マレリーク

事業概要

遺品整理業務
特殊清掃業務
消臭業務
生前整理業務
デジタル遺品整理業務

取り組み姿勢

「マレリーク」という社名にしたのは、フランス語で「私の遺品」という意味があるからです。お客様の遺品を「ゴミ」や「不用品」として扱うことはしません。どんな物でも遺族からすれば「大切な遺品」だからです。その大切なお客様の遺品を、他人に整理を任せるのは、本当に不安な事だと思います。

マレリークは、まず故人の気持ち、ご遺族の気持ちを第一に考え、お客様の遺品は、「私の遺品」のように大切に扱う、思うことを第一に考え、これからもこの業界を支え続けて行きたいと思っております。

企業概要

名称 マレリーク
住所 〒572-0084
大阪府 寝屋川市香里南之町21-9田島ビル1F
設立 2014年1月16日
資本金 700万円
従業員数 20人
URL

http://www.marelique.com/

商品・サービス

遺品整理のマレリーク

我々マレリークでは、遺品整理業務を始め、デジタル遺品整理、特殊清掃、消臭業務、遺品買取、生前整理など、遺品に関する業務を手がけています。

今、社会問題となっている高齢化問題・孤独死など我々遺品整理の仕事に携わる問題が急増しています。

遺族の方も本当は自分たちで片づけをしたいという気持ちがあるのは事実です。ただ、遺品整理は事情によっては専門的な知識を必要とするため、自分ではどうにもできないケースが非常に多いというのが事実です。

そこで我々がお客様に代わって、「安心・安全・明朗会計」で、不法投棄などしない「地球にやさしいリサイクル方法」を確立させ、お客様のお手伝いをさせて頂きます。

「マレリーク」という社名にしたのは、フランス語で「私の遺品」という意味があるからです。お客様の遺品を「ゴミ」や「不用品」として扱うことはしません。どんな物でも遺族からすれば「大切な遺品」だからです。その大切なお客様の遺品を、他人に整理を任せるのは、本当に不安な事だと思います。

マレリークは、まず故人の気持ち、ご遺族の気持ちを第一に考え、お客様の遺品は、「私の遺品」のように大切に扱う、思うことを第一に考え、これからもこの業界を支え続けて行きたいと思っております

▼ この企業を見た方は、下記のような企業も見ているようです。

  • オーティコン補聴器

    1904 年にデンマークで創設されたオーティコン社の日本支社がオーティコン株式会社(www.oticon.co.jp)です。オーティコンは先進のノンリニア補聴器、フルデジタル補聴器および人工知能補...

  • 株式会社コンシェルジュ

    コンシェルジュは、LINE、Facebook Messengerなどのチャットシステムに自動応答のボットを簡単に導入できるサービスです。あなたのサービスに自動応答チャットボットを導入しましょう! ...

  • トップアスリートのコンディション管理 コンディショニングジム運営・管理 チーム・学校法人とのアドバイザー契約 企業・団体向け、従業員パフォーマンス管...

  • 株式会社フルノシステムズ

    ■無線ハンディターミナル事業 物流から自動認識システムまで、産業とモノの情報化に貢献 モノの商品データをリアルタイムに無線でやりとりし、モノの情報化や業務支援を実現す...

  • シロアリ駆除の株式会社日本リメイク(所在地:埼玉県さいたま市)は、シロアリ駆除サービス『シロアリ革命』(https://www.shiroari-kakumei.jp/)の一律15万円のサービス(シロアリ安心パック...

  • 【代表取締役社長】 飯沼 秀一 【ミッション】 コミュニケーションイノベーションで明るい未来を拓く - コミュニケーションギャップを埋める - 【ビジョン】 IPパートナーズは、...

  • 食王オリジナル「王冠の雫」シリーズと「おじにいの調味料」シリーズは、 食品添加物を一切使用せず、食材の旨味を最大限に引き上げます。 ●「王冠の雫」シリーズ  琥珀(こは...

  • 株式会社スタックアンドスタック

    あなたの価値はもっと高い。コーチ、コンサルタント、カウンセラーなどの個人起業家や中小企業の経営者向けに、ブランド高単価化のコーチングをしております。詳細は下記をご照覧く...

  • 株式会社ケーコーポレーション

    弊社は「高精度赤外線カメラ」を使用し、的確で高精度・低コストの外壁診断をおこなっております。 従来の外壁全面打診・赤外線調査と異なり、細かい分析・調査を行える赤外線サー...

  • 株式会社フロンティアコンサルティング

    PR セールス コンサルティング

キーワードから企業を探す
地域から企業を探す
注目企業ランキング< 週間 >
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。