プレスリリース

Willの醸成!あなたは、どんな花を咲かせたくて働いていますか。法人向けプログラムスタート!

株式会社あおむし 投稿日:2017年3月29日

サービス分野: [ 教育・人材 ]

Willの醸成!あなたは、どんな花を咲かせたくて働いていますか。法人向けプログラムスタート!

法人向けプログラム「人生の花を描く」ワークショップ

ストーリーを編んでいく過程の中で、自らの人生が自然に描き出され、一冊の絵本となって可視化されるワークショップです。
あなたは、どんな花を咲かせたくて働いていますか。
Drawing My Best Vision!!
自己を見つめ、他者の想いを受け入れ、自らが進むべき未来の視界を良好にするプログラムです。

対象:階層別(新入社員・若手社員、中堅社員、管理職等全階層対象) 他
所要時間:3時間

【内容】
1.過去・現在、未来の自分を俯瞰する絵本「じっとみて。」を一人一冊作成します。
2.植物の成長シーン(タネ→芽→栄養→花→未来のタネ)に自己を投影し、湧き出すイメージを描き出します。
3.すべてのシーンで参加者同士が交流し、「発見」や「驚き」「多様な世界観」などを体験できるように設計されています。
4.誰もが持つミッション・ビジョン、そして実現へのコミットメントが可視化・共有化されます。

【7つの目的】
①自分軸の確認・発見
②可能性への手応え
③コミットメントの可視化
④自分・他者の心理的な壁の解消(コミュニケーション)
⑤ダイバーシティ・インクルージョン
⑥浄化作用
⑦リラックス効果など。

【5つの期待できる効果】

①ビジョン確認・発見、willの醸成
仕事を通してどんな自分を目指すのか、入社時の自分から始まるストーリーを編み、目指す自分(なりたい自分)を描くことで、目標が明確になります。

②仕事への姿勢
未来のビジョンが見えてくると、取り組み方が変わります。
創意工夫やリーダーシップなど、仕事への姿勢がポジティブな方向へ向かいます。

③相互理解・連携・チームビルディング
お互いの目には見えない思いを知り、一歩深い理解が生まれます。 思いやりや尊敬の念が芽生え、チームワークへ貢献します。

④イノベーションのための素地作り
未目標を追いかけ続けていると息切れしてしまうものですが、 イマジネーションを楽しむ時間を持つことで、新しい価値を創出するための柔軟性を高めます。

⑤社内活性化
前向きな姿勢は個人だけでなく、社内全体へも良い影響を及ぼします。 はつらつとした良い空気は、社内活性化へつながります。


【主な実績】
横浜市経済局の補助金事業「女性起業家ネットワーク形成促進事業」、公立小・中・高教職員研修、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)、東北活性研講座、内閣府 青年国際交流事業、横浜国大授業、名古屋市立大、大東文化大、明治大学、関西学院大学、ユネスコ世界会議ポスター展、その他自主開催等」多数、実施人数1300名以上

【参加者の声】
横浜市経済局女性起業家ネットワーク支援事業より
目をつぶって直感で見えるものは、アタマで考えるものとは違っていて面白かったです。感想を書くのもさらにたのしく、初対面の人たちでも、その本質的なものが現れているのが興味深いです。(53歳)
絵を描きながら自分の今の心の状態が分かりました。おもしろいですね。次の一歩が見えました。(30代)
これから自分のやるべきことが明確になりました。人の目を気にすることなく、はばたきたいと思いました。参加させていただき本当にありがとうございました。(40代)
色々なタイプの女性とお会いできた事に感謝です。みなさんとてもキレイな絵を描いていました。(40代)
将来に必要なものが確認できた。(30代)
周りの人の感性に触れることで新たな気づきもありました。皆様に感謝。(30代)
今回参加された方々が、自立された女性で、個性も違いますが、最後の発表でお互いを認め合う。そしてそれぞれの未来向上心が共有できて良かったです。(47歳女性)
自分の変化、自分の今を知る。いろんな人、価値観にふれる。(40代)などなど

お問い合わせ先

株式会社あおむし みらい育事業部
sato@aomsuhi.com
221-0053
神奈川区橋本町2-5-3 BW2405 八木

 
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

プレスリリース検索