のボットを簡単に導入できるサービスです。あなたのサービスに自動応答チャットボットを導入しましょう! ...

  • 株式会社Liquid

    ◯LIQUID Key ・主にオフィス・ホテル向けで、指紋認証・顔認証によりドアを解錠します。 ・カードを紛失する心配がなく、入退室および出退勤(タイムカード)管理も自動化でき、カー...

  • 声紋分析のソフトウェアを使い、『声』から現在の自分自身の個性や特性を読み取ります。 その状況になった背景をすり合わせながらクライアントが自分自身で解決・変化していけ...

  • 株式会社ネオレックス

    MyStats(マイスタッツ)は、ピーター・ドラッカー氏の時間管理に関する言葉をきっかけに開発された、自己管理支援のための無料iPhoneアプリです。 「時間アクティビティ」では、「いつ...

  • 株式会社SP-Logic

    <はいってルンバ> 個室トイレの使用状況を正しく伝えるシステムです。 <トイレ使用状況遠隔お知らせシステム> トイレ内で起こる異常事態を遠くに離れている人に 電話でダイレ...

  • 食王オリジナル「王冠の雫」シリーズと「おじにいの調味料」シリーズは、 食品添加物を一切使用せず、食材の旨味を最大限に引き上げます。 ●「王冠の雫」シリーズ  琥珀(こは...

  • sid株式会社 Harehare事業部

    素材の特性を活かし、通常は工事の手間や、手入れが大変な シャンデリアを、harehareの軽量でガラスを超える透明度の素材で制作。 その他にも、グラスやワインクーラーなども制作。

  • クリナップ株式会社

    システムキッチンなどの住宅設備機器の製造/販売

  • 株式会社アパレルウェブ

    株式会社アパレルウェブは、“日本のファッションを世界へ”をミッションとし、主にウェブを活用し、アパレル業界を活性化させる事業を行う会社です。 具体的には、●ポータルサイ...

  • 株式会社VOIX

    ニュースメディア「VOIX」を運営します。VOIXではビジネス・エデュケーション・ライフに関する最新情報を届けます。 特にVOIX Bizはメディアβ版ローンチの2020年以降、経営者を中心に多く...

キーワードから企業を探す
地域から企業を探す
注目企業ランキング< 週間 >
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。