有限会社永楽堂

事業概要

地元のものを使用したお菓子作り、そして素材の味を活かしたお菓子作りの研究に取り組んでいます。明石で有名な「たこ」や「鯛」にちなんだ商品作りや、実際に明石海峡で獲れた海産物を使用したお菓子など、皆様に喜んで頂ける商品作りと、明石発のお菓子販売に力を入れています。
人気商品の「あかしたこせん」と「ぺったん焼」は、明石産真だこにこだわり、明石海峡で獲れる魚介類を日本全国にお届けしたいという願いのもと、毎日商品作りに励んでおり、また昔ながらの製法と技術を生かしながらも、現代のお客様のご要望に添った商品をお届けできるよう、日々邁進しております。

企業概要

名称 有限会社永楽堂
住所 〒673-0041
兵庫県 明石市西明石南町2-12-19
URL 有限会社永楽堂のWebサイトのURL登録はありません。

商品・サービス

しあわせいっぱい・多幸(たこ)アンバサダー888人募集

しあわせいっぱい・多幸(たこ)アンバサダー888人募集

明石たこせん有限会社永楽堂(兵庫県明石市 代表取締役永井達也)では、明石たこせん永楽堂公式通販ショップ(http://www.takosen.net/ 店長永井仙一)Openを記念し、
“明石ぺったん焼き”を広めてくれる【888人の多幸(たこ)アンバサダー募集】を、2014年7月5日より開始した。
“明石ぺったん焼き”を食べているおいしい笑顔の写真を自身のブログなどで紹介すると、アンバサダーに認定するもので、
【しあわせ・いっぱい 多幸ぺったん】認定ステッカーとお菓子が送られてくる。
“明石ぺったん焼き”は、日本一おいしいと言われる明石の真だこを使用し、職人が手焼きで、30センチ以上の大きさに焼き上げる、地元では人気のせんべい。
店長の永井仙一は、「味と技術にはこだわりつつ、遊び心を大切にしたお菓子を通じて、しあわせなひと時、しあわせな気持ちになっていただきたい。“しあわせ・いっぱい多幸なひと時”を日本中にお届けしていく」としている。

▼ この企業を見た方は、下記のような企業も見ているようです。

  • トップアスリートのコンディション管理 コンディショニングジム運営・管理 チーム・学校法人とのアドバイザー契約 企業・団体向け、従業員パフォーマンス管...

  • 株式会社Liquid

    ◯LIQUID Key ・主にオフィス・ホテル向けで、指紋認証・顔認証によりドアを解錠します。 ・カードを紛失する心配がなく、入退室および出退勤(タイムカード)管理も自動化でき、カー...

  • 声紋分析のソフトウェアを使い、『声』から現在の自分自身の個性や特性を読み取ります。 その状況になった背景をすり合わせながらクライアントが自分自身で解決・変化していけ...

  • マーケティングアソシエーション株式会社

    サービスや商品に関するお問い合わせ対応、顧客対応を代行します。 電話・メール・チャットなどのマルチチャネルを活用した各種コールセンター・コンタクトセンターの構築・運用・BP...

  • sid株式会社 Harehare事業部

    素材の特性を活かし、通常は工事の手間や、手入れが大変な シャンデリアを、harehareの軽量でガラスを超える透明度の素材で制作。 その他にも、グラスやワインクーラーなども制作。

  • 株式会社トップゲート

    弊社は日本で唯一のGoogleのクラウドサービスであるGoogle Cloud Platformトレーニングパートナーです。 また同時に、Google Cloud Platformの再販可能なサービスパートナーでもあります。 Google Clo...

  • 弊社は、イオン株式会社とドイツのシグナスポーツユナイテッドの合弁会社として昨年設立しました。弊社は、『スポーツに取り組むすべての人に、よりゆたかな体験を提供し、楽しく活...

  • 大野農場では「小江戸黒豚」という黒豚を飼育しています。 小江戸川越で繁殖から飼育まで一貫生産された「100%純粋黒豚(イギリス系バークシャー種)」のブランド豚です。 ・ハム...

  • 株式会社労務研究所

     「旬刊福利厚生」は福利厚生に関する日本唯一の専門誌です。企業調査,事例紹介を中心に企業の人事・総務部門で福利厚生の企画・運営に携わるご担当者様への情報提供を行っていま...

  • 株式会社オロ

    オロは、アイデアとテクノロジーにより企業の内側と外側を強くするソリューションプロバイダーです。 企業の内側を強くするソリューションとは、業務効率化や生産性向上などの経営...

キーワードから企業を探す
地域から企業を探す
注目企業ランキング< 週間 >
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。