株式会社アポロクリエイト

株式会社アポロクリエイト 代表取締役 鳴海 千尋氏
「エコ&コストの画像ソリューション」をスローガンに、
  画像ソリューションの リーディングカンパニーとして走り続けます。

取材日:2013年1月24日


株式会社アポロクリエイト 代表取締役 鳴海 千尋氏

まずは、世界初の3DフォトARサービス「appeAR(アピアー)」について教えて下さい
  "世界初の3DフォトARサービス「appeAR(アピアー)」月1000円から始められる飛び出す3Dツールを実現"というタイトルで1月21日にプレスリリースを配信いたしましたところ、早速、様々なメディアから反響があり、取り上げて頂きました。皆さんも今までチラシやカタログを見ていて「商品の写真が小さくてよくわからない」「欲しい商品を手に取って見てみたい」と思ったことがあるのではないでしょうか。この「appeAR(以下、アピアー)」は、そうした消費者のニーズに応えるべく開発されたツールです。二次元のチラシ、カタログなどの紙媒体上の商品画像をこの専用アプリ「アピアー」(iPhone、アンドロイド等のスマホの汎用アプリとして無料ダウンロード可能)を介して見ると商品が立体的に飛び出して、360度回転させて見ることが可能です。更にその商品が気に入った場合は、そのままECサイトに飛んで、直接買うことも出来ます。印刷、出版業界の方には、付加価値を増大させる画期的なツールといえると思います。 印刷業務というのは、名刺やチラシを印刷して納品しておしまいだったと思いますが、このアピアーは、掲載商品1点ごとにお客様からアピアー利用料を頂きますが、3D撮影を依頼された場合にはその撮影収益と同時に弊社から※appeAR(アピアー)取り次ぎ手数料をお支払する仕組みになっています。また、お客様が自社で撮影するために、フォトシミリを導入された場合には、更に、フォトシミリ取次手数料もお支払いいたします。つまり、本来の業務プラスアルファの収益が見込めることとなります。

【appeAR(アピアー)の特徴】
  • 1. 開発コストが不要・・・・・予め開発された汎用アプリを使用するため
  • 2. 実写コンテンツなので低コスト・スピーディー・・・・・CGではなく写真のため
  • 3. 自社ショッピングサイトへ誘導可能

従来のチラシやカタログにAR機能をプラスすることで、購買率と購買単価が上昇することが既に実証されています。(弊社調べ)現在、100社限定でビジネスパートナー(取次代理店)を募集しています。
それではビジネスパートナー(取次代理店)になるには、どうしたら良いのでしょう
 ご興味のある方でしたらどなたでもなることが出来ますが、弊社アポロクリエイト会員になって頂くと月1000円という特別価格でサービスをご提供させて頂きます。アポロクリエイト会員というのは、弊社が販売する※Photosimile(フォトシミリ)をご購入頂いた方、もしくは、※弊社が販売するリサイクルトナーを1万円(税込)以上ご購入頂いたお客様のことです。
 ※Photosimile(フォトシミリ)というのは、米国Ortery (オートリー)社の3D360度回転写真撮影システム機器の名称です。弊社は、このPhotosimile(フォトシミリ)の日本総代理店になっています。このフォトシミリというのは、先ほどご紹介した「appeAR(アピアー)」で3D化したい人物、商品などの対象物を魅力的に360°写真として簡単・スピーディーに撮影する次世代マシンです。
詳細はフォトシミリに関するサイトをご覧ください。(http://photosimile.jp/)こちらも月1万円からのお得なリースご利用プランなどご提供しております。ご興味を持たれましたらお問い合わせください。
"画像ソリューションの リーディングカンパニー"ということですが、
 その他の事業について教えて下さい
 今までお話した以外には、OA機器消耗品の販売、各メーカーのトナー、インクの卸、小売販売、リサイクルトナー、リサイクルインクの販売を行っています。もともと私は、株式会社リコーに在籍しており、47歳の時に辞めて現在の株式会社アポロクリエイトを立ち上げました。辞める直近までは、デジタルカメラを企画する部署にいたのですが、お客様のところに訪問するたびに、プリンタートナーの使い捨てはもったいないなと感じていました。純正品を使用するコストと比較するとリサイクルトナーを使用した場合、少なくて30%、多ければ60%ものコスト削減が可能です。そこで、このリサイクルトナーの販売を主体事業として2003年スタートしました。実際弊社のお客様でリサイクルトナーに換えたところ年間3000万円のコスト削減に成功された会社もございます。弊社としては、その削減によって生まれたお金を更なる販売促進費に回して欲しいという願いがあります。従来、リサイクルトナーには、課題がありました。リサイクルトナーは、国産以外の製品が多く「品質に難あり」との声がありました。 また、メーカーごとに型が違い、一度決まったメーカーのものを使用したらずっとそのメーカーのものを使い続けなければならないというのも課題でした。弊社のリサイクルトナーは、この2つの課題を解決し、高品質、どのメーカーにも対応できるリサイクルトナーとして自信を持ってお勧めできます。会社立ち上げの頃は、会社を軌道に乗せることで一生懸命でしたが、リサイクルトナーにすることで経費削減に成功した会社のために、時代に合わせた効果的な画像ソリューションを考えていたら現在のような形に行きついたという訳です。
今後のオンラインショッピングや画像ソリューションはどうなると思いますか
 今やオンラインショッピングは、価格競争になっています。そのような中で弊社のPhotosimile(フォトシミリ)による360度画像やAR技術は、差別化手法の一つとしてこれからニーズが高まると思っています。
360度回転の商品閲覧は、以下のサイトで体験できます。
 マミーナ http://store.mammina.co.jp/shop/index/?dspkb=1
ARの面白い活用例としては、カードゲームと連動してAKB48のメンバーが飛び出すサイトもあります。
今後は音声も出るようになるので、政治の世界でも使われるようになると思います。例えば、選挙の際に立候補者の画像がARによって3Dとして飛び出し、そのまま演説もするような活用も実現に向かっています。
この「appeAR(アピアー)」は、世界初なので、日本初の新サービスとして広めていきたいと思います。
インタビュー:河合 美智子

略歴

株式会社アポロクリエイト 代表取締役 鳴海 千尋氏

弘前大学理学部物理学科卒業後、NBC(現日立システムズ)で技術管理、リコーでプリンタ、FAX、デジタルカメラのマーケティング、国内営業、海外営業、商品企画を担当。
2003年にアポロクリエイトを設立。
安心トナーの屋号でリサイクルトナー・インクを販売し、企業の印刷コストの削減に寄与している。
2010年から国内総代理店として3D360度回転写真撮影機フォトシミリを販売。大手事務用品販売会社や家電、アパレルメーカー等、数多くのECサイトや電子カタログの商品プロモーションでの利用が拡大している。
2012年イノベーションズアイ WEB&リアルビジネスコンテストでWEB投票2位に輝いた。

企業概要

名称 株式会社アポロクリエイト
住所 〒141-0031
東京都 品川区西五反田7-22-17 TOCビル8階
設立 2003年3月25日
資本金 2160万円
従業員数 14人
URL

http://www.apollocreate.jp

株式会社アポロクリエイト