ボングゥー特許商標事務所/ボングゥー著作権法務行政書士事務所

基本情報

ボングゥー特許商標事務所は、中小企業や個人事業の方々に寄り添い、事業計画に最良と思われる権利範囲での特許権、意匠権、商標権の取得をサポートしています。
■ 国内特許出願、外国特許出願
■ 国内商標登録、外国商標登録
■ 意匠登録
■ 知的財産権のご相談(初回無料)

ボングゥー著作権法務行政書士事務所は、美術、文芸、音楽、映画、芸能、漫画、アニメ、ゲーム、WEB制作、広告などの著作物を取り扱う企業の方々やクリエイターを対象に、 法務コンサルタントを行っています。
■ 著作権のご相談 (初回無料)
■ 契約書作成
■ 著作権登録

所長(弁理士・行政書士) 堀越 総明 (ほりこし そうめい)
日本弁理士会所属 登録番号20591号
東京都行政書士会所属 登録番号11080490号
東京都行政書士会著作権相談員

<電話> 03-5244-6830

取り組み姿勢

ボングゥー特許商標事務所は、みなさんの知的財産の戦略を共に考えるパートナーです。みなさんの立場になって真剣に考え、みなさんの事業計画に最良と思われる権利範囲での特許権、意匠権、商標権の取得を提案します。そして、権利取得後も、その活用・保護について積極的にサポートします。

また、ボングゥー著作権法務行政書士事務所は、著作権に関するご相談から、契約書作成や文化庁への著作権登録に至るリーガルサービスまで、親身でわかりやすいサポートを提供しています。
その他、アーティスト・クリエイターによる会社設立のサポートや、商取引上の一般的な法務相談にも的確なアドバイスや書類作成でお応えしています。

商品・サービス

特許出願、商標登録、意匠登録、著作権コンサルタント

特許出願、商標登録、意匠登録、著作権コンサルタント

1.特許出願、商標登録、意匠登録

■ 国内特許出願、外国特許出願、国内意匠登録、外国意匠登録
日々のビジネスの中で、みなさんの創意工夫の上に誕生する新しい技術、美しく機能的なデザイン。これらは、他社との競合に打ち勝つ大きな武器となりますが、残念ながら、何の手当もしないと、他社に容易に模倣されてしまい、それまでの努力が水の泡となってしまいます。また、そればかりか、売上アップを見込んで行った設備投資が無駄になるなど、経営そのものに打撃を受けかねないこととなります。
そうならないためにも、他社に先駆けて、特許出願、意匠登録出願をすることは、とても大切です。
また、グローバル経済を生き抜くためには、日本国内での特許権、意匠権の取得のみならず、外国での権利取得にも気を配らなくてはいけません。

○国内特許出願
○外国特許出願
○国内意匠登録
○外国意匠登録

■ 国内商標登録、外国商標登録
商品やサービスのネーミング、会社のロゴマークなどは、みなさんの事業の信用をあらわすものであり、市場での優位性を保つための重要な財産です。しかし、これらも模倣されてしまうと、みなさんの信用にただ乗りして不当に利益を上げる会社が現われたり、同じネーミングで粗悪品を販売されてしまい、みなさんの信用が害されてしまうこととなります。
そうならないためにも、早期に、国内及び国外にて、商標登録出願をすることは大切です。

○国内商標登録
○外国商標登録

2.著作権コンサルタント

■ 著作権契約書作成
私たちの日常では、美術、デザイン、音楽、漫画、小説など多くの著作物に取り囲まれ、もはや著作物に関わらずにビジネスをしていくのはほとんど不可能と言っても過言ではありません。それでもついつい「契約って面倒くさい」とか「仕事相手を信頼しているので大丈夫」と思いがちですが、最初の取り決めを怠ると、著作物の経済的価値が上昇した後などにつまらない揉め事が起き、せっかく築きあげてきた良好な信頼関係が崩れてしまうことも珍しくありません。
こうした紛争を事前に予防するため、また相手方から一方的に不利益な契約を押しつけられないためにも、専門家に相談して契約書を作成することをおすすめします。
そうすることで、著作物を利用する側も、著作物を制作する側も、気持ちよく仕事ができ、お互いに協力し合いながら著作物の価値を最大限高めることができるのです。

○著作物制作に関する業務委託契約書
○著作物利用許諾契約書(ライセンス契約書)
○著作権譲渡契約書
○出版権設定契約書
○秘密保持義務覚書
○WEBサイト利用規約
○出演契約書
○アーティスト専属マネジメント契約書
※その他の契約書についてもご相談ください。
※英文の契約書にも対応しています。(国内法を準拠法とする契約書に限ります。)

