新聞掲載情報

エスキュービズム、家電売り上げ堅調 機能絞り低価格、単身向け攻勢

株式会社エスキュービズム 掲載日:2017年9月13日

null
ロボット掃除機を手にする薮崎敬祐社長=東京都港区

IoT(モノのインターネット)製品の開発などを行うエスキュービズムは、家電事業を強化する。機能を絞って低価格で提供する商品戦略に対する評価が高く、売り上げが堅調に伸びている点を考慮。取扱商品を順次増やしていくことで、消費者ニーズにきめ細かく対応する。2018年3月期の家電事業の売上高は、前期比67%増の25億円を見込んでおり、一連の取り組みによって数年後には100億円体制を目指す。

同社では製品の企画・設計を行い、中国にある外部工場に生産を委託。「ナショナルブランドやプライベートブランドでなく、第3のブランド」(薮崎敬祐社長)といった形で事業を展開しており、大手家電量販店やホームセンター、EC(電子商取引)サイトなどを通じて販売している。

現在取り扱っているのはテレビやDVDポータブルプレーヤー、扇風機、ヒーターなど10のカテゴリーに属する製品。16型など小型のテレビや、冷凍庫がない1ドア冷蔵庫など機能を絞ったものが多い点が特徴だ。

また、ロボット掃除機は部屋の隅々まで動くような機能は備えていないものの、厚さを3.2センチとすることで家具の下に入り込めるような形状にした上で価格を抑制するなど、ニッチな需要に対応できる製品の供給にも力を入れている。

こうした戦略が単身世帯を中心に支持されている。1人暮らしの世帯が全体の3分の1を超すようになるなど、単身世帯向けのニーズは今後も高まることが予測されるだけに、製品のラインアップを増やすことで攻勢をかけていく。

具体的には洗濯機や電子レンジ、炊飯器、オーブントースターなどを順次投入。また、一般消費者向けだけでなく、訪日外国人観光客を受け入れるため開業ラッシュが続いているビジネスホテルなどの販路開拓も、積極的に進めていく。

「フジサンケイビジネスアイ」

お問い合わせ先

株式会社エスキュービズム


 
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

プレスリリース検索