株式会社イズミズ

事業概要

株式会社イズミズは、水素水をはじめ、世界の明日に健康で安心できる水をお届けできる企業を目指します。
健康と美容に良いとして現在注目されている水素関連の商品(水素水サーバー、水素吸入器及び水素風呂等)を軸に企画・開発・製造・販売する会社です。

企業概要

名称 株式会社イズミズ
住所 〒541-0045
大阪府 大阪市中央区道修町1-2-11-3F
設立 2012年5月25日
資本金 100万円
従業員数 8人
URL

http://ismz.co.jp/

商品・サービス

水素吸入器、水素水生成器、水素スパ

水素吸入器、水素水生成器、水素スパ

電気化学をベースとした水質制御技術の研究開発をベースに、水素製品の製造販売を行っています。

家庭用水素製品「ラブリエ」シリーズ3商品をご紹介します。
①ポータブル水素吸入器ラブリエエラン(HG-004)
手のひらに乗るコンパクトサイズの水素吸入器。充電式バッテリー使用でいつでもどこでも水素吸入が可能。水素濃度・発生量は、99%、30ml/分。特許出願中。健康増進機器認定。
②水素吸入器ラブリエリュクス(HA-002)
卓上型水素吸入器。スリムなデザインで置き場所を選ばず使用可能。水素水も生成できる1台2役。水素濃度・発生量は、98%、60ml/分。特許登録済。
③ラブリエ水素スパ(HS-001、HS-002)
水素入浴料。浴槽のお湯に溶かし入れるだけで、たっぷりの水素浴に。最大溶存水素濃度1.4ppm(40℃、200Lの水に対し)

これらの製品を通じ、みなさまの健康を支えていきます。「暮らしに水素を。」

プレスリリース
株式会社イズミズからの発信情報

▼ この企業を見た方は、下記のような企業も見ているようです。

  • 株式会社Liquid

    ◯LIQUID eKYC ネット上での契約や口座開設時の本人確認手続きにおいて必要な、「利用者が実在する本人である」ことを確認する様々な身元確認方法を提供するサービスです。契約社数は100...

  • 世界各地の調査会社が発行したグローバル市場の調査レポート・産業資料・マーケットデータを販売しております。日本国内は勿論、アジア、中国、アメリカ、ヨーロッパ、中東、アフリ...

  • 株式会社エーディーディー

    【システム】 ◆ 画像処理 外観検査システム - iVision https://ivision.add-soft.jp 【製品詳細】 ◆ SFTPサーバーソフト - Titan FTP サーバー https://titanftp.add-soft.jp/ ◆ WebDAV/SFTP クライアントソ...

  • 株式会社インソース

    ■社会人向け研修 お客さまの指定した先に講師が伺う「講師派遣型研修」と、1名から参加できる「公開講座」があります。 演習が全体の6割を占めているため、講師が一方的にお伝え...

  • 株式会社サンワールド・ツアーズ

    株式会社サンワールド・ツアーズでは、海外との事業に長年の経験を持つ社員が在籍しております。海外事業を開始するためのサポート(一部有料)を承ります。 実績としては、米国、...

  • 株式会社スタックアンドスタック

    あなたの価値はもっと高い。コーチ、コンサルタント、カウンセラーなどの個人起業家や中小企業の経営者向けに、ブランド高単価化のコーチングをしております。詳細は下記をご照覧く...

  • 株式会社フルノシステムズ

    ■無線ハンディターミナル事業 物流から自動認識システムまで、産業とモノの情報化に貢献 モノの商品データをリアルタイムに無線でやりとりし、モノの情報化や業務支援を実現す...

  • 一般社団法人フィンテックガーデン

    国内プログラマ、SEの中でトップクラスのコンピュータ技術者だけを集め、システム開発者の教育や支援をするために設立された社団法人です。税理士の会との提携によりフィンテック...

  • 一般社団法人Happy-Casket

    小学生が様々な事を自ら学び成長できる場所。 もちろん、ご両親が安心して子どもを預けられる場所。 それが日本人チューターと外国人チューターで運営する民間学童保育Happy -CasketのAf...

  • シーズンソリューション株式会社

    生活雑貨や文房具など、約7,500品のノベルティグッズ用素材商品をお取扱いする卸販売サイトです。2008年のサービス開始より、企業や団体、行政機関を中心に3万社を超えるユーザーにご...

キーワードから企業を探す
地域から企業を探す
注目企業ランキング< 週間 >
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。