新聞掲載情報

未来を開く西武信用金庫 後継者への事業承継支援効果、中核商店街をフォロー 幡ヶ谷支店

西武信用金庫 掲載日:2016年12月6日


20161206-hoshi.jpg
幡ヶ谷支店 星仲俊哉支店長

当支店は今年で開店60周年を迎えます。京王新線の幡ヶ谷駅から徒歩5分のところに店舗を構え、幡ヶ谷と笹塚を西端に、北は中野区弥生町・南台、南は渋谷区初台・西原、世田谷区北沢、東は渋谷区本町、新宿区西新宿までと、営業エリアは渋谷区を中心に4区にまたがっています。小売店や飲食店をはじめ、不動産賃貸業、小規模事業者、個人住宅が点在し、個人住宅は65歳以上の高齢者層の居住割合が高いのが特徴です。

取引割合では事業先7割、個人先3割となっています。融資残高では不動産関連が70%近くを占めています。このため、個人の資産家や不動産賃貸業では、相続対策として税理士や財産コンサルティング会社などと連携し、税シミュレーション、税効果策定、不動産鑑定、修繕計画などを策定し、収益不動産購入資金のサポートをはじめ不動産管理法人の活用や同法人への購入資金支援を行っています。また、12月には信託会社と協力してリバースモーゲージ型遺言信託による融資実行も予定しています。

そのほかの企業では、西武事業承継支援センターの認定専門家派遣による各種補助金活用提案や補助金申請書策定支援などの案件が中心です。最近の事業支援としては、複数の専門家と連携して地元資産家が経営する法人(自動車整備業と不動産賃貸業)の不動産賃貸業を分離して新法人を設立することで相続税や後継者への事業承継対策を完結しました。これを機に当支店でも主力のメイン取引先とすることができました。

後継者への事業承継支援効果は、若手経営者で構成する「西武ニューリーダーズクラブ21」にも波及し、顧客企業同士のマッチングや会合の活性化につながっています。こうした状況から事業相談を最初に持ち掛けてもらえる件数が多くなるとともに、環状7号線と方南通り、甲州街道、山手通りという主要道路に囲まれた中核商店街をしっかりとフォローすることで融資残高は4年間で30%増えました。


▷東京都渋谷区本町6-36-5
☏03・3376・3321

【取引先紹介】

株式会社日本動物医療センター


20161206-nakai.jpg
代表取締役社長 中井隆三氏

小動物医療サービスを提供している。1回の診療に時間をかけしっかりと診察、他の動物病院と差別化を図る。ペットホテルやトリミングサロン、ペット保険サービスも行う。今後はペットの看取りサービスも検討している。日本の獣医師の社会的地位は欧米に比べてまだまだ低い。また国家資格にもなってない動物看護師の仕事は多岐に渡るうえに激務。離職率が非常に高い。現在、獣医師や動物看護士、またトリマーや受付スタッフがその仕事に誇りを持ち、長く続けてゆける仕組みづくりや働き方の改革に取り組んでいる。日本の動物病院のモデルケースになることを目指している。

西武信用金庫とは1979年頃から取引を開始。現在、進めている病院の大規模リニューアル工事(来年7月完了予定)で、融資を含めた全面バックアップを受けている。


▷東京都渋谷区本町6-22-3
▷代表取締役社長 中井降三氏
☏03・3378・3366

RFA digital brains


20161206-rfe.jpg
代表取締役社長 領家航氏

法人向けのデジタルマーケティング支援が主力事業。顧客企業のWEB集客~制作分析などの領域をワンストップで手掛けている。

外資系自動車メーカーをはじめ通販会社、自動車サービスや食品メーカー等、国内外大手顧客との直接取引で業績も急成長。 今年を第二の創業期と位置づけ、12月1日には社名を「RFA digital brains」に変更、社内組織も一新した。広告起点の商品提案などの積極展開によって、来期(2017年12月期)は前期比4割強増となる10億円の売り上げを見込む。また、今後は独自アプリやデジタルメディアの展開も計画している。広告代理業務における先払い買い付け資金で西武信用金庫から融資を受けた。また、財務基盤の強化などを目的に西武しんきんキャピタルからの投資も受け入れており、追加投資も検討中だ。


▷東京都渋谷区千駄ヶ谷2-34-13 ベルファイブビル3階
▷代表取締役社長 領家航氏
☏03・6432・9244

<西武信用金庫>
▷創業=1939年
▷店舗数=本店を含め72店舗
▷従業員数=1164人
▷貸出総額=1兆2500億円
▷預金総額=1兆6436億円(2016年3月末現在)

