有限会社メープルリーフ《コンサルティングチームM&I》

事業概要

有限会社メープルリーフは宿泊観光業とコンサルタント業を営んでいます。
働き方改革・労働環境改善を主とするコンサルティングでは、『職場の受動喫煙防止対策』と『人事評価制度の構築と運用支援』という2本の柱で活動しており、特に受動喫煙防止への技術支援という点では日本で唯一無二の存在であると自負しています。

取り組み姿勢

職場の受動喫煙防止対策は、もともと厚生労働省の受託事業として開始しました。
現在では日本を代表する企業の喫煙室調査をはじめ、メーカーとの協業による加熱式タバコへの切換え促進啓蒙なども行っています。
喫煙者と非喫煙者が共にストレスなく過ごせるワークスペースの実現を目指していますので、都心部の大手企業だけでなく少しでも裾野を広げていきたいと考えています。

企業概要

名称 有限会社メープルリーフ《コンサルティングチームM&I》
住所 〒321-1421
栃木県 日光市所野1541-1502
設立 1986年11月1日
資本金 300万円
従業員数 4人
URL

http://maple-mi.webnode.jp/

商品・サービス

労働環境改善支援(受動喫煙防止と人事評価制度)

労働環境改善支援(受動喫煙防止と人事評価制度)

【職場の受動喫煙防止対策】
喫煙者と非喫煙者が共にストレスなく過ごせるワークスペースの実現を目指し、専門機器による喫煙スペースの調査と改善支援を行っています。同時に、IQOSやgloといった加熱式タバコ専用スペースへの改修といったご相談も、メーカーを巻き込んで承ります。

【人材育成と評価制度】
政府の進める働き方改革に沿って、会社と社員が共に潤う評価システムの導入と運用を支援します。

プレスリリース
有限会社メープルリーフ《コンサルティングチームM&I》からの発信情報

▼ この企業を見た方は、下記のような企業も見ているようです。

  • 一般社団法人Happy-Casket

    小学生が様々な事を自ら学び成長できる場所。 もちろん、ご両親が安心して子どもを預けられる場所。 それが日本人チューターと外国人チューターで運営する民間学童保育Happy -CasketのAf...

  • sid株式会社 Harehare事業部

    素材の特性を活かし、通常は工事の手間や、手入れが大変な シャンデリアを、harehareの軽量でガラスを超える透明度の素材で制作。 その他にも、グラスやワインクーラーなども制作。

  • 株式会社横引シャッター

    ・上から下へ上げ下げするシャッターではなく、駅の売店の様に横に引く【横引きシャッター】(電動・手動共) ・天井や由香が開閉出来る【水平引きシャッター】(電動・手動共) ・...

  • 株式会社アパレルウェブ

    株式会社アパレルウェブは、“日本のファッションを世界へ”をミッションとし、主にウェブを活用し、アパレル業界を活性化させる事業を行う会社です。 具体的には、●ポータルサイ...

  • 【代表取締役社長】 飯沼 秀一 【ミッション】 コミュニケーションイノベーションで明るい未来を拓く - コミュニケーションギャップを埋める - 【ビジョン】 IPパートナーズは、...

  • アートマネジメント研究所(心に届く手書き毛筆)

    一、書道 毛筆文字デザイン    観賞用書作品揮毫ならびに、商用ロゴなどの毛筆文字デザイン   (企業ロゴ、商品ロゴ、社是の額、書籍・映画の題字、挨拶状、名刺、他) 二、...

  • 株式会社サンワールド・ツアーズ

    株式会社サンワールド・ツアーズでは、海外との事業に長年の経験を持つ社員が在籍しております。海外事業を開始するためのサポート(一部有料)を承ります。 実績としては、米国、...

  • 株式会社アークアカデミー

    1) 日本語研修のための、国内・海外への日本語教師専門家の派遣・紹介を実施しております。 2) 外国人・留学生のアルバイト・就職・キャリアの人材紹介を実施しております。 ...

  • 株式会社スタックアンドスタック

    あなたの価値はもっと高い。コーチ、コンサルタント、カウンセラーなどの個人起業家や中小企業の経営者向けに、ブランド高単価化のコーチングをしております。詳細は下記をご照覧く...

  • ・ブルースカイランドリー本部事業 ・ブルースカイランドリー店舗誘致 ・ブルースカイランドリー店舗運営サポート ・コインランドリー機器販売 ・ブルースカイランドリー直営店運...

キーワードから企業を探す
地域から企業を探す
注目企業ランキング< 週間 >
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。