プレスリリース

【新刊】「知らなかったでは済まされない著作権の話」(上)・(下)が電子書籍で発売

ボングゥー特許商標事務所/ボングゥー著作権法務行政書士事務所 投稿日:2018年5月1日

サービス分野: [ その他(新刊(著作権)) ]

【新刊】「知らなかったでは済まされない著作権の話」(上)・(下)が電子書籍で発売

※本書は、ボングゥー特許商標事務所(所在地:東京都足立区)の所長弁理士である堀越総明が執筆いたしました。

フジサンケイビジネスアイが運営する企業情報サイト“イノベーションズアイ”の連載コラム「知らなかったでは済まされない著作権の話」が、パンダ・パブリッシングから電子書籍として2018年4月27日に発売されました。
本書は、弁理士の堀越総明が、“ありがちな著作権トラブル”をストーリー形式で分かりやすく解説する「一番やさしい著作権の入門書」です。

○ 本書の販売サイト
知らなかったでは済まされない著作権の話(上)
https://amzn.to/2HqwUnP
知らなかったでは済まされない著作権の話(下)
https://amzn.to/2HpmGrX

1.本書の内容

■ 法律になじみのない人向けの入門書
弁理士が、“ありがちな著作権トラブル”をストーリー形式で紹介し、分かりやすく解説していく1冊です。
法律になじみのない人でも読みやすく、“ここだけは注意してほしい点”が分かる内容となっています。

■ クリエイティブに関わっていない人にこそ読んでほしい
今はインターネットの普及によって、文章やイラスト、写真、音楽、映像などの多くがデジタルファイルで流通しており、たいへん便利な世の中になりました。
しかしその反面、ちょっとした勘違いで、容易に著作権を侵害してしまう危険性をはらんでいます。
もはや著作権は、クリエイティブに関係する人が知っていればよい専門知識ではなく、私たち全員が知っておかなければならない一般知識となっているといえます。
本書は、専門家やクリエイティブに関わっている人以外の、むしろ著作権と関わりがないと思っている人に読んでほしい「一番やさしい著作権の入門書」です。

■ 構成
<上巻>
第1回 「ひこにゃん事件」ってなぜ大騒ぎになったの?《著作者人格権》
第2回 アイデアを出したのに、著作者じゃないの?《著作者の認定》
第3回 社員が描いたイラストの著作権は誰のもの?《職務著作》
第4回 職場の内部資料にならイラストを自由に使える?《私的使用》
第5回 「007シリーズ」の格安DVDはいつ発売される?《保護期間》
第6回 買った絵画の絵ハガキは自由に作れる?《所有権と著作権》
第7回 音楽をダウンロードしただけで逮捕される?《違法ダウンロードの刑事罰化》
第8回 入社試験の問題に著名人のエッセイを勝手に掲載できる?《試験のための利用》
第9回 会議資料に有名キャラクターのイラストを利用できる?《検討過程の利用》
第10回 タレントの写真入りTシャツを勝手に販売するのは著作権侵害?《パブリシティ権》
第11回 『ハリー・ポッター』の続編を勝手に執筆してもいいの!?《小説の登場人物の著作権》
第12回 なぜ「キティちゃん神社」の御神体は撤去された?《利用許諾の範囲》
第13回 「くまモン」が写り込んでいる旅行写真は著作権侵害?《写り込み》
第14回 お店のBGMに音楽CDをかけると著作権使用料がかかる!?《演奏権》
第15回 お店のBGMの著作権使用料を払っていても著作権侵害に!?《支分権①》
第16回 商品カタログの電子版をホームページに掲載できる?《支分権②》
第17回 テレビドラマ「半沢直樹」の著作権者はTBSだけ?《二次的著作物》
第18回 ワールドカップのパブリックビューイングを勝手にやったら著作権侵害?《伝達権》
第19回 お店で映画のDVDを上映することはできる?《業務用DVD》
第20回 音楽配信サービスをお店のBGMで流しても大丈夫?《音源提供事業者》
第21回 AI(人工知能)が創作した小説の著作権は誰のもの?《著作物性》

