プレスリリース

近畿大学経営学部にて「ITビジネス論」の出張講義を行います。

インターナップ・ジャパン株式会社 投稿日:2017年1月13日

サービス分野: [ IT技術 ] [ 教育・人材 ] [ 海外・グローバル ]

近畿大学経営学部にて「ITビジネス論」の出張講義を行います。

インターナップ・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:奥野政樹、以下「インターナップ」)は2017年1月19日(木)に近畿大学にて出張講義を行います。

インターナップは、次代を担う若者に向け、社会で生きていくことの楽しさや企業で働く意味を伝えるための情報発信に取り組んでおります。その一環としてこの度、川村洋次教授(経営学部経営学科)の「ITビジネス論」にて、出張講義を行うこととなりました。インターナップ当社技術部長の吉川進滋が、当社独自の最先端インターネット・ルーティング技術である 「インテリジェント・ルーティング」の実演を盛込み、学生がITビジネスの面白さを体感できる授業を行います。近畿大学は建学の精神の一つとして「実学教育」を掲げています。インターナップはこの授業により、学生にとってITビジネスがメディアで日々取り沙汰されるだけの他人事ではなく、自らが関わる可能性が充分にある主体的現実であることを感じ取ってもらうことを目指します。

近畿大学は、世界初のクロマグロの完全養殖成功で知られ、2014年より3年連続で志願者数日本一となりました。また2016年4月に14番目の新学部となる国際学部開設を機に、大学全体のグローバル化を図っています。インターナップの経営理念である「行動による成長」は近畿大学の多様な取組みにマッチするものであり、企業のマーケティング活動について情報技術の観点から研究する川村教授の、学生が実社会やビジネスに興味を持って欲しいという要望とインターナップ独自の情報発信力の出会いにより、この度の連携が実現しました。

近年IoTやeビジネスが急速に進展し、今やインターネットなしでは世界の平和が脅かされる状況の中で、ネットワークエンジニアの不足という現状はIT社会の維持を困難にしかねない世界規模の社会問題となっております。今回の出張授業は、実は社会で活躍するネットワークエンジニアの多くが文系学部出身であることをふまえ、プログラマー育成などに力を入れている理工学部ではなく経営学部での授業となりました。IT分野で活躍する多様な可能性についてイマジネーションを喚起し、将来ネットワークの専門家やeビジネスの創業者として活躍しうる人材育成に寄与できればと願うものです。インターネットの繋がる仕組みと隠された問題点に興味を持ち、文系学生がネットワーク技術の面白さを学ぶ機会になるものと考えております。

出張講義は2017年1月19日(木)午後13時10分開講です。

お問い合わせ先

インターナップ・ジャパン株式会社
https://www.internap.co.jp/
TEL:03-5209-2222
e-mail:info@internap.co.jp

 
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

プレスリリース検索