株式会社アイアンドシー

事業概要

1.コンピュータソフトウェア受託開発
2.自社パッケージ・ソフト開発/販売/運用 (音楽業界向け著作権管理、原盤再分配管理)
3.音楽出版社業務アウトソーシング

取り組み姿勢

主に音楽出版社向けの著作権管理システムの開発・販売・サービス提供・運用保守を行っています。他にも、TVスタジオ調光卓制御・大手建設メーカーWebサイト構築・人事給与など様々なシステムの開発を行っています。
ソフトウェア開発も、当社のようにパッケージ中心の開発は自分のクリエイティブな発想を生かすことが大切。想像力豊かに自分達でどれだけいいものを形作れるか、が勝負なのです。アイアンドシーでなら、イチから創造する面白味を十分に味わって頂ける筈です。

企業概要

名称 株式会社アイアンドシー
住所 〒169-0073
東京都 新宿区百人町2-4-5 及川ビル3F
設立 2007年6月12日
資本金 1000万円
従業員数 23人
URL

http://www.iandcinc.co.jp

商品・サービス

著作権・原盤印税管理システム

【G-Luck(ジーラック)】
音楽著作物の管理から音楽著作権使用料の入金管理、権利者への再分配および支払業務まで、音楽出版社の管理業務をトータルにサポートします。
また、インターネットを活用したASP形態でのご提供のため、業界内でのデータ連携や情報共有も可能です。

【LuckMeister(ラックマイスター)】
原盤印税の分配・再分配計算機能はもちろん、権利者や製品、音楽配信の管理から総合振込依頼書、 総合振込データ出力まで、多くの機能をご提供します。

【LuckReport(ラックレポート)】
印税明細書など、インターネットを介して権利者がスマートフォンやパソコン、タブレットPCなどでPDFを参照またはダウンロードできるWeb明細システムです。
これまで明細書配布などに掛かっていたコストが大幅に削減できます。
また、用紙の消費を抑えられるので、環境保護にもつながります。

▼ この企業を見た方は、下記のような企業も見ているようです。

  • 【1】海外挙式サービス事業及び挙式参加者を対象とした旅行事業 【2】挙式施設運営などの国内挙式サービス事業 【3】ウェディングドレスなどの製造販売事業 【4】婚礼関連衣裳、成...

  • 2014年の創業以来、第一の課題としてデジタル広告の進化にともなって現れたひずみである、広告の健全性の課題解決に取り組んできました。当時認知されていなかった「ブランド毀損」「...

  • 株式会社グローバンス

    ◆クラウド型人材データプラットフォーム「ヒトマワリ」 『ヒトマワリ』は【HRDP(Human Resources Data Platform)】という人事のマスタデータを構築し、 経営・人事部門から従業員までが人材デ...

  • 日本国内におけるeラーニングの導入初期からシステム及び教材コンテンツの受託開発を手掛けており、現在は汎用的なeラーニングの製品及びサービスを提供しています。 ・学習管理シス...

  • 【代表取締役社長】 飯沼 秀一 【ミッション】 コミュニケーションイノベーションで明るい未来を拓く - コミュニケーションギャップを埋める - 【ビジョン】 IPパートナーズは、...

  • 株式会社コンシェルジュ

    コンシェルジュは、LINE、Facebook Messengerなどのチャットシステムに自動応答のボットを簡単に導入できるサービスです。あなたのサービスに自動応答チャットボットを導入しましょう! ...

  • アイビーシー株式会社

    【プロダクト】 ネットワークシステム全体の性能状態を容易に可視化できるネットワーク性能監視ツールの開発、販売を行っております。 【コンサルティング】 お客様のシステムイ...

  • コンテンツ記事制作をしております。 クライアントから執筆依頼頂き、ライターに外注するのがメインです。

  • 日本唯一のサンプリング総合情報専門サイト http://www.sampling.jp/ を中心にサンプリングに関する全てのサービスを提供しています。 具体的な事業ドメインとしては ●サンプリング情報...

  • 株式会社アークアカデミー

    1) 日本語研修のための、国内・海外への日本語教師専門家の派遣・紹介を実施しております。 2) 外国人・留学生のアルバイト・就職・キャリアの人材紹介を実施しております。 ...

キーワードから企業を探す
地域から企業を探す
注目企業ランキング< 週間 >
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。