StrateCutions (ストラテキューションズ)

基本情報

StrateCutionsは「倒産はいらない。社内の力を集結することで会社を繁栄させる」をミッションに、中小企業の戦略と実行をご支援します。

「うちの会社、良いものを持っているが、なぜか儲からない。」18,000件以上、倒産審査した経験からすると、それは、方向性が定まらず社内の力を集結できないからです。戦略と実行ができないのです。

StrateCutionsは、企業顧問として経営者と寄り添い、戦略を立てて実行していける企業を育てます。良きアドバイザーであるだけでなく、伴走者、励まし手そして「良い会社を作る」ことに一緒に取り組む協力者・友として経営者を支えます。

代表者:落藤伸夫(経営革新等支援機関)
StrateCutionsは、”Strategy"と”Execution"を繋いだ造語、「戦略を効果的に実行するマネジメントを支援する」決意を表します。

取り組み姿勢

<あなたの会社を潰させない。儲ける力を身に付けた企業を育てる>

 私は在職中、漫画「ナニワ金融道」を読んで愕然としました。18,000を超える倒産審査案件で、借りたお金を返せない人々が、こんなにも辛い生活を送っているのかと。

 それ以来、私は、生きている企業を救う方法を必死に学びました。中小企業診断士資格やMBAを取得したのも、その一心です。おかげで企業経営者と働き手が協力して「儲かる会社」を目指すマネジメントで支援するコンサルタントになることができました。

 今は企業の顧問として、中小企業のご支援をしています。昨年度まで赤字だったのに今年度は黒字になれた、昨年はそっぽを向かれた金融機関から今年は支援してもらえた、そんな声を聞けるのが、私の一番の喜びです。

 経営者と共に考え、共に行動するコンサルタントに、私はなりたいと思います。そのためにいつも最善を尽くします。

商品・サービス

経営者に寄り添う顧問サービス

経営者に寄り添う顧問サービス

StrateCutionsでは、経営者のいつもそばにいて、社内の力を一つにまとめて御社の力を120%発揮できるようご支援する顧問サービスを行ってます。

1.顧問を活用する目的
・ 経営・管理上の諸問題を解決する
・ 会社の秘めた可能性を引き出す
・ 従業員や経営陣をモチベートする
・ 新たなビジネスチャンスを探す
上に掲げるようなさまざまな目的のためにStrateCutionsの顧問を活用して頂いています。
ある企業は、突発的な事故のため前期に赤字決算となってしまい、金融機関からの資金調達が難しくなったことがきっかけで顧問としてご用命いただきました。就任してすぐに資金調達に取り組むことになりましたが、当社の赤字が一時的な現象であること、中小企業診断士であり認定支援機関である顧問のもとで今期は黒字化できるように社内一丸となって頑張っていることを伝えることで、資金調達することができました。

2.主な取組み
・ 戦略・年度計画策定(財務・事業分析をベースとする)
・ 経営会議による進捗管理
・ 経営者と社員を繋ぐマネジメント支援
顧問としてご契約頂くと、すぐに、御社の財務分析及び事業分析をさせて頂き、戦略計画及び年度計画を策定します。一歩づつ着実に事業改善していくために、計画を策定するのです。前項で例に挙げた企業の場合、この計画を提示することで金融機関の信頼を得ることができました。
計画策定後は、毎月に「経営会議」を開催して、進捗管理します。
進捗に問題があった場合、そのほとんどは経営者と社員の意思疎通ができなかったことが原因となっています。StrateCutionsでは、MCS(マネジメント・コントロール・システム)論に基づいてコンサルティングできる日本で唯一の機関として、経営者と社員を繋ぐマネジメントをご支援しています。

3.顧問のメリット
・ 専門的アドバイスが受けられる
・ 第3者の観点での意見が得られる
・ ペースメーカーが得られる
・ 「背中押し役」が得られる
企業に中小企業診断士などの専門家を顧問として迎えるメリットは、一般的に、以上になります。

4.円熟した顧問としてできること
・ 会社のお医者さんとして現状を把握
・ 会社の見えない問題を見つけて対処
・ リスクを予測して回避
・ 公的制度等を上手に活用
StrateCutions代表である落藤伸夫は、中小企業診断士として18年のキャリアを持ち、大学院で経営学を学んでMBAも取得しています。また、前職の日本政策金融公庫では倒産案件を18,000以上審査してきました。これらのキャリアを活かして、円熟した顧問として「プラスアルファ」のご支援をしています。
最も得意としているのは、中小企業診断士及びMBAという「お医者さん」として企業を診断した上で、経営者も気付いていない問題を対処することです。現実に見えている問題点に集中するのではなく、問題点を起こすきっかけとなった社内体質の改善に集中することにより、迅速かつ着実に成果をあげていきます。

