高砂電気工業株式会社

事業概要

高砂電気工業は、小型耐薬液バルブやポンプの専門メーカーとして長年積み重ねた専門技術と、問題解決型の製品提案により、その主たる採用分野である分析装置の発展に貢献してまいりました。既存の製品単体をご紹介するだけでなく、お客様のご用途に合わせて、特注品にカスタマイズすることが得意で、複数コンポーネンツを組み合わせた流体モジュールも製作致します。

取り組み姿勢

日本で各種自動分析装置が生産され始めた1960年代後半から、分析装置用に特化したバルブの設計開発を始め、この分野では日本での草分けメーカーです。お陰で、このニッチ市場では推計60%を超えるシェアを持ち、国内主要分析装置メーカーのほとんどと、何らかのお取引をいただいております。長年のカスタム対応から生まれた幅広い製品群は、現時点で5000機種を超え、“流体制御のコンシェルジュ”としてその多様な対応力を誇っています。今やその対応力は世界に認められつつあり、輸出実績は約50か国にのぼります。

企業概要

名称 高砂電気工業株式会社
住所 〒458-8522
愛知県 名古屋市緑区鳴海町杜若66番地
設立 1967年4月1日
資本金 9000万円
従業員数 229人
URL

http://www.takasago-elec.co.jp/

商品・サービス

流体制御のコンシェルジュー高砂電気工業株式会社

流体制御のコンシェルジュー高砂電気工業株式会社

Customization(個別設計)、Miniaturization(小型化)、Integration(統合化)が強みです。専門的な研究機関の持つ特殊ニーズにも対応できる技術力が評価され、東大やハーバード、UCLA、またNASAやJAXAなどにも納入実績があります。一方で、分析システムの小型化ニーズに対応して、世界最小クラスのバルブやポンプなど、マイクロ流体制御に特化した製品開発を進めて来ました。さらにそれらを統合した微少流体制御システムの提案もできます。

プレスリリース
高砂電気工業株式会社からの発信情報

▼ この企業を見た方は、下記のような企業も見ているようです。

  • 株式会社スタックアンドスタック

    あなたの価値はもっと高い。コーチ、コンサルタント、カウンセラーなどの個人起業家や中小企業の経営者向けに、ブランド高単価化のコーチングをしております。詳細は下記をご照覧く...

  • 株式会社労務研究所

     「旬刊福利厚生」は福利厚生に関する日本唯一の専門誌です。企業調査,事例紹介を中心に企業の人事・総務部門で福利厚生の企画・運営に携わるご担当者様への情報提供を行っていま...

  • ジョイテック株式会社

    『BOARD@白板家(はくばんや)』は、既存のホワイトボードへの板書をPC画面にリアルタイムに表示し、データ保存も可能なコミュニケーションツールです。 赤外線のセンサーを内蔵したフ...

  • お客様のご要望を具体化する企画、デザイン、キャラクタ制作などをご提案させていただきます。 必要に応じて、グッズ製作の他、POP、チラシ等も含めたご提案もさせていただいており...

  • 弊社は、イオン株式会社とドイツのシグナスポーツユナイテッドの合弁会社として昨年設立しました。弊社は、『スポーツに取り組むすべての人に、よりゆたかな体験を提供し、楽しく活...

  • マーケティングアソシエーション株式会社

    サービスや商品に関するお問い合わせ対応、顧客対応を代行します。 電話・メール・チャットなどのマルチチャネルを活用した各種コールセンター・コンタクトセンターの構築・運用・BP...

  • 行政書士法人Climb

    あなたのビザの問題を解決します。 申請手続きも新設・丁寧・スピーディー ◆ビザ申請 ◆会社設立 ◆経営管理ビザ ◆帰化申請 事務所は「新宿」「池袋」から近い『高田馬場』で...

  • 声紋分析のソフトウェアを使い、『声』から現在の自分自身の個性や特性を読み取ります。 その状況になった背景をすり合わせながらクライアントが自分自身で解決・変化していけ...

  • 株式会社D.DiRECT

    弊社は ◆医療機関・介護事業者の新規開業支援を中心としたコンサルティング事業  ◆神奈川県西湘地域を中心としたデベロップ事業  ◆クリニック・介護施設等の設計事業  の3つ...

  • 起業支援のコンサルティング事業を中心に行っております。 主にインターネットを使った物販ビジネス、マーケティング、セールス、コピーライティングなどのノウハウやスキルをお伝...

キーワードから企業を探す
地域から企業を探す
注目企業ランキング< 週間 >
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。