大学の研究シーズ情報

【AI】AIハンドインタフェース

産学連携情報

慶應義塾大学  理工学部 システムデザイン工学科  教授 桂 誠一郎

概要


遠隔操作システムによる「身体拡張」に関して多くの研究がなされていますが、通信遅延に対する 制御系の安定化ならびに安全性の確保が課題となっています。本技術はこの課題解決のため、AIをフィードバックループに含む多重構造の制御系を構成しています。具体的には、外部環境との物理的な相互作用を行うローカルサイドにおいて、安定な接触動作を担保する力制御を基本とし、AIにより適切な動作修正を図る制御系を構成しています。そのため、ロボットハンドの遠隔操作時の安全性向上と適切な動作遂行の両立が可能になります。

活用例


ネットワークを介して人の身体性を拡張する遠隔操作型ロボットは超高齢社会を迎えた我が国においてますます増えてくるものと予想されます。特に、実アプリケーションとしてはロボットハンドを利用した遠隔手術や在宅での遠隔リハビリテーションなど、スマート医療の実現が期待されています。ものづくり分野への適用も可能であり、遠隔でのモニタリングやメンテナンス作業などスマートファクトリーの実現にも貢献します。

キーワード


ロボット ロボットハンド 人工知能 AI ヒューマンインタフェース 遠隔操作 身体拡張 制御 安全

お問い合わせ


慶應義塾先端科学技術研究センター
E-mail: minkan-keiyaku@adst.keio.ac.jp
TEL: (045)566-1794
URL: https://www.kll.keio.ac.jp/

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

  • 補助金活用Q&A

    補助金活用Q&A

    ものづくり補助金、事業再構築補助金、IT導入補助金、小規模事業者持続化補助金及び事業承継・引継ぎ補助金に関する内容を前提として回答しています。

  • M&Aに関するQ&A

    M&Aに関するQ&A

    M&Aを専門とする株式会社M&Aコンサルティング(イノベーションズアイ支援機関)が、M&Aについての基本的な内容をQ&A形式でお答えします。

おすすめコンテンツ

商品・サービスのビジネスデータベース

bizDB

あなたのビジネスを「円滑にする・強化する・飛躍させる」商品・サービスが見つかるコンテンツ

新聞社が教える

プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。