株式会社コムデザイン 代表取締役社長 寺尾憲二氏

公開日:2015年11月13日

クラウドCTIシステムが企業の電話業務を変える

事業内容を教えてください
 弊社はコンタクトセンターで使用されるCTIシステムをクラウドサービスとして提供しています。CTIシステムとは、Computer Telephony Integration Systemの略で、電話とコンピュータの統合システムという意味で使われています。
 CTIシステムの代表的な機能として、かかってきた電話番号の顧客情報をパソコンの画面に表示させる機能があります。これ以外にも、問合せ内容にあわせて自動対応させたり、最適なオペレーターに優先着信させたりなど、企業の電話対応に大きな変革をもたらしてきました。このCTIシステムにより、業務の効率化はもちろん、企業やサービスへのお客様満足度を高める効果も提供しています。
 インターネットの普及で、さまざまな情報をインターネット経由で入手する機会が増えています。メールや携帯電話など、コミュニケーションの主体もインターネットへと移行しています。事実、事業所への電話は減少しています。
 しかし、電話が不要になったわけではありません。現在は、電話でしか対応できない内容のものだけが、コンタクトセンターにかかってきている状況です。この電話でのコミュニケーションを、お客様の生の声が直接聞ける重要な接点と考える企業が増えています。
 今やCTIシステムは、商品やサービスのクオリティ向上につなげ、事業を成長へと導く手段の1つとして位置付けられているのです。
 弊社のコンタクトセンターソリューションシステム「CT-e1/SaaS」は、小規模案件から大手企業での導入まで、多種多様な業界で全国250社、常時6,000人に利用可能なクラウド上のサービスとしての導入実績があります。
 クラウドサービスのメリットを生かすことで、小規模で始めて徐々に拡張したり、繁忙期にだけ増設したりといった需要でも利用されています。構成も「IP電話のみ」「既設PBXを使用」「既設PBXとIP電話の混在」、他には携帯電話への転送なども含めて自由に選択でき、必要な時に必要な場所で必要な分だけ利用できる点が大きな特徴と言えます。またこの特徴を生かして、既存のコンタクトセンターを補完する目的で利用いただいているケースもあります。
20151112-名称未設定 1.png
 料金は月額ライセンス制にて提供。回線ライセンス、シートライセンス、管理者ライセンスともに、月額5,000円からと導入しやすい料金設定になっています。
20151112-002.png
システムのカスタマイズ要望に無料で対応!
 CTIシステムは必要機能の設定を使用する前に終えるため、実際に使用して初めて気づく改善要望は追加発注扱いとなり、別料金が発生することが一般的で。
 弊社では「ここをこう変えてほしい」「こういう機能があったら便利になる」といった改善要望に対して、弊社のシステムに取り入れさせていただくことを条件に、カスタマイズ対応を無料にて受けています。
 実際に毎日使っている現場からの声は、機能改善と使い勝手の向上を目指す弊社にとっては、とても貴重なアドバイスになります。しかし、カスタマイズに料金が発生するとなると、なかなかその声が届かず、改善のチャンスを逃している状態にあるとも言えます。
 弊社がクラウドでのサービス提供を選んだ理由の1つに、改善や新機能の追加に素早く対応できるという点がありました。ユーザーからの改善要望に素早くお応えし、常に最良のシステムを提供し続けることを大切にしています。これは長期契約にもつながり、弊社はもちろん、ユーザーにもプラス効果を与えてくれます。
 改善要望が届く、素早く要望に応える、使い勝手が良くなる、さらに別の改善点に気づく。このサイクルを大切に回し続け、ユーザーと一緒にこのシステムを育てていくことを理想としています。
今後の展望を教えてください
 CTIシステムの基本は安定稼働です。弊社は安定稼働を大前提として、オペレーターが働きやすくなるCTIシステムの提供を目指しています。通常のシステムは使えば使うほど使いにくい面が増えていくことに対して、弊社のサービスは導入してからがスタート。カスタマイズを無料で受けることで、使えば使うほど使い勝手が良くなる仕組みとなっています。
 この仕組みの有効性は、弊社サービスの継続率の高さに証明されていると思います。事業の撤退以外の理由での解約はほぼありません。
 クラウドのCTIシステムを導入していない企業には、まずはこのCTIシステムの価値を感じていただきたい。他のCTIシステムを利用している企業には、使えば使うほど使い勝手がよくなる「CT-e1/SaaS」を是非ご体験いただきたいと思っています。
 お客様対応の最前線で働くオペレーターは、ストレスの高い職種の1つに挙げられています。コンタクトセンターソリューションシステム「CT-e1/SaaS」を広く普及させること。それによってオペレーター業務の効率化とストレスの軽減、さらには事業の成長につなげていけるCTIシステムとして、社会に貢献していきたいと思っています。

寺尾憲二
株式会社コムデザイン 代表取締役社長

昭和57年 日本電信電話公社 入社
平成2年 株式会社イメージパートナー入社 
平成9年 株式会社フュージョンアルファ設立
平成12年 株式会社コムデザインへ商号変更

企業検索
ビジネスカレッジ(IBCセミナー)
  • 現在、開催予定はありません。

一覧へ

シアタースタイル アルティメット 究極のプレゼン塾

二代目社長育成講座

お金儲けのためのSNS・ブログ勉強会