株式会社幸立工業

事業概要

創業以来、メカトロニクス、エレクトロニクス、ソフトウエア技術を複合させた商品を、設計から組立まで一貫して提供している会社です。
医療用顕微鏡レンズアダプタなど光学関連機器、赤外線PET専用膜厚判定機をはじめとする検査装置、X-Y-Zなどの多軸駆動ステージ、これらの機器を制御するソフトウェア開発など、これまで培った技術基盤を活かしつつ新しい価値を創造する製品開発を続けております。
また、半導体製造検査装置などのロボットメンテナンスを請負っております。
これからも、最新のニーズに応えられる製品開発に取り組んでまいります。

企業概要

名称 株式会社幸立工業
住所 〒208-0034
東京都 武蔵村山市残堀1-111-1
設立 1977年4月1日
資本金 3000万円
従業員数 16人
URL

https://www.kouritu-inc.com/

商品・サービス

強力な殺菌力と安全性を兼ね備えた超コンパクト次亜塩素酸水生成器【KHM-1】

強力な殺菌力と安全性を兼ね備えた超コンパクト次亜塩素酸水生成器【KHM-1】

【製品の概要】 次亜塩素酸水は、ノロウィルスやインフルエンザ等のウィルスを死滅するこができ、人体に無害なため、食材や調理器具、手指やベビー用品、ペット用具の除菌・消臭に使われています。 「KHM-1」は1回のセットで毎時360ℓの次亜塩素酸水を生成することができ、幅が約20cmというコンパクトサイズのため、食品工場や保育施設、老人介護施設などにちょうど良い大きさとなっています。 高濃度の次亜塩素酸水をたっぷりと生成できるため、HACCP対策としての導入にもおすすめです。

【背景】
多くの介護施設や保育施設で既に次亜塩素酸水は利用されていますが、施設内で次亜塩素酸水を生成するのではなく、次亜塩素酸水を毎月購入しているのが現状となっております。使用量を気にせずに、気軽に衛生管理に用いることができるような次亜塩素酸水生成器を開発致しました。

<3つの特長>
1:■幅222mmのコンパクトサイズ
2:■120ppm,6L/分の高濃度大流量
3:■pH7(中性)で高殺菌力、低刺激性

▼ この企業を見た方は、下記のような企業も見ているようです。

  • ◆CTIサービス提供 ◆自社開発のオンデマンドコンタクトセンターCTIサービス「CT-e1/SaaS」の提供、SaaS事業を展開 ◆パッケージ化 ◆CTIソリューション・パッケージの企画及び販売 ◆受託...

  • 株式会社オロ

    オロは、アイデアとテクノロジーにより企業の内側と外側を強くするソリューションプロバイダーです。 企業の内側を強くするソリューションとは、業務効率化や生産性向上などの経営...

  • 株式会社携帯市場

    ●中古携帯電話買取販売事業 <買取サイト> スマートフォン買取:https://スマートフォン買取.jp/ 対象商品は、スマートフォンを始め、ガラケー、タブレット、ルーターで、どんなに古...

  • ギトウシステムズ株式会社

    工業用USB3.0カメラから伝送されてくる映像データを非圧縮で記録していきます。標準品で最大4Kx2Kの画像を最大21枚記録することができます。また、FullHDサイズであれば毎秒60枚の画像の記...

  • オーティコン補聴器

    1904 年にデンマークで創設されたオーティコン社の日本支社がオーティコン株式会社(www.oticon.co.jp)です。オーティコンは先進のノンリニア補聴器、フルデジタル補聴器および人工知能補...

  •  

  • 株式会社フルノシステムズ

    ■無線ハンディターミナル事業 物流から自動認識システムまで、産業とモノの情報化に貢献 モノの商品データをリアルタイムに無線でやりとりし、モノの情報化や業務支援を実現す...

  • コンテンツ記事制作をしております。 クライアントから執筆依頼頂き、ライターに外注するのがメインです。

  • 株式会社MapleSystems

    ◆iPhone/iPad/Android端末アプリ 当社独自で企画開発した、iPhone/Android端末用アプリケーションのご紹介です。 大手コンシューマー様との共同開発や請負開発など、多岐に渡るスマートフォン...

  • 株式会社D.DiRECT

    弊社は ◆医療機関・介護事業者の新規開業支援を中心としたコンサルティング事業  ◆神奈川県西湘地域を中心としたデベロップ事業  ◆クリニック・介護施設等の設計事業  の3つ...

キーワードから企業を探す
地域から企業を探す
注目企業ランキング< 週間 >
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。