マレリーク

事業概要

遺品整理業務
特殊清掃業務
消臭業務
生前整理業務
デジタル遺品整理業務

取り組み姿勢

「マレリーク」という社名にしたのは、フランス語で「私の遺品」という意味があるからです。お客様の遺品を「ゴミ」や「不用品」として扱うことはしません。どんな物でも遺族からすれば「大切な遺品」だからです。その大切なお客様の遺品を、他人に整理を任せるのは、本当に不安な事だと思います。

マレリークは、まず故人の気持ち、ご遺族の気持ちを第一に考え、お客様の遺品は、「私の遺品」のように大切に扱う、思うことを第一に考え、これからもこの業界を支え続けて行きたいと思っております。

企業概要

名称 マレリーク
住所 〒572-0084
大阪府 寝屋川市香里南之町21-9田島ビル1F
設立 2014年1月16日
資本金 700万円
従業員数 20人
URL

http://www.marelique.com/

商品・サービス

遺品整理のマレリーク

我々マレリークでは、遺品整理業務を始め、デジタル遺品整理、特殊清掃、消臭業務、遺品買取、生前整理など、遺品に関する業務を手がけています。

今、社会問題となっている高齢化問題・孤独死など我々遺品整理の仕事に携わる問題が急増しています。

遺族の方も本当は自分たちで片づけをしたいという気持ちがあるのは事実です。ただ、遺品整理は事情によっては専門的な知識を必要とするため、自分ではどうにもできないケースが非常に多いというのが事実です。

そこで我々がお客様に代わって、「安心・安全・明朗会計」で、不法投棄などしない「地球にやさしいリサイクル方法」を確立させ、お客様のお手伝いをさせて頂きます。

「マレリーク」という社名にしたのは、フランス語で「私の遺品」という意味があるからです。お客様の遺品を「ゴミ」や「不用品」として扱うことはしません。どんな物でも遺族からすれば「大切な遺品」だからです。その大切なお客様の遺品を、他人に整理を任せるのは、本当に不安な事だと思います。

マレリークは、まず故人の気持ち、ご遺族の気持ちを第一に考え、お客様の遺品は、「私の遺品」のように大切に扱う、思うことを第一に考え、これからもこの業界を支え続けて行きたいと思っております

▼ この企業を見た方は、下記のような企業も見ているようです。

  • ハウスバード株式会社

    私たちの事業内容は、セカンドハウス・ゲストハウス・別荘などをプロデュースすることです。 高利回りが期待できるエリアの不動産選定から旅館業免許取得、リノベーション、ゲスト...

  • 太陽光発電システム販売 オール電化システム販売 環境装置販売 増改築リフォーム工事 水道設備工事 プロパンガス販売

  • ジョイテック株式会社

    普通のホワイトボードにマグネット対応タッチセンサーを取り付けると、普通のマーカーで板書した内容をデジタル化することができます。 板書の内容はパソコン・スマホ・タブレット...

  • 株式会社クレスコ

    クレスコは、創業からの実績を持つ3つのコア技術 ・ITインフラシステム構築技術 ・アプリケーション開発技術 ・組込み技術 を中核とし、社会インフラを支え、様々なビジネスシ...

  • 堀江車輌電装株式会社

    鉄道車両の整備・改造・点検 特定労働者派遣事業 有料職業紹介事業 ビルメンテナンス事業

  • リプルアは研究者様の“研究に没頭できる環境作り” を目的とした、研究支援サービスです! 「見積り・問い合わせを複数社からもらうのが大変」 「見積り・発注の履歴を後から探...

  • 株式会社インソース

    ■社会人向け研修 お客さまの指定した先に講師が伺う「講師派遣型研修」と、1名から参加できる「公開講座」があります。 演習が全体の6割を占めているため、講師が一方的にお伝え...

  • 株式会社コンシェルジュ

    コンシェルジュは、LINE、Facebook Messengerなどのチャットシステムに自動応答のボットを簡単に導入できるサービスです。あなたのサービスに自動応答チャットボットを導入しましょう! ...

  • 株式会社グローバンス

    ◆クラウド型人材データプラットフォーム「ヒトマワリ」 『ヒトマワリ』は【HRDP(Human Resources Data Platform)】という人事のマスタデータを構築し、 経営・人事部門から従業員までが人材デ...

  • ◆CTIサービス提供 ◆自社開発のオンデマンドコンタクトセンターCTIサービス「CT-e1/SaaS」の提供、SaaS事業を展開 ◆パッケージ化 ◆CTIソリューション・パッケージの企画及び販売 ◆受託...

キーワードから企業を探す
地域から企業を探す
注目企業ランキング< 週間 >
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。