全米フットボール協会(NFL)が日本で技術探索。賞金総額10億円

株式会社ナインシグマ・ジャパン       投稿日:2013年5月16日 サービス分野: [医療] [海外・グローバル]

 

国内で技術仲介業を営むナインシグマ・ジャパンは、NFLとGEの依頼を受け、日本国内で「脳損傷診断技術」の探索を行います。現在、脳損傷を精度よく診断する技術は、フットボール選手以外に、傷痍軍人や一般市民にとっても重要です。一方で、脳の状態を精緻に診断することは容易ではなく、このたび、世界中から有望な技術の募集をおこなうこととしました。

特に日本の高度な医療技術に期待するNFLは、日本で技術仲介業を行うナインシグマに依頼し、日本における技術探索を行っています。なお、有望な技術に対する補助金総額として10億円(1000万ドル)を準備しています。

補足:
アメリカンフットボール選手は、プロテクターはつけているものの、ハードヒットがつきもので、ヒットするほう、されるほう、両者にとって身体的なダメージは大きいです。残念ながら死亡事故も毎年発生しておりますが、その要因として、軽度な脳損傷を診断できずにプレーを続行してしまうことに起因することも多いです。
今回の技術が実現されれば、不幸な事故が未然に防げると期待しています。また、フットボール選手以外への適用も期待されています。

 
 

お問い合わせ先

星野達也 hoshino@ninesigma.com
03-3219-2005

プレスリリースへのコメント
[コメントを投稿する]

[1] 2013年5月17日(金)17:44 星野達也  

詳しくは弊社ウェブサイトでご覧いただけます。
http://www.ninesigma.co.jp/RFP/GENFL/Challenge.pdf

「特殊技術・特許」 に関連する注目企業

PageTop