ケイ・ランゲージ・ラボ

事業概要

英語・日本語・中国語、各種コミュニケーションの教育・研修事業 個別指導・家庭教師派遣業 個人から団体・法人研修まで受注。通学・通信コースあり。さらに翻訳・執筆・校正業務を受注。翻訳・校正等は日本全国対応可能。

取り組み姿勢

常にお客様の立場で物事を考え、「個々にあわせてテーラーメイド」の実現に努めています。働く者が互いに喜びと生きがいを発見する人間成長の場として、真のプロフェッショナリズムを追求し続けます。私たちは、スピードと良質を追求し、プロ意識を持って、顧客感動の創造に向けて、常に改善・前進します。

企業概要

名称 ケイ・ランゲージ・ラボ
住所 〒158-0098
東京都 世田谷区上用賀6-27-5-303
設立 2004年4月1日
URL

https://keilanguage.jimdofree.com/

商品・サービス

サービス概要

サービス概要

子供から大人まで、補習・進学から生涯学習・カルチャー・ビジネス・ニーズに幅広く対応。日本語・中国語・英語コースを開設。その他算数・数学・各種資格取得支援を行う
学習カウンセリングを行い、個々のニーズに合わせて、テーラーメイド・レッスンを提供
個人指導のほか、団体・法人向け福利厚生・研修としてのレッスンを提供

各種コミュニケーション、語学について、団体・集中研修にも応じる。現在は教育・進路に関する調査・研究をはじめ、進学・就転職に関する相談を随時受付
対象地域:東京・神奈川県東部中心

2004年9月「ことば工房」(通訳・翻訳部門)開設。中国語・英語・日本語の翻訳・校正・執筆について受注。Web執筆・翻訳、広報物を中心に、簡易な内容から特許関連、専門内容まで幅広くカバー。単発受注を基本として、通訳は東京都内、翻訳は日本全国で対応
専門家とのアライアンスも充実

▼ この企業を見た方は、下記のような企業も見ているようです。

  • 株式会社トップゲート

    弊社は日本で唯一のGoogleのクラウドサービスであるGoogle Cloud Platformトレーニングパートナーです。 また同時に、Google Cloud Platformの再販可能なサービスパートナーでもあります。 Google Clo...

  • sid株式会社 Harehare事業部

    素材の特性を活かし、通常は工事の手間や、手入れが大変な シャンデリアを、harehareの軽量でガラスを超える透明度の素材で制作。 その他にも、グラスやワインクーラーなども制作。

  • 株式会社エー・クラン

    ホームページのことならどんなことでもご相談ください。 他と比較して「同価格ではクオリティは上」「デザイン力×価格」に相当、自信があります。 「クオリティ×価格」自信あり。...

  • 株式会社SP-Logic

    <はいってルンバ> 個室トイレの使用状況を正しく伝えるシステムです。 <トイレ使用状況遠隔お知らせシステム> トイレ内で起こる異常事態を遠くに離れている人に 電話でダイレ...

  • [各国政府及び300社以上の主要民間企業の実績があります。] 1)会議通訳業務(国際会議、セミナー、シンポジウム、ワークショップ、企業経営、国際折衝等の同時通訳業務、逐次通訳業...

  • システム基盤最適化のためのITコンサルティング サーバ・ストレージ・ネットワーク・データベース・クラウド基盤技術など企業システム向けインフラの設計・構築支援 業界標準技術に...

  • 数席の小規模電話窓口から100席以上の大規模コールセンターまで、あらゆるコールセンターのニーズを満たしてきたクラウドCTI『CT-e1/SaaS』。 これまでのコールセンターで親しまれたき...

  • 山利商事株式会社

    MY(エムワイ)ジョイントは、塩ビ管と鉛管をつなぐ定番のジョイントです。 ユニオン式(画像左)とフランジ式(画像右)があり、施工に合わせて選択できます。 ※MY(エムワイ)...

  • 株式会社ネオレックス

    MyStats(マイスタッツ)は、ピーター・ドラッカー氏の時間管理に関する言葉をきっかけに開発された、自己管理支援のための無料iPhoneアプリです。 「時間アクティビティ」では、「いつ...

  • Report Insights is the best solution to get the finest market research reports for different business categories.

キーワードから企業を探す
地域から企業を探す
注目企業ランキング< 週間 >
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。