有限会社ハディズ・インターナショナル

事業概要

ハディズ・インターナショナルでは、機械・電動製品・工具・電動工具等の買取を行っております。 ご家庭で使用していた一般的な機械や工具・電動工具、工場や工事現場などで使用する大型の電動機具なども買取可能です。 中古・新品・未使用等は問いません。豊富な専門知識を持った当社では、様々な機械や工具を対応・査定・買取いたしております。天体望遠鏡買取、顕微鏡買取、発電機買取、建築機械買取など、その他様々なジャンルの製品の高額買取の実績も多数ございます。日本全国対応しています。出張買取、宅配買取、持込買取可能です。

企業概要

名称 有限会社ハディズ・インターナショナル
住所 〒350-1327
埼玉県 狭山市笹井1-33-5
設立 1998年
資本金 300万円
従業員数 6人
URL

https://mac-hadis.com/

商品・サービス

機械・電動製品・工具・電動工具等の買取

機械・電動製品・工具・電動工具等の買取

ハディズ・インターナショナルでは、機械・電動工具等の買取を行っています。豊富な専門知識を持った当社では、他店よりも正当な価格査定、買取には自信があります。高額買取の実績も多数ございます。ご不要になられました機械・電動工具は是非ハディズにお売り下さい。

◆買取品目の一例◆
・溶接機買取
┗エンジン溶接機買取,TIG溶接機買取等
・望遠鏡買取・双眼鏡買取
┗天体望遠鏡買取等
・マシーニング機械買取
┗旋盤買取,フライス盤買取等
・板金機械買取
┗油圧ベンダー買取,エアープラズマ切断機買取等
・鉄骨機械買取
┗バンドソー買取,鉄骨買取等
・水道機械買取
┗エアーレス塗装機買取等
・大工機械買取
・医療機器買取
 ┗光線治療器買取,コウケントー買取等
・農機・農機具・農業機械買取
┗トラクター買取,耕耘機買取等

リストに載っていない製品でもHPよりお気軽にお問い合わせください♪日本全国対応、お見積り・配送料・出張費無料です。

▼ この企業を見た方は、下記のような企業も見ているようです。

  • 株式会社ANGEWORK

    Runtime STL Loader は、スマホ向け3D開発ツールであるUnity(別名:Unity3D)で、3Dプリンターや3Dスキャナーの独自フォーマット「STL」を表示可能にするプラグインです。 Unityは、スマートフォ...

  • 通信システム、情報処理システムおよび電子デバイスの製造・販売ならびにこれらに関するサービスの提供

  • ジョイテック株式会社

    普通のホワイトボードにマグネット対応タッチセンサーを取り付けると、普通のマーカーで板書した内容をデジタル化することができます。 板書の内容はパソコン・スマホ・タブレット...

  • エヌビディア合同会社

    車は人工知能 (AI)により見る、考える、学習するという能力をもち、無限のドライビング シナリオをナビゲートしますNVIDIA は AI とディープラーニングの力を利用してスマートで安全な自...

  • 株式会社コンシェルジュ

    コンシェルジュは、LINE、Facebook Messengerなどのチャットシステムに自動応答のボットを簡単に導入できるサービスです。あなたのサービスに自動応答チャットボットを導入しましょう! ...

  • サーチファーム・ジャパン株式会社

    企業が希望する要件を満たす人材をピンポイントで発掘するのがエグゼクティブサーチ(サーチ/スカウト型)という手法です。 日本では1970年代より、在日外資系企業によりエグゼクテ...

  • 堀江車輌電装株式会社

    鉄道車両の整備・改造・点検 特定労働者派遣事業 有料職業紹介事業 ビルメンテナンス事業

  • アートマネジメント研究所(心に届く手書き毛筆)

    一、書道 毛筆文字デザイン    観賞用書作品揮毫ならびに、商用ロゴなどの毛筆文字デザイン   (企業ロゴ、商品ロゴ、社是の額、書籍・映画の題字、挨拶状、名刺、他) 二、...

  • sid株式会社 Harehare事業部

    素材の特性を活かし、通常は工事の手間や、手入れが大変な シャンデリアを、harehareの軽量でガラスを超える透明度の素材で制作。 その他にも、グラスやワインクーラーなども制作。

  • 【代表取締役社長】 飯沼 秀一 【ミッション】 コミュニケーションイノベーションで明るい未来を拓く - コミュニケーションギャップを埋める - 【ビジョン】 IPパートナーズは、...

キーワードから企業を探す
地域から企業を探す
注目企業ランキング< 週間 >
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。