FTI JAPAN株式会社

事業概要

インドネシアより生鮮マグロを空輸、日本国内で販売。主な魚種はキハダマグロ、メバチマグロ。
”美味しいマグロを毎日の食卓に低価格で提供する”ことを目標に掲げ、インドネシア、日本で孤軍奮闘中。

取り組み姿勢

インドネシアでの水産事業は同国政府の後援を受け、マルク州西セラム県という日系企業が一社もいない地域での大規模事業化を目指す。
現地漁法により漁獲したマグロの出荷から始め、日本式の鮮度管理処理技術の導入による品質向上、マグロ以外の魚種への販売とシフトしていく計画。
日本では知られていない(でも、うまい)、ハタ、シマアジ、エビ、イカ、タコ、ロブスターなど、インドネシア産水産物のPRも行っていく。

企業概要

名称 FTI JAPAN株式会社
住所 〒101-0032
東京都 千代田区岩本町2-1-10神田NKビル2階
設立 2010年7月27日
資本金 6267万6264円
従業員数 9人
URL

https://ftijapan.co.jp

商品・サービス

まぐろ!マグロ!鮪!(取扱商品:生鮮キハダマグロ/メバチマグロ)

まぐろ!マグロ!鮪!(取扱商品:生鮮キハダマグロ/メバチマグロ)

グレード:刺身グレード A
重量:グレードA 4kg以上/1本
価格:刺身グレード A \2,000/kg   
原産国:インドネシア共和国
漁場:バリ島、マルク州、スラウェシ州北部
   季節に応じて漁場を選択することにより
   通年、安定した出荷が可能です。
漁法:ロングライン、ハンドライン
加工:インドネシア各地からバリの加工場に集荷
   高い加工技術による、高い歩留まり率
発送地:デンパサール空港(バリ島)
荷渡し:指定場所へ配送致します。
    ※国内配送料別途

プレスリリース
FTI JAPAN株式会社からの発信情報

新聞掲載情報
フジサンケイビジネスアイ掲載

▼ この企業を見た方は、下記のような企業も見ているようです。

  • オーティコン補聴器

    1904 年にデンマークで創設されたオーティコン社の日本支社がオーティコン株式会社(www.oticon.co.jp)です。オーティコンは先進のノンリニア補聴器、フルデジタル補聴器および人工知能補...

  • 弊社は、アプリ制作・販売事業・PR事業などを行っております。 【オリジナルアプリ「poc app」について】 poc app(ポックアップ)は自社・店舗向けのオリジナルアプリサービスです。 ...

  • 行政書士法人Climb

    あなたのビザの問題を解決します。 申請手続きも新設・丁寧・スピーディー ◆ビザ申請 ◆会社設立 ◆経営管理ビザ ◆帰化申請 事務所は「新宿」「池袋」から近い『高田馬場』で...

  • 株式会社アークアカデミー

    1) 日本語研修のための、国内・海外への日本語教師専門家の派遣・紹介を実施しております。 2) 外国人・留学生のアルバイト・就職・キャリアの人材紹介を実施しております。 ...

  • 株式会社エーディーディー

    【システム】 ◆ 画像処理 外観検査システム - iVision https://ivision.add-soft.jp 【製品詳細】 ◆ SFTPサーバーソフト - Titan FTP サーバー https://titanftp.add-soft.jp/ ◆ WebDAV/SFTP クライアントソ...

  • サーチファーム・ジャパン株式会社

    企業が希望する要件を満たす人材をピンポイントで発掘するのがエグゼクティブサーチ(サーチ/スカウト型)という手法です。 日本では1970年代より、在日外資系企業によりエグゼクテ...

  • 株式会社マックスR

    脳トレにより、英語力と潜在能力を最大限発揮する新たな英語習得法です。 標準で全10回のレッスンを受け、目や脳の使い方を変えるだけで、誰でもネイティブより速く英語が読めるよ...

  • 株式会社SOBAプロジェクト

    誰でも簡単に使える事を目的に開発された純国産のクラウド型Web会議システムです。初費無料・最低利用期間1か月で、導入が簡単。GoogleApps連携や一時招待機能などの便利な機能が標準搭...

  • 日本国内におけるeラーニングの導入初期からシステム及び教材コンテンツの受託開発を手掛けており、現在は汎用的なeラーニングの製品及びサービスを提供しています。 ・学習管理シス...

  • リプルアは研究者様の“研究に没頭できる環境作り” を目的とした、研究支援サービスです! 「見積り・問い合わせを複数社からもらうのが大変」 「見積り・発注の履歴を後から探...

キーワードから企業を探す
地域から企業を探す
注目企業ランキング< 週間 >
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。