株式会社ファンラン

事業概要

株式会社ファンランはソフトウェア・アプリの受託開発会社です。
①ソフトウェア・アプリの一括受託開発
 日本・中国・ベトナム・フィリピンでのソフトウェア・アプリの一括受託開発(オフショア開発)
日本で受注して中国・ベトナム・フィリピンでシステム・ソフトウウェア・アプリの設計・製造から請負で行います。(上流工程から下流工程まで。)現地での受託開発及び日本で受託開発
ビジネスチャンス・ナビ2020のパートナー企業です。








取り組み姿勢

株式会社ファンラン(旧株式会社マックスインフォテック)はシステム、ソフトウェア、アプリの受託開発会社です。
日本で受注し、日本や中国やフィリピン、ベトナム・ミャンマーでシステムやソフトウェア・アプリの開発をしています。
帆軟軟件有限公司の日本代理店です。
「FinePeport」の販売と関連サービスを提供しています。もしも運用や保守で課題をお持ちの企業がありましたらメールでお問い合わせください。



企業概要

名称 株式会社ファンラン
住所 〒260-0017
千葉県 千葉市要町2-16 ロザール東千葉304号
設立 2006年10月30日
資本金 300万円
従業員数 3人
URL

http://www.innovations-i.com/is/14905.html

商品・サービス

ITソリューションサービス(受託開発・システム導入)

株式会社ファンランは、システム、ソフトウェア・アプリの受託開発会社です。日本で受注して日本・中国・フィリピン・ベトナムで開発します。
下記の業務も行っています。システム開発は現在、中国・ベトナム・フィリピンで行っています。
海外ビジネスサポート
 海外事業にチャレンジする日系企業様をバックアップします。
 日本に進出する外資企業のサポートします。
①中国ビジネスのサポート
 ・現地視察アテンドサービス
 ・販売チャネル構築
 ・ビジネスプラン立案 支援

②ITソリューションサービス
 中国・アセアンで事業を展開しているあるいはこれから事業を展開するお客様のニーズに応じ、最適な体制を構築し、ご提案致します。
 ・業務管理ソフトの選定~定着/ハード調達、インフラ構築、カスタマイズなど
 ・オフショア開発
  システム開発・ソフトウェア・アプリの開発(日本で受注し中国、ベトナム、フィリピンで開発します)
 ・IT技術者紹介(日本・中国・フィリピンでシステム開発要員紹介)

③ウェブソリューションサービス
 顧客囲い込みを目的とした会員向けサービスサイト、ブランドサイト、キャンペーンサイト、ECサイトなど、各種ウェブシステムの構築やコーポレートサイト(会社サイト)の制作など、お客様の海外市場におけるウェブ戦略をバックアップします。
 ・ウェブプランナーによる現状分析、改善提案
 ・サイトデザイン、基本設計、実装、テスト

④外資系企業の日本でのビジネスサポート 。(中国語・英語・日本語対応)
 ・現地視察アテンドサービス
 ・販売チャネル構築
 ・ビジネスプラン立案

外国企業日本法人のホームページとロゴマークの制作はぜひ当社に!日本で制作します。
⑤IT化支援(中国・日本・フィリピンでITシステム導入と運用のコンサル)
 パッケージソフトの導入支援
上海商諾信息科技有限公司は、中国のパートナーです。


株式会社ファンラン発信情報
プレスリリース もっと見る

株式会社ファンラン

▼ この企業を見た方は、下記のような企業も見ています。

  • ◇Goalous ゴール達成への最強にオープンな社内SNS ◇くらまね くらまね=クラウドマネジメント ISAOのクラウドマネジメントサービスのブランドです ◇Mamoru 『Mamoru』は、パスワード...

  • 株式会社ブリスコラ

    当社は、クラウドをはじめ最先端テクノロジ(ビッグデータ/アナリティクス、IoT/M2M、センサー、機械学習など)を梃子に成長・発展への改革へ舵を取る企業の皆様を対象に、独自性・有...

  • メディアシステム株式会社

    メディアシステムが扱うアミューズメント業界No.1の情報量を誇るクラウド型情報分析システム『エンタープライズ』は、2010年にサービスを開始し、約5年で業界全体の60%を上回...

  • 株式会社ネオレックス

    MyStats(マイスタッツ)は、ピーター・ドラッカー氏の時間管理に関する言葉をきっかけに開発された、自己管理支援のための無料iPhoneアプリです。 「時間アクティビティ」では、「いつ...

企業検索
注目企業ランキング< 週間 >
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。