高砂電気工業株式会社

事業概要

高砂電気工業は、小型耐薬液バルブやポンプの専門メーカーとして長年積み重ねた専門技術と、問題解決型の製品提案により、その主たる採用分野である分析装置の発展に貢献してまいりました。既存の製品単体をご紹介するだけでなく、お客様のご用途に合わせて、特注品にカスタマイズすることが得意で、複数コンポーネンツを組み合わせた流体モジュールも製作致します。

取り組み姿勢

日本で各種自動分析装置が生産され始めた1960年代後半から、分析装置用に特化したバルブの設計開発を始め、この分野では日本での草分けメーカーです。お陰で、このニッチ市場では推計60%を超えるシェアを持ち、国内主要分析装置メーカーのほとんどと、何らかのお取引をいただいております。長年のカスタム対応から生まれた幅広い製品群は、現時点で5000機種を超え、“流体制御のコンシェルジュ”としてその多様な対応力を誇っています。今やその対応力は世界に認められつつあり、輸出実績は約50か国にのぼります。

企業概要

名称 高砂電気工業株式会社
住所 〒458-8522
愛知県 名古屋市緑区鳴海町杜若66番地
設立 1967年4月1日
資本金 9000万円
従業員数 229人
URL

http://www.takasago-elec.co.jp/

商品・サービス

流体制御のコンシェルジュー高砂電気工業株式会社

流体制御のコンシェルジュー高砂電気工業株式会社

Customization(個別設計)、Miniaturization(小型化)、Integration(統合化)が強みです。専門的な研究機関の持つ特殊ニーズにも対応できる技術力が評価され、東大やハーバード、UCLA、またNASAやJAXAなどにも納入実績があります。一方で、分析システムの小型化ニーズに対応して、世界最小クラスのバルブやポンプなど、マイクロ流体制御に特化した製品開発を進めて来ました。さらにそれらを統合した微少流体制御システムの提案もできます。

プレスリリース
高砂電気工業株式会社からの発信情報

▼ この企業を見た方は、下記のような企業も見ているようです。

  • 株式会社アークアカデミー

    1) 日本語研修のための、国内・海外への日本語教師専門家の派遣・紹介を実施しております。 2) 外国人・留学生のアルバイト・就職・キャリアの人材紹介を実施しております。 ...

  • エイコム株式会社

    「BeeSight」は顔認識技術により視聴者(お客様)の顧客属性を取得し、 情報分析~サイネージの効果測定を可能にした顔認識マーケティングソリューションです。 今まで困難だった、年...

  • ハウスバード株式会社

    私たちの事業内容は、セカンドハウス・ゲストハウス・別荘などをプロデュースすることです。 高利回りが期待できるエリアの不動産選定から旅館業免許取得、リノベーション、ゲスト...

  • 弊社は、ipad、iphone、アンドロイドアプリ、制御系、web系、業務系システムの開発を行っています。 また、花卉業界向けシステムも多数開発しております。 自社製品の生花店向けPOSレジ...

  • 堀江車輌電装株式会社

    鉄道車両の整備・改造・点検 特定労働者派遣事業 有料職業紹介事業 ビルメンテナンス事業

  • 新潟県長岡市摂田屋の創業1548年の老舗酒蔵。全国新酒鑑評会新潟県内最多金賞受賞蔵。代表銘柄は極上吉乃川と厳選辛口など。

  • ジョイテック株式会社

    普通のホワイトボードにマグネット対応タッチセンサーを取り付けると、普通のマーカーで板書した内容をデジタル化することができます。 板書の内容はパソコン・スマホ・タブレット...

  • Global Partners Consulting Pte Ltd (東京オフィス)

    ◆シンガポールテスト販売プラットフォーム「Melo!(メロ)」 「Melo!」は、弊社が運営するテストマーケティング用のリテール店舗です。従来、高コスト且つ結果が不透明であった海外進...

  • 株式会社Looop

     <太陽光発電システム事業> 「自分でもつくれる」をコンセプトに太陽光発電システム(MY発電所キット(R))を日本全国で販売。2011年の販売開始以来、約2,300件の(2019年11月末時点)実績(2015...

  • 2014年の創業以来、第一の課題としてデジタル広告の進化にともなって現れたひずみである、広告の健全性の課題解決に取り組んできました。当時認知されていなかった「ブランド毀損」「...

キーワードから企業を探す
地域から企業を探す
注目企業ランキング< 週間 >
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。