株式会社 正光画廊

事業概要

1972年創業、東北・関東地方を中心に美術品取扱いの画廊を約10店舗展開中。
画廊や百貨店、催事場、イベントスペースを含めた企画展の開催や美術品販売を行う老舗画廊です。
巨匠作家から若手作家まで、幅広い取扱いをしております。

取り組み姿勢

今の日本画壇で確かな実力・勢いを持つ若手作家を広く紹介するコンセプトで企画展を開催していきます。
新しい視点で選ばれた作家達の個性あふれる競演を是非とも世に広める機会を増やしたいと思い設立に至りました。
設立から3年が経った2012年10月に、中央区京橋の新店舗へギャラリーを移転致します。
今後も画廊での企画展や、アートフェアをはじめとするイベントへの参加、百貨店での企画催事を含め、時代に左右されない作品をご紹介出来ればと思っております。
1985年生まれと美術界では若いギャラリストとなります。
皆様からのご支援とご指導を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

企業概要

名称 株式会社 正光画廊
住所 〒104-0031
東京都 中央区京橋2-6-10 宝照ビル2階 Gallery Seek
設立 1972年5月3日
資本金 1000万円
従業員数 40人
URL

http://s-art-web.com

商品・サービス

美術品・アートとの出会い

美術品・アートとの出会い

プライマリー部門Gallery Seekでは、主に若手・現存作家による個展やグループ展を、画廊や百貨店で企画開催する他、アートフェアやイベントへの出展も行っております。

画廊では2012年のオープニング展以降、年間約20回の企画展を開催。
その他、アートフェア東京や神戸アートマルシェ、ART KYOTO、ULTRAというアートフェアに出展。
京橋界隈、東京アートアンティークといったイベントにも積極的に参加しております。

確かな技術と独特の感性により創造された美術品との出会いをご提供したいと思っております。

プレスリリース
株式会社 正光画廊からの発信情報

▼ この企業を見た方は、下記のような企業も見ているようです。

  • 株式会社ゴヤ

    <BAR GOYA> 楽しさと奥ゆかしさを体感できるカクテルバー。心地よい空間と美味しいカクテルを提供しています。  <juiceyaSUN> 美味しさと健康にこだわったフレッシュフルーツジュ...

  • 株式会社アダムスコミュニケーション

    1979年の設立以来、電話を活用した様々なビジネスに挑戦し続け、スキルの蓄積と調査精度向上のための取り組みを行ってまいりました。 その品質・実績・規模から、日本における最大...

  • 株式会社ケーコーポレーション

    弊社は「高精度赤外線カメラ」を使用し、的確で高精度・低コストの外壁診断をおこなっております。 従来の外壁全面打診・赤外線調査と異なり、細かい分析・調査を行える赤外線サー...

  • 私たちは何十年にもわたる経験を持つ専門家のチームであり、情報、知識、知恵の絶え間なく進化する風景とのつながりを支援することを決意しています。 Panorama Data Insightsでは、関心の...

  • 株式会社テクニコ

    ホテル宴会場、ホールでの結婚披露宴、企業イベント、会議、セミナーなどの空間演出、設備設計施工、ホテルオペレーション、ソフトウエア開発

  • sid株式会社 Harehare事業部

    素材の特性を活かし、通常は工事の手間や、手入れが大変な シャンデリアを、harehareの軽量でガラスを超える透明度の素材で制作。 その他にも、グラスやワインクーラーなども制作。

  • マーケティングアソシエーション株式会社

    サービスや商品に関するお問い合わせ対応、顧客対応を代行します。 電話・メール・チャットなどのマルチチャネルを活用した各種コールセンター・コンタクトセンターの構築・運用・BP...

  • 株式会社イマジカデジタルスケープ

    Web、ゲーム、映像業界の求人情報、転職、派遣ならイマジカデジタルスケープ。 転職支援、研修、トレーニングもお任せください。 ●イマジカデジタルスケープ総合求人サイト http:...

  • 世界各地の調査会社が発行したグローバル市場の調査レポート・産業資料・マーケットデータを販売しております。日本国内は勿論、アジア、中国、アメリカ、ヨーロッパ、中東、アフリ...

  • 株式会社髙橋電機工業所

    スピンスマッシャーは、カット野菜や果実類などの製造過程で排出される不要な生ごみを破砕、脱水することで、生ごみを減容できる装置です。破砕と脱水を行えるため、処理時間が短縮...

キーワードから企業を探す
地域から企業を探す
注目企業ランキング< 週間 >
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。