株式会社ANGEWORK

基本情報

ANGEWORK(エンジェワーク)はIoT、スマホアプリ、最先端開発を得意とする
ソフトウェア専門の開発業者です。

ジャンルは、組み込み等のエンタープライズ向けから、スマホアプリ等のコンシューマ向けまで
広く対応しております。

特に、世の中にまだ出回っていない最先端技術のR&D開発を得意とし、
実現方法が確定していないニッチなご要求の開発実例が多数ございます。

「実現方法が解らない」、「どこに頼んで良いか解らない」案件こそ
是非弊社にご相談ください。

取り組み姿勢

【ANGEWORKの特徴】
・HTMLからC++まで幅広い実績と経験を元に、お客様視点の現実的なご提案を致します。
・上流工程は20年以上のキャリアがあるSEが実際のヒヤリングからご提案まで担当致します。
・最先端技術の調査研究、レポートの作成等に対応致します。

【ANGEWORKのサービス概要】
・ソフトウェアの受託開発・保守
・Unityによる2D/3Dゲーム・業務用アプリ制作・販売
・Unity Pluginの開発・販売
・組み込みを含む、IoT開発
・iOS/Android向けネイティブ・ハイブリッドアプリ・ミドルウェア・フレームワーク開発
・HTML5/CSS3/JavascriptフレームワークによるWeb開発
・サーバサイド(php/Ruby/Java)開発
・ウェアラブルデバイス用アプリケーション開発
・西洋、東洋の各種占いシステム開発

商品・サービス

Runtime STL Loader

Runtime STL Loader

Runtime STL Loader は、スマホ向け3D開発ツールであるUnity(別名:Unity3D)で、3Dプリンターや3Dスキャナーの独自フォーマット「STL」を表示可能にするプラグインです。

Unityは、スマートフォン向け3Dアプリ開発で定番のツールですが、STLデータのインポートや表示機能はサポートしておりません。
Runtime STL Loader を適用するとSTLデータを読み込み表示することが可能となり、CADや3Dプリンタとの親和性が向上します。

3Dスキャナーでデータ化したフィギュアや医療用データをスマートフォンやタブレットで扱えるようになるため、3Dプリンタ/CAD業界のIoT化促進に大きく貢献する事を可能とします。

ホワイトペーパー・カタログのダウンロード もっと見る

新聞掲載注目情報 もっと見る

プレスリリース もっと見る

インタビュー

事業内容について教えてください。 当社は「新技術にチャレンジし、実用する」をコンセプトに、PC、スマートフォン、Webサーバー等のソフトウェア受託開発・保守、ソリューション事業を行っています。実現方法が確定していないニッチな要求の開発実例も多数あり、「どこに頼んで良いか解らない」という案件を最終的に当社が担当させていただくケースも多々あります...

企業概要

住所 〒101-0022
東京都 千代田区神田練塀町73番地 プロミエ秋葉原703
設立 2011年4月
資本金 300万円
URL

http://angework.co.jp/

株式会社ANGEWORK