■ 文化庁への著作権登録
著作権は、著作物(美術作品、イラスト、写真、漫画、小説、楽曲、歌詞、ホームページ、マニュアル、プログラムなど)を創作したときに自動的に発生する権利です。したがって、特許権のように特許庁に登録しなければ権利として認められないような性質のものではなく、通常は文化庁への著作権登録を行う必要はありません。
ただ将来の著作権をめぐる紛争を回避し、また著作権をより有利に行使するために、当事務所では下記の著作権登録をおすすめしています。

○著作権譲渡の登録
○実名の登録
○第一発行(公表)年月日の登録
○著作権の質権設定登録
○出版権設定の登録
○プログラム著作権の登録
※プログラムの著作権は、文化庁ではなく、SOFTIC(一般財団法人ソフトウェア情報センター)への登録となります。
※その他の著作権登録についてもご相談ください。

3.知的財産権についての相談(初回相談無料です)
○他人の特許発明、登録意匠、登録商標、著作物を利用したい。
○自分の特許発明、登録意匠、登録商標、著作物が勝手に使われるのをやめさせたい。
○他人の特許権、意匠権、商標権、著作権を侵害していないか?
※その他の知的財産権についてのご相談もお受けいたしております。

4.その他

■ 会社設立
アーティストやクリエイターの多くは、個人事業主として制作を行っています。ただ事業を成長させていく上では、会社の設立は重要となってきます。社会的信頼が増すことで、大企業との取引も容易となる他、優秀な人材を集めるために社会保険を整備することもできます。更に、個人事業で課税所得が1,000万円を超える場合は、税制面でも有利といえます。
また現在は、新会社法により、資本金は1円から取締役は1名からと、会社設立の条件はいたって低くなっています。
当事務所では、会社設立に必要な書類の作成およびご相談を承っています。

■ セミナーや講習会の講師
知的財産権に関するセミナーや講習会の講師を行っています。それぞれの業界にマッチングした具体的事例をもとに、楽しくわかりやすい講習となっています。ご希望の時間、場所、ご予算に合わせた対応をさせていただいています。

会員限定割引サービス

新聞掲載注目情報 もっと見る

コラム もっと見る

  • 本コラムでは、商品名・サービス名のネーミング、ロゴやキャラクターのマークなど、ビジネスでは欠かすことができない商標について、誰もが適切に商標権を取得し、また他人の商標権を侵害しないように、商標に精通した弁理士が、身近な話題を例にとり、商標のルールやマナーをやさしく解説していきます。

  • 本コラムでは、IT技術の進展により、これまで以上に、映像、音楽、イラスト、文章など多くの著作物に取り囲まれている日常で、知らず知らずのうちに、誰かの著作権を侵害してしまい、多額の賠償金を請求されたり、会社の信用を失墜させたりすることがないように、著作権に精通した弁理士が、身近な話題を例にとり、著作権のルールやマナーをやさしく解説していきます。

  • 本コラムでは、IT技術の進展により、これまで以上に、映像、音楽、イラスト、文章など多くの著作物に取り囲まれている日常で、知らず知らずのうちに、誰かの著作権を侵害してしまい、多額の賠償金を請求されたり、会社の信用を失墜させたりすることがないように、著作権に精通した弁理士が、身近な話題を例にとり、著作権のルールやマナーをやさしく解説していきます。

  • 本コラムでは、IT技術の進展により、これまで以上に、映像、音楽、イラスト、文章など多くの著作物に取り囲まれている日常で、知らず知らずのうちに、誰かの著作権を侵害してしまい、多額の賠償金を請求されたり、会社の信用を失墜させたりすることがないように、著作権に精通した弁理士が、身近な話題を例にとり、著作権のルールやマナーをやさしく解説していきます。

  • 本コラムでは、IT技術の進展により、これまで以上に、映像、音楽、イラスト、文章など多くの著作物に取り囲まれている日常で、知らず知らずのうちに、誰かの著作権を侵害してしまい、多額の賠償金を請求されたり、会社の信用を失墜させたりすることがないように、著作権に精通した弁理士が、身近な話題を例にとり、著作権のルールやマナーをやさしく解説していきます。

インタビュー

 もともと、2006年から株式会社ボングゥーというクリエイティブコンテンツの企画会社を経営しています。若手アーティストとのネットワークを活かして、アートイベントの企画・運営、オリジナルアニメーションやキャラクターの制作などを手掛けています。  このような事業をしていると、著作権とは切っても切れない関係で、私自身も著作権の知識を持っ...

虎の巻・書式 もっと見る

企業概要

住所 〒120-0034
東京都 足立区千住1-26-1 トロイアビル8階
URL

http://www.bon-gout-pat.jp/

ボングゥー特許商標事務所/ボングゥー著作権法務行政書士事務所