5.顧問を迎えることで可能になること
・ 目標を意識して取組みを強化する
・ 経営者と社員の「間」を取り持つ
・ 進歩のスピードが加速する
・ 今まで得られなかった成果が得られる
StrateCutionsを顧問としてお迎え頂いた企業様には、以上のようなメリットがあったとの感想を頂いています。特に、毎月実施する経営会議は、目標を意識する上で重要な役割を果たしています。「来月にはより良い成績をあげたい」という経営者・社員一丸となった気持ちが、成果を生み出すのです。そのため、これまでになかったスピードで進歩できている、進歩できているとのご感想を頂いています。

6.経営顧問の活用をお勧めする場合
・ 自社の状況等が自分では分からない
・ 忙しくて戦略や計画が立てられない
・ 経営に自信がない
・ 早急な対策が必要な状況にある
以上の経緯から、多くの企業様にStrateCutionsによる経営顧問サービスをお勧めしています。特に「今までずっと収支トントン(もしくは若干の赤字)だったので、こんなものかなと思っているのに、金融機関の対応が厳しくなってきた」という企業・経営者の皆様にご活用をお勧めしています。ご自分では「こんなものかな」と思っていても、金融機関から「このままでは支援できませんよ」と言われたら、早急な対応が必要です

御社をもっと「儲ける力のある企業」にするため、そして金融機関から支援してもらえる企業にするため、StrateCutionsでは全力を尽くします。是非、会員限定割引サービス 【返金保障付き】お試し経営コンサルティングをご活用ください。

ホワイトペーパー・カタログのダウンロード もっと見る

会員限定割引サービス

新聞掲載注目情報 もっと見る

プレスリリース 一覧

コラム もっと見る

  • 2018年を迎えるにあたってStrateCutionsでは、StrateCutionsらしい、しかし今まで行なっていなかった新しい取組みを行うことにしました。代表者である落藤が前職で「倒産審査マン」だった間に培った知識・ノウハウをみなさんにお伝えすることです。倒産企業から学ぶのです。倒産企業から学ぶことにより、企業には意外な落とし穴があることや、事業改善のタネがあることに気が...

  • 昨年まで、現場マネジャーが行うマネジメントについて、世界標準のマネジメント理論である「MCS(マネジメント・コントロール・システム)論」をベースに考えてきました。日本では「マネジメント」について省みることがほとんどないようですが、世界では「マネジメントとはこういうものだ」という姿がきちんと描かれていて、それを学ぶように促されています。日本の...

  • 中小企業経営者のお悩みベスト3は売上と人材教育、資金繰りだと言われています。本コラムは特に「資金調達」にスポットライトを当ててお送りします。中小企業が資金調達を考える時に、中小企業金融政策のことを忘れることはできません。資金調達の難易度だけでなく、どうやれば調達できるかは、政策の動向によるところが大きいからです。皆さんもご存知のように、20...

  • ドラッカーが教える経営の真髄を、立上げ期から企業の成長に沿って学んでいきます。ドラッカーを学びながら起業した筆者の体験をもとにしたお話も織り交ぜていきます。

  • 当たり前すぎて省みることのない「マネジメント」について、改めて考えてみます。実は過去の経緯や誤解に基づいたマネジメントが常識となっている場合があり、これを改善することで飛躍的にマネジメントのパフォーマンスを改善することができる可能性があります。本編は前編として、現場マネジメントについて考えます。

  • 今も色褪せないドラッカーの教えから経営の神髄を学びます。

インタビュー

経営コンサルティングを事業としていますが具体的にはどのようなものですか。  マネジメントを軸に企業の発展を支援したいと考えています。マネジメントの役割とは何か?例えば、一人の働き手が100日かけて完成させる仕事を10人でやれば10日で仕上げることができるでしょうか。それは無理です。10日で仕上げるにはマネジメントが必要です。しかし...

企業概要

住所 〒160-0023
東京都 新宿区西新宿7-4-7 イマス浜田ビル 5階
設立 2015年10月1日
URL

http://stratecutions.jp/

StrateCutions (ストラテキューションズ)