株式会社インベストメントカレッジ

事業概要

インベストメントカレッジは社会人向けの投資コンテンツ販売・教育事業を展開し、投資で資産を増やしたいすべての方に向けた教材を提供しております。

我々は「投資の仕方を教えてくれる人」から投資を学ぶよりも、「投資で成果を上げている人」が実際に取り組んでいる投資戦略を学ぶ事が成功への近道だと考えます。投資で資産を増やしたいすべての方に本物の情報をお届けし、投資での成功をサポートします。

取り組み姿勢

私達のミッションは、日本の投資教育を推進する事で、日本を経済の分野だけじゃなく投資分野においても強い国にする事です。日本は経済では世界第3位の経済大国ですが、投資分野においては悲惨な状況にあります。FXブームをきっかけに日本でも投資について多少なりとも理解が出てきましたが、それでもまだ自分で責任を取れないような投資をしてしまっているのが現状です。そうしてできたのがレバレッジ規制です。

日本に必要なものは、規制ではなく、投資に関する正しい教育です。

インベストメントカレッジでは、維新流トレード術をはじめとする、FXなどの投資のノウハウをオンライン学習スタイルで提供しています。トレード学習教材は、常に新しい学習理論とWEBテクノロジーを集結したオンラインアカデミーで学ぶことができます。
投資についての正しい知識を持った多くの個人投資家が活躍する社会を目指し、日々努力しています。

企業概要

名称 株式会社インベストメントカレッジ
住所 〒541-0052
大阪府 大阪市中央区安土町2-3-13 大阪国際ビルディング13F
設立 2011年9月15日
資本金 1000万円
URL

https://investmentcollege.jp/

商品・サービス

維新流トレード術

維新流トレード術

維新流トレード術とは、プロのFXトレーダー維新の介が作り上げたトレード理論です。
維新の介は、リーマンショックの大暴落相場で、億を稼ぐことに成功したほどの実力の持ち主です。テクニカル分析の王道、「トレンドフォロー」を余すところなく研究し、大衆心理を利用して行うトレード術が維新流トレード術です。

維新の介は多くの投資家にトレード理論を伝える中で、いまも日々成長しています。
維新流トレード術は更にシンプルに、更に高精度に、進化し続けています。

インベストメントカレッジでは、この絶え間なく進化する維新流トレード術を多くのトレーダーが習得し、自身のトレードに活かせていけるよう、日々投資教育プログラムの開発、研究を続けています。

▼ この企業を見た方は、下記のような企業も見ているようです。

  • 日揮株式会社

    1.各種プラント・施設に関するコンサルテーション、事業計画、基本設計、詳細設計、機材調達、 建設工事、試運転、オペレーション、メンテナンス 2.石油・ガス・資源開発、ユーティ...

  • シーズンソリューション株式会社

    生活雑貨や文房具など、約7,500品のノベルティグッズ用素材商品をお取扱いする卸販売サイトです。2008年のサービス開始より、企業や団体、行政機関を中心に3万社を超えるユーザーにご...

  •  

  •  

  • 株式会社アパレルウェブ

    株式会社アパレルウェブは、“日本のファッションを世界へ”をミッションとし、主にウェブを活用し、アパレル業界を活性化させる事業を行う会社です。 具体的には、●ポータルサイ...

  • 株式会社アダムスコミュニケーション

    1979年の設立以来、電話を活用した様々なビジネスに挑戦し続け、スキルの蓄積と調査精度向上のための取り組みを行ってまいりました。 その品質・実績・規模から、日本における最大...

  • 株式会社ボングゥー

    ■ボングゥーがプロデュースした主な展覧会 2008年 足立区主催<ART ADVANCE ADACHI 2008>(東京/シアター1010) 2009年 <ART ADVANCE MITSUKOSHI>(日本橋三越本店) 2010年 現代美術期待の新星5...

  • 株式会社フルノシステムズ

    ■無線ハンディターミナル事業 物流から自動認識システムまで、産業とモノの情報化に貢献 モノの商品データをリアルタイムに無線でやりとりし、モノの情報化や業務支援を実現す...

  • クリナップ株式会社

    システムキッチンなどの住宅設備機器の製造/販売

  • ハウスバード株式会社

    私たちの事業内容は、セカンドハウス・ゲストハウス・別荘などをプロデュースすることです。 高利回りが期待できるエリアの不動産選定から旅館業免許取得、リノベーション、ゲスト...

キーワードから企業を探す
地域から企業を探す
注目企業ランキング< 週間 >
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。