吉祥寺支店 「創業塾」開催し開業をサポート、街の活性化へ


20161206-ezaki.jpg
吉祥寺支店 江崎耕平支店長

当支店は、「東京の住みたい街ランキング」で常に上位にランクされる吉祥寺を中心に、三鷹市や杉並区との境までが営業エリアです。顧客層としては、飲食、小売、美容室、サービス、IT(情報通信)関連のほか、商業ビルのオーナーなどです。居住地としての魅力も高いため、融資先でも個人や不動産賃貸業が多く、製造業は少ないというのが特徴です。

事業支援では、吉祥寺で創業した事業者や古くから事業展開している老舗企業に対して当金庫のネットワークを活かした販路拡大をはじめ、経営戦略や事業計画の策定、さらには課題解決のための専門家派遣を行っています。また、武蔵野商工会議所と協力して「小規模持続化補助金」を支援している一方で、資産形成サポートとして商業エリアにある収益性の高い賃貸用ビルを資産管理会社が保有する支援や収益改善策に専門家を活用して提案を行っています。

吉祥寺は人気エリアですが、周辺の中野区や立川市も活性化しており、競争も厳しくなっています。また吉祥寺は商業が多いために景気の影響を受けやすいことや中心地の賃貸料が高いことから個性的な店が減少し、チェーン店が多くなってきていることが背景にあります。このため地元では、来街者増加策としてインバウンド支援を進めているほか、当金庫や武蔵野商工会議所の他構成機関、日本政策金融公庫と連携して創業者を支援する「むさしの創業サポートネット」を平成26年10月に立ち上げました。当金庫では、開業サポートとして来年1月―2月に「創業塾」の開催を計画しています。

吉祥寺駅は平成26年4月に南北自由通路が完成して回遊性が高まるとともに、今後は駅周辺の整備が見込まれています。また、来年は井の頭公園が開園100周年を迎え、5月には大規模イベントが予定されています。当支店としては、こうした動きを大きなチャンスととらえ街の活性化に貢献していきたいと考えております。


▷東京都武蔵野市吉祥寺本町2-4-14
☏0422・22・5141

【取引先紹介】

株式会社COAROO


20161206-coa.jpg
代表取締役 池成姫(チー・ソンヒ)氏

多機能バッグの企画・製造・販売とライセンス事業が主力。日本の「たすき」と「おんぶ紐」からヒントを得て独自開発したバッグ用ベルトは、一つのストラップでショルダーからリュック、前抱えと、いくつもの掛け方を瞬時に選べるのが特徴。これまでに多くの賞を受賞し、さまざまな素材やデザインのバッグに採用されている。通常、年間1万個売れればヒットと言われるマザーズバッグで、通販会社と組んで開発した商品は2年間で3万個を販売した。現在、6社とライセンス契約を締結している。今年9月には「東京インターナショナル・ギフト・ショー」に同ベルトを使った自社開発バッグを出展、今後、自社ブランドバッグの開発・販売にも力を入れていく。  西武信用金庫から事業資金の融資に加え、直販部門の売り上げアップに向けたECサイト構築で専門家派遣を受けている。マッチングや交流会の参加も事業拡大のヒントになっている。


▷東京都武蔵野市吉祥寺本町2-34-12-301
▷代表取締役 池成姫(チー・ソンヒ)氏
☏0422・27・6328

株式会社大石衣裳店


20161206-ooisi.jpg
代表取締役社長 大石堅氏

貸衣裳と結婚式場の運営を行っている。1953年の創業以来、貸衣裳を中心に事業を進めてきたが、先行き不透明なことから約15年に結婚式場の運営に乗り出した。また約5年前には、それまで倉庫兼写真スタジオだった場所を改装して「フィオーレ吉祥寺」という名称で新しい結婚式場をオープンした。 昨年8月には「大国魂神社」(東京都府中市)の結婚式と披露宴を委託されたのを機に、自社でも宴会場(披露宴会場)を備えたブライダル事業全般の取り扱いを決定した。ブライダル業界は少子化で厳しい状況にあるが、東京都下を中心に集客力の強化でシェア拡大を狙っており、現在、フィオーレの2階部分を宴会場に改装中だ。今月半ばの完成を予定している。 新事業の計画書作成で西武信用金庫から中小企業診断士の派遣を受けているほか、厨房のリニューアルでしんきんリースを紹介された。事業に役立つ情報の入手にも役立っている。


▷東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-8
▷代表取締役社長 大石堅氏
☏0422・22・0014

「フジサンケイビジネスアイ」

 
企業検索
ビジネスカレッジ(IBCセミナー)

一覧へ

シアタースタイル アルティメット 究極のプレゼン塾