コラム

マネジメントカテゴリ 新着コラム

  • 飲酒運転ゼロへ高精度化

     独自の「池(市場)」を見つけ出し、その池の「クジラ(圧倒的なシェア・ナンバーワン)」となって高収益を獲得・維持している中堅企業を紹介している。今回は業務用アルコールチェ...

  • “人財”不足解消のカギは…

     将来推計人口によれば、2015年に7700万人だった生産年齢人口(15~64歳)は、10年後の25年には7100万人となり、そして20年後の35年には6300万人となる...

  • 提供側目線で物事を見る

     政府は労働力人口が減少し続ける中で、長時間労働・残業など悪しき慣習が経済の足を引っ張り生産性低下の原因になっていると考え、働き方改革に積極的な動きを見せている。

  • 上級マネジャーの役割(財務的成果マネジメント)

     上級マネジャーの役割の最後は『財務的成果マネジメント』だと、三上取締役は言います。これまで指摘した、戦略に関わる『戦略創造・ブレークダウン』、『現場マネジャーへのマネジ...

  • 上級マネジャーの役割(マネジメント体制の再整備)

     マネジメント体制の再整備が上級マネジャーの重要な役割だと最初に聞いた時には「?」だった中川部長も、今ではその大切さがわかっています。マネジメント・コントロールとは「マネ...

  • 上級マネジャーの役割(間接部門を含めた部門間の連携)

     上級マネジャーともなると、自分の配下にある部門のことだけ考えていれば良いのではありません。他部門との連携も考える必要があるそうです。但しそれは「他部門から何か要望等があ...

  • 上級マネジャーの役割(現場マネジャーのマネジメント)(後編)

     上級マネジャーの役割として筆頭にあげられるものとして「現場マネジャーのマネジメント」があります。これまで三上取締役から戦略やフィードバックに係る役割を教えてもらいました...

  • 上級マネジャーの役割(現場マネジャーのマネジメント)(中編)

     上級マネジャーの役割を教えてもらっている中川部長。次の役割は「結果のフィードバック。」以前は部下を評価して改善を要求することだと思い込んでいた中川部長も、今では自分自身...

  • 「成功」=「ライフスタイル」×「年収」1

     成功するための最初のステップは「自分にとっての成功を決める」ということなのです。実は、これが一番大切な事です。成功と一言に言っても、描くものは人それぞれです。タワーマン...

  • 目標と予定がない③

     事業計画といっても内容や策定過程には複数の種類があることがわかります。それぞれに意味や、特徴があるのですが、もし皆さんの会社が、事業計画を策定・運用することに慣れていな...

  • 目標と予定がない②

     前回は会社にとっての目標と、それを達成するための管理ツールである事業計画の有用性について述べてきました。ただそれをうまく運用するためには、いくつかの「コツ」がいります。...

マネジメントカテゴリ コラム一覧

落藤 伸夫の ドラッカーから学ぶ

ドラッカーから学ぶ 落藤 伸夫

 今も色褪せないドラッカーの教えから経営の神髄を学びます。

アタックスグループの 知恵の経営

知恵の経営 アタックスグループ

 顧客企業1700社、スタッフ170人の会計事務所兼総合コンサルティング会社。「社長の最良の相談相手」をモットーに、東京、名古屋、大阪、静岡でサービスを展開しているアタックスグループが連載するコラムです。

落藤 伸夫の マネジメントを再考してみる 前編<現場マネジメント>

マネジメントを再考してみる 前編<現場マネジメント> 落藤 伸夫

 当たり前すぎて省みることのない「マネジメント」について、改めて考えてみます。実は過去の経緯や誤解に基づいたマネジメントが常識となっている場合があり、これを改善することで飛躍的にマネジメントのパフォーマンスを改善することができる可能性があります。本編は前編として、現場マネジメントについて考えます。

駒井 研司の 今日から始める自己管理術

今日から始める自己管理術 駒井 研司

 今日からはじめられるよりよい自己管理のためのヒントを紹介しています。

駒井 研司の 駒井研司が聞く プロの自己管理術

駒井研司が聞く プロの自己管理術 駒井 研司

 さまざまな分野のプロフェッショナルへのインタビューから、駒井研司氏がプロフェッショナルの自己管理術を聞き出します。

落藤 伸夫の マネジメントを再考してみる 後編<上級マネジメント>

マネジメントを再考してみる 後編<上級マネジメント> 落藤 伸夫

 昨年まで、現場マネジャーが行うマネジメントについて、世界標準のマネジメント理論である「MCS(マネジメント・コントロール・システム)論」をベースに考えてきました。日本では「マネジメント」について省みることがほとんどないようですが、世界では「マネジメントとはこういうものだ」という姿がきちんと描かれていて、それを学ぶように促されています。日本のホワイトカラーの生産性が低迷している原因は、もしかしたら、このあたりにあるのかもしれません。

伊勢 隆一郎の 伊勢隆一郎のマーケテイングを覚えれば人生はうまくいく

伊勢隆一郎のマーケテイングを覚えれば人生はうまくいく 伊勢 隆一郎

 『成功の道は人それぞれで100万通りある』。でも『そんな中でも成功者に共通する”基本”はあるよ』という話、その基本の1つについてお話したいと思います。それは、「あなたの成功とは何?」というのをまず決めるということです。「当たり前じゃん」と思うかもしれませんが聞いて下さい。成功するための最初のステップは「自分にとっての成功を決める」ということなのです。

駒井 研司の プロフェッショナル の自己管理術

プロフェッショナル の自己管理術 駒井 研司

 さまざまな分野のプロフェッショナルへのインタビューから、プロフェッショナルの自己管理術を学びます。

山中 一郎の どうしたら「利益を出し続ける」会社になれるのか

どうしたら「利益を出し続ける」会社になれるのか 山中 一郎

 「どうしたらしっかり根を張った、葉が生い茂る、倒れにくい会社にすることができるのか」を執筆していきます。

木村 健太の 税理士のトリセツ

税理士のトリセツ 木村 健太

 「一家に一人医者と税理士」と言われる時代税理士が身近かにいるとどんないいことがあるのか税理士の使い方をお話しします 

坂本憲彦の あなたの夢を叶える事業の作り方「ビジネス成功の5サークル」

あなたの夢を叶える事業の作り方「ビジネス成功の5サークル」 坂本憲彦

 「ビジネスは難しい」こう悩んでいる起業家や経営者は多いと思います。私もサラリーマンを辞めて起業してから10年が経ちましたが、沢山の問題にぶつかってきました。起業前は、起業のリスクに対する不安や、行動できない、決断できないといった問題がありました。

実島 誠の IT新時代に士業経営者がするべきこと

IT新時代に士業経営者がするべきこと 実島 誠

 クラウドツールを組み合わせながら活用していくスキルが今後は重要になってきます。これから業種ごとなど、事業者である顧客をクラウドサービスで囲い込んだプラットフォームが500はできるといわれています。そうしたプラットフォームと連携して仕事ができるかどうかが、これからの士業において重要な課題になってくると思います。専門家のサービスを必要とするプラットフォームが、これから新しく生まれてきます。そこに、これからの士業のチャンスがあると考えています。

ビジネスカレッジ(IBCセミナー)
  • 現在、開催予定はありません。

一覧へ

シアタースタイル アルティメット 究極のプレゼン塾

二代目社長育成講座

お金儲けのためのSNS・ブログ勉強会