<下巻>
第1回 キャッチコピーやスローガンに著作権はない?《著作物性①》
第2回 マルCマークをつけ忘れると著作権は保護されない?《著作権表示(マルCマーク)》
第3回 子供の描いた落書きには著作権はない?《著作物性②》
第4回 ゴーストライターが書いた本の著作権は誰のもの?《著作者の認定》
第5回 引用としてなら他人の文章をコピペしても罪にならない?《引用》
第6回 屋外のアート作品を撮影しカレンダーにしても大丈夫?《公開された美術の著作物等の利用》
第7回 ワールドカップの歴代優勝国データは著作権で保護される?《データベースの著作物》
第8回 著作権使用料を払っていれば、曲をアレンジして使っても大丈夫?《同一性保持権》
第9回 著作権の譲渡を受けたのに、二重譲渡で別の人が著作権者に?《文化庁の著作権登録》
第10回 業務で制作したデザインの著作権は会社のもの? 社員のもの?《職務著作》
第11回 外注で制作したデザインの著作権は会社のもの? 外注先のもの?《著作権の帰属》
第12回 業務上の違法コピーは会社の責任? 社員の責任?《パソコンソフトの不正コピー》
第13回 そっくりなエンブレム、シンボルマーク、ロゴマークは著作権侵害になる?《商標権と著作権の違いと、著作権侵害の要件》
第14回 イメージやコンセプトは著作権で保護される?《著作物性③》
第15回 2人の連名で出版した本の著作権は2人のもの?《共同著作物》
第16回 キャラクターの生地を商用利用したら著作権侵害?《消尽》
第17回 WEBやアプリの画面デザインは保護される?《創作性》
第18回 本のタイトルは著作権侵害ではない?《タイトルの著作権①》
第19回 本のタイトルには著作権がないので勝手に変更できる?《タイトルの著作権②》
第20回 音楽教室での楽曲利用でも著作権使用料を支払う?《演奏権の「公衆」》

2.著者プロフィール
堀越総明(ほりこし・そうめい)
弁理士。ボングゥー特許商標事務所・ボングゥー著作権法務行政書士事務所所長。
日本弁理士会所属、東京都行政書士会所属、東京都行政書士会著作権相談員、東京都行政書士会任意団体著作権ビジネス研究会会員。

3.本書概要
(1)タイトル:知らなかったでは済まされない著作権の話(上)・(下)
(2)著者:弁理士 堀越総明
(3)出版社:パンダ・パブリッシング
(4)価格:通常価格は上下巻各600円(5月7日までは特別価格として上下巻各250円)

【出版に関するお問合せ先】
株式会社パンダ・パブリッシング
〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-8-11 大富ビル2F
TEL :03-6869-1318

【ボングゥー特許商標事務所】
所在地:東京都足立区
代表者:弁理士 堀越 総明
業務内容
特許、商標登録、意匠登録、実用新案登録の出願代理。
著作権登録の申請代理。
特許調査、商標調査、意匠調査。
知的財産権の利用・保護に関するご相談。
知的財産権に関する契約書作成。
URL:http://www.bon-gout-pat.jp/

【ボングゥー著作権法務行政書士事務所】
所在地:東京都足立区
代表者:行政書士 堀越 総明
業務内容
著作権の利用・保護に関するご相談。
著作権に関する契約書作成。
文化庁への著作権登録。
URL:http://www.bon-gout-office.jp/

お問い合わせ先

ボングゥー特許商標事務所
〒120-0034 東京都足立区千住1-26-1 トロイアビル8階
担当:堀越 総明(ほりこし そうめい)
E-mail:info@bon-gout-pat.jp
TEL :03-5244-6830

 
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

プレスリリース検索