アワード2017

革新ビジネスアワード2017 ベンチャーバンク賞
株式会社ギフトリー

プレゼンタイトル

新しいお見舞いのカタチ、『お見舞いギフトブック「クマの郵便屋さん」』

株式会社ギフトリー ギフト事業部 事業部長 千葉 直紀 氏

お見舞い専用のカタログギフト『お見舞いギフトブック「クマの郵便屋さん」』は、 「時間が合わない」とか「何を持っていったら喜ばれるのだろうか」という、 お見舞いに行くのを妨げる物理的・心理的なカベを取り払い、大切な人へのお見舞いを実現するサービス。 入院経験者たちの「これがあってよかった」という声を集めて選んだ約20点のギフトアイテムや、入院体験談を冊子にまとめた。 冊子連動のWebサイトには、合計約60点のギフトを、入院経験者のおすすめコメントとともに掲載。 直接病院に送ることも手渡しも可能で、相手に好きなアイテムを選んでもらうことができる。 絵本形式で読みやすさにもこだわった。

お見舞いの気持ちを伝えるメッセージカードや、お礼用のポストカードなど、贈る側と受け取る側がつながる仕掛けも設けている。 来年以降の本格展開に向けて、お見舞いギフト市場を創造していく。 2020年までに、院内のコンビニやカフェで(お見舞いギフト)を買えるといった新しい文化を創造していきたい。

企業検索
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。