トリプルダブリュージャパン株式会社

事業概要

排泄問題のソリューション「DFree」の企画・開発・販売。

「DFree」というのは独自のシステムにより、排泄を予知するウェアラブルデバイスです。
シンプルな超音波機器から読み取った情報をクラウド上のプラットフォームへ自動送信することで、ヘルスケアで価値あるデータを自動収集し、そのビッグデータによって解析される排泄予測情報は、マシーンラーニングによって精度を向上していくしくみになっています。

企業概要

名称 トリプルダブリュージャパン株式会社
住所 〒150-0031
東京都 渋谷区桜丘町15-8 桜ヶ丘ビリジアン802
設立 2015年2月18日
資本金 7701万円
従業員数 6人
URL

http://www.www-biz.co/

商品・サービス

排泄予知ウェアラブル:DFree(ディーフリー)

世界初「排泄予知ウェアラブル:DFree」
尿漏れ・便漏れゼロ社会実現へ!
DFreeは腹部に装着することで膀胱、腸内活動をとらえ、排泄のタイミングを予知し、携帯端末等にお知らせする「排泄予知のためのウェアラブルデバイス」です。
今後、私たちは排泄問題でお悩みの介護領域の方々だけではなく、トイレへの移動が困難な方、自身の排泄サイクルを知りたい方、育児のトイレトレーニング、ダイビングやドライブ好きの健常者など幅広い用途として「DFree」を利用していただきたいと考えております。



「トイレの失敗」という不安と恐怖を「DFree」が解消し、当事者やそれを支える周りの方々の負担を軽減できると信じています。我々は人々の尊厳を守ります。今日もどこかで漏らしている人がいて、排泄に悩んでいる人がいる。その方々の負担を軽減するために、一刻も早く、「DFree」をお届けすることを最優先に考え、今日も研究開発を進めております。


排泄に悩む全ての方に、「DFree」をお届けします。一刻も早い実用化に向け、ご支援どうぞ宜しくお願いいたします。

▼ この企業を見た方は、下記のような企業も見ているようです。

  • 日本システム企画株式会社

    累計導入実績数4,200棟突破!(2020年3月時点) 〜給水管や空調管など水配管の寿命を延長できる「NMRパイプテクター」〜 ★ランニングコストゼロ! ★メンテナンス不要! ★断水工事...

  • お客様のご要望を具体化する企画、デザイン、キャラクタ制作などをご提案させていただきます。 必要に応じて、グッズ製作の他、POP、チラシ等も含めたご提案もさせていただいており...

  • 株式会社神奈川こすもす

    葬儀サービスの提供 会館運営 保険代理店事業 セミナー・講演活動 霊柩事業

  • 弊社は、イオン株式会社とドイツのシグナスポーツユナイテッドの合弁会社として昨年設立しました。弊社は、『スポーツに取り組むすべての人に、よりゆたかな体験を提供し、楽しく活...

  • 【代表取締役社長】 飯沼 秀一 【ミッション】 コミュニケーションイノベーションで明るい未来を拓く - コミュニケーションギャップを埋める - 【ビジョン】 IPパートナーズは、...

  • 株式会社オロ

    オロは、アイデアとテクノロジーにより企業の内側と外側を強くするソリューションプロバイダーです。 企業の内側を強くするソリューションとは、業務効率化や生産性向上などの経営...

  • マーケティングアソシエーション株式会社

    サービスや商品に関するお問い合わせ対応、顧客対応を代行します。 電話・メール・チャットなどのマルチチャネルを活用した各種コールセンター・コンタクトセンターの構築・運用・BP...

  • 株式会社トップゲート

    弊社は日本で唯一のGoogleのクラウドサービスであるGoogle Cloud Platformトレーニングパートナーです。 また同時に、Google Cloud Platformの再販可能なサービスパートナーでもあります。 Google Clo...

  • ストレスチェック対応でもう悩まない オールインワンパッケージで楽々対応。 紙でもWEBでも! 最低価格保証! ◆紙版「最低価格」を保証! 同様のサービス内容(開封・入力・結...

  • 有限会社中里商店

    ・ふっか水を用いた備蓄水事業の展開 ・自動販売機オンラインデータ収集システム導入による自動販売機のIoT化 ・自販機を無人防災倉庫化するシステムの開発 ・アミューズメン...

キーワードから企業を探す
地域から企業を探す
注目企業ランキング< 週間 >
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。