「教育で起業する」という生き方―協会ビジネス

第1回

社会に良いことをしながら儲かる仕組みを作る

前田 出 2015年6月28日
 
0歳と3歳の子供を持つ主婦が、クッキー教室の先生を1600名養成して、設立1年半で年商1億5000万円。そして、文部科学大臣賞を受賞。

3年前に始めた「怒りをコントロールする」セミナーは企業研修や商工会議所等から要請が殺到、去年は1500講演で55,000名が受講。

私が主催していたホビークラフト事業は13年間で47,000名のインストラクターを養成、年商9億円の事業にまで成長しました。

事業に教育を取り入れる。
教育で起業する。

どうして、主婦が立ち上げた事業が1年半で山形と秋田を除くすべての県にインストラクターを作ることができたのでしょう?

どうして、怒りをコントロールするという講演が5万5千名の人を集めるのでしょう?

協会ビジネスは、広告宣伝や営業活動を地道に行い、少しずつ顧客を増やして行くモデルではなく、一気に数万人の顧客を引き寄せてしまうビジネスモデルです。

わかりやすく説明すると、あなたがフランチャイズの本部になり、認定講師と言うフランチャイジーを募集・育成していくモデルです。販売する商品はセミナー。そして、「セミナー」と言う商品を販売する仕組みを作り上げていくことです。

協会ビジネスの特徴は5つです。
1.急速に全国展開ができる
1年半で全国に1600名のインストラクターを養成することができます。協会ビジネスは、教えるという武器で、販売拠点と広告拠点を一気に獲得できます。

2.小資本で開始できる
教材販売のない協会ビジネスは、300万円もあればスタートできます。
認定講座を立ち上げるときは、認定講師をはじめから作ることです。ピラミッドを下から順番に作るのは時間がかかります。業界ナンバーワンになるためには、短期養成講座で上から一気に認定講師を作り出すモデルを構築します。

3.認知度が一気に上がる
一気に1000名以上のインストラクターが誕生すると、業界では大きなうねりを作り出すことができます。専門誌や業界紙からの取材が入り、地方ではラジオ、テレビの取材も入ります。

4.業界ナンバーワンのポジションを確立できる
業界での注目度が上がれば、出版の依頼もたくさん来ます。主催者以外に認定講師からもスターが誕生してきます。教材の購入量も増え、雑誌等への出向が増えることにより、作ったカリキュラムが業界の標準になり、教科書のポジションを取ることができます。

5.集客力、動員力が上がる
バーチャルな世界で「何十万人会員がいます」と誇っても、リアルに集客してみると「オフ会で50人集まりました」といった程度の動員力しかないサイトが大半です。
協会ビジネスの魅力は、認定講師が独自にリアル会員を持っていることです。私たちが、デパートイベントをおこなえるのも、このリアルの動員力があるからです。そして、この動員力に、新たな受講生や企業提携、メーカー協賛が集まります。

社会に良いことをしながら、儲かる仕組みを作りだす。
これが協会ビジネスの理念です。
 
 
 このコラム筆者のe-ラーニング講座開講中! 教育起業家育成講座
~セミナー講師として長期的に活躍するためのすべて~
 「セミナー講師」として稼ぎ続けるために
必要不可欠な要素とステップを一流の講師陣13人が徹底指導します!

前田出(マエダ イズル)

一般社団法人 生涯学習認定機構 代表理事

女性起業支援として、「好きを仕事に!」をテーマに公益財団法人 日本生涯学習協議会(所管:内閣府)の監修・認定で「認定講師」を作る講座を開講。

楽習フォーラム(http://www.gakusyu-forum.net/index.php)
13年間で47,000名の「認定講師」を養成。

2007年よりビジネス業界に「新・家元制度」を提唱。
ダイヤモンド社より、一気に業界NO1になる「新・家元制度」顧客獲得の仕組みを出版。
http://amzn.to/HhB5iM
「学び」を「仕組み」に変える新・家元制度 (アチーブメント出版 )http://t-p.bz/AAY1Qd

神田昌典氏と開催した「インストラクター事業構築セミナー」は63万円の高額なセミナーにも関わらず210社の応募。神田昌典氏をして「今までの優良ビジネスが、幼稚に思えてしまう。」と言わしめるビジネスモデルを構築。著名な著者達がインストラクター事業に参入し、教育事業を自社のビジネスに導入。

5年間で70協会の設立に関わり、12協会が年商1億円超えを達成。
2020年までに年商1億円の協会、200団体を目指す。小椋佳氏から曲をもらい、アマチュア劇団ヤングゼネレーションのプロデュース&キャストとして、日本で初めてアマチュアミュージカル全国講演を行い、10万人を動員。
サントリー地域文化賞を受賞。

その動員力と企画力を見込まれ、知事、市長、町長、衆参議院選挙等15選挙をプロデュース。マニフェスト選挙のさきがけを作る。

20年間、毎週月曜日に、和歌山から東京へ飛行機通勤。
2地域居住の利点を生かそうと和歌山の海、山、川でヨット、農業、カヌー等を実践する「元気なオヤジ倶楽部」を立ち上げ、地方の活性化プランとして団塊世代のオジサンたちを「先生」にするプロジェクトを構築。

経済産業省サービス産業創出支援事業(観光・集客交流サービス分野)に採択される。

東京FM傘下のミュージックバードで全国63のコミュニティーFMで「0から1を生む力」のパーソナリティーとして、毎週日曜日に放送。
http://0kara1.net/index.html

新・家元制度 前田出オフィシャルサイト 

http://www.maeda-izuru.com/

コラム 「教育で起業する」という生き方―協会ビジネス

同じカテゴリのコラム

コラム検索
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

ビジネスカレッジ(IBCセミナー)

一覧へ

シアタースタイル アルティメット 究極のプレゼン塾

二代目社長育成講座

お金儲けのためのSNS・ブログ